最近のトラックバック

« 真田丸「再会」 | トップページ | 真田丸「恋路」 »

2016/05/10

真田丸「上洛」

今回は、苦い印象が強かったです。

戦国の世を必死に生き延びてきた真田家。
きれいごとではすまないことも多々あって、
若い信繁たちは悩んだことも。
それでも生きるために「卑怯」であることも辞さなかった昌幸が、そのあげくに舐めさせられた苦杯。
徳川に臣従せよ、と。

苦い結末でしたが、そこに説得力がありました。
真田だけでなく、皆が必死な時代だったのだな、と。
知略と武勇の限りを尽くしているのは、
決して真田に限ったことでなく、
皆がギリギリの中で渡り合っていたのだな、と。

そして、天下統一とは、そういうものを一気にぶった切ってしまうという意味合いをもつのですね。

しかし、真田が徳川の与力となったこと、知りませんでした。
つくづく、複雑な因縁の両家です。

ところで、お松はあっさり記憶がもどりましたね。
きっかけがそれ!?と思ったのは私だけ?(笑)
まあ、今回唯一の救われるシーンでした。

« 真田丸「再会」 | トップページ | 真田丸「恋路」 »

コメント

 まゆさん、秀吉の昌幸への接し方、実に上手だと思いました。
わざと秀次に拝謁させ、改めて自分が会う。その時は親しく声を掛けて、本領を安堵し、ほっとさせたところで「厳しい条件」を突きつける。初めから、徳川の与力になれと言えば、席を蹴立てて、帰ってしまったかもしれませんものね。
 この後の小田原攻めで、最強軍団である徳川を更に強化したい、という意図も見えます。ただ、いがみ合っていた人たちがすぐに仲良く出来る訳もなく、遺恨を残す様な気もします。(島津攻めでの長宗我部氏の悲劇も)

 昌幸は上洛に、どの様な事態も想定していた筈なので(だからこそ、あんなに渋っていたんでしょう)プライドは傷ついたでしょうが、まずますの結果だったとも感じます。

 記憶喪失だったまつ、記憶を取り戻しましたね。
 信繁も大坂に行って、心の傷が癒えた様です。「余りにもうざいきり」の存在が、案外、救いになっているのでしょうか。怪我の功名みたいなものでしょうけど。(笑)

まるさん、昌幸も知略にたけていますが、
秀吉は人を扱うことにかけては上手だな、と。
すぐに上洛しなかった真田の仕置きと、
徳川に真田攻めをさせなかった代償とを両立させ、
しかも、誰も損はしてないという。

大坂でいろんな人に振り回されている信繁にとって、
きりは唯一、素のままで接することのできる存在かも。
松のことだって、きりがいなかったら、
信繁一人ではどうにもできなかったでしょうし。
なんだかんだ言って、いいコンビなんですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/63610282

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「上洛」:

« 真田丸「再会」 | トップページ | 真田丸「恋路」 »