最近のトラックバック

« 真田丸「窮地」 | トップページ | 虹の橋を渡って »

2016/02/15

真田丸「迷走」

すっかり「真田丸」ブログと化してますが(笑)
そういうのも久しぶりです。
「篤姫」以来でしょうか。
いや、「平清盛」も「八重の桜」も欠かさず見てはいましたが。

さて、信繁は安土からの脱出に失敗。
姉の松を失ってしまう。
わりと調子よくきていた信繁、初の大きな挫折です。

真田は生き延びるために右往左往。
滝川一益に賭けようとするも、羽柴秀吉が明智追討を果たしてしまい…。
とうとう真田は、誰にも寄らず、己の力で生き抜く決意を。

けっこう話が錯綜する回だと思うのですが、
全然退屈しませんでした。
さすがです。
昌幸の考えがコロコロ変わるのが、
不思議と憎めないんですよねぇ(笑)

このドラマの陰のテーマは、「偉大な父をもった悩める二代目」だとか。
すでに滅んだ武田勝頼はもちろんのこと、
いろんな二代目がどう描かれるのか、楽しみに見ていきたいです。
とりあえず、父に振り回される信幸がどうしていくのか、気になっています。

« 真田丸「窮地」 | トップページ | 虹の橋を渡って »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/63218549

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「迷走」:

« 真田丸「窮地」 | トップページ | 虹の橋を渡って »