最近のトラックバック

« 宮尾登美子先生 | トップページ | ショック・・・ »

2015/01/17

20年

20年前の私は何をしていただろうか。

テレビに映る光景にただ呆然としていた。
炎を前にして父を母を呼びつつ泣く少女の姿に、涙していた。
何かできることはないのかと、焦燥に駆られていた。

その後、自分の住む場所が「被災地」と呼ばれることになるとは、想像もできなかった。
(もっとも、私の体験など、「被災した」と言えるものではないけれど)

今だから、20年前の光景が、胸に突き刺さる。
たぶん、あの時、私は何もわかっていなかった。
それはしかたないことではあるけれど。

記憶には、風化させてはいけないものが、きっとたくさんある。
数々の災害や、事件や、戦争や・・・。

さらに10年後、20年後、私たちはどうしているのだろう。

« 宮尾登美子先生 | トップページ | ショック・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/60989038

この記事へのトラックバック一覧です: 20年:

« 宮尾登美子先生 | トップページ | ショック・・・ »