最近のトラックバック

« 真田丸「滅亡」 | トップページ | 真田丸「瓜売」 »

2016/06/26

真田丸「別離」

見いってしまいました。
利休切腹から鶴松の死まで。

利休の件はそうきましたか。
茶々、魔性の女・・・。
先週の信繁の発見がこう結び付くのですね。
そして、三成と大谷吉継、二人の能吏の対比も面白かった。
三成は、純粋すぎるのですね。

ところで、あの水垢離シーン。
なんで三成だけ脱ぐんでしょう。
NHKと山本耕史が組むと、脱ぐのがお約束?(笑)
(居眠り磐音でも脱いでましたね)

それから、茶々の心の闇を感じさせる表情と、最後の号泣。
鶴松が死んだあとフラフラと廊下を歩く後ろ姿も忘れられません。
寧の包容力もね。

本筋からは外れますが、片桐且元と薫のシーンには笑わせてもらいました。
現実にはありえないですけど。
小林隆と高畑淳子という芸達者どうしで、ドラマの緊迫感をうまく緩和してました。
最後のオチは昌幸でしたが(笑)

鶴松の死って、わりとさらっと流されることが多い気がするのですが、実際は豊臣家の一大事ですよね。
いろいろ考えさせられました。
きりはどうするのかな?

« 真田丸「滅亡」 | トップページ | 真田丸「瓜売」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/63834324

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「別離」:

« 真田丸「滅亡」 | トップページ | 真田丸「瓜売」 »