最近のトラックバック

« 真田丸「異変」 | トップページ | 真田丸「終焉」 »

2016/07/31

真田丸「黄昏」

ラスト、涙腺崩壊しました。

今回も、いろんなことがてんこ盛りだったのですが、
ラストの数分、大坂編の主役二人の演技に、すっかりもっていかれました~。

あの出会いのシーンが、こんなふうにリフレインされるなんて。

一生懸命介護(ええ、もう介護と言ってしまいましょう)してきたのに、
「知らない」と言われてしまう信繁。
それだけでも「あああ」って感じだったのに。
初対面のシーンをもう一度なぞる二人。
やはり、信繁は、秀吉のお気に入りになるのだねえ。
そして、茶々とのカルタや、寧さまの芋パーティーや・・・。
大坂での日々は、信繁にとってもかけがえのない日々だったのだなあと、
今までのあれこれがもう走馬灯のように・・・。

秀吉の老いる姿はあまりに痛々しくて、
刑部殿じゃないけど「長生きしすぎた」って思ったりもするのですが、、
それでも生きているかぎり、三成や信繁たちは、懸命にお世話するのですよね。

それにしても、コヒさん、すごすぎ・・・。
あれ、演技ですよね?
それを受ける堺雅人もさすがだわ・・・。
秀次の死に涙し、次に泣くのは三成のときかしらなんて思ってたら、
まさか秀吉が死ぬ前に泣かされるとは思いませんでした。

ところで、信繁はいったいどこに向かっていくんでしょうね。
私の中では、まだ、彼の言動が腑に落ちないというか。
これから、なんでしょうか。
左衛門の佐が、一人の武将としてその存在を輝かせるのは。

次は「終焉」・・・いよいよですね。
不安なのは、予告カットで、出浦さまが忠勝に背後から・・・というシーンがあったこと。
まさか、そんなことはないですよねえ。

« 真田丸「異変」 | トップページ | 真田丸「終焉」 »

コメント

 まゆさん、真田丸が史実通りに進行するなら、多分、出浦は無事でしょう。(笑)
 今後は、諜報活動必須なので、透破(忍者)の棟梁である彼は不可欠ですからね。寺島進さん、好きなので出来れば今後も昌幸の傍に寄り添って欲しいです。

 秀吉はまだらボケという設定なんですね。過去の事は覚えているけど・・・。
 まともな部分もあるので、猶更、その状況が悲惨です。
 この時期の秀吉、本当に嫌だったのですが、今回の小日向さんの秀吉で何か、変わってきました。そう、本当にこんなだったかも・・・、と思わせる見事な説得力があります。あれは演技ではなく、まさに乗り移ってる感じでした。

 淀を怖い、って声をよく聞きますが、ああいう「無邪気」な悪意って何なんだろう。
 彼女には共感とか愛が欠落してる。彼女が愛するのは自分と息子(自己投影した)だけなのかな。まだ、秀吉を殺そうとした方が、ましかも、と感じます。

 諜報活動真っ盛りで、風雲急という感じ。その中で信幸ががっちり、稲のハート掴みました。稲だけじゃない、信繁の心も。
 大きな人物になりました。「ちっちゃい」発言は撤回します。ごめんなさい。

こんにちわ♪まゆさんの『真田丸』感想&解説、いつも興味津々、楽しく読ませていただいています。
日曜日はなかなか定時に見られないので、翌日ビデオで見るのですが、
今回はラスト、涙がぽろぽろでした(T_T)。ひとりでよかった。
小日向さんの秀吉は、歴代大河の中でも異彩を放っている気がします。
とても人間っぽい。すばらしい役者さんですね。
それと今週も、きりちゃんが何気に可愛かったです。
きりちゃん、がんばれ。

まるさん、さっき、ネットで出浦さまの衝撃的な写真を見てしまい、動揺しています。
ほんとに、ここだけは史実通りにお願いしたいものです。

秀吉は好きではなかったのですが、コヒさん秀吉は嫌いになれず、困っています(苦笑)
今まで秀吉の立身出世や、その偉大さを描いたものはたくさんあったと思うけど、
人間としての秀吉、その落日をここまで丁寧に描いたものは、私は見たことがありません。
もうこれだけでも、今回の大河を見たかいはあったと思っています。

信幸は、父となったことで、自信が生まれたのでしょうか。
なんというか、たくましくなりましたね。
いやいや、まるさん、あの「ちっちゃい」信幸がこんなふうに成長したのがすばらしいではないですか。

それにしても、今日の再放送でも、ジンときました、あのラストシーン。
源次郎は、もう一度、秀吉にめぐり合うのですね。
黄金なんかより、ずっといいものを、秀吉からもらった源次郎でした。

ひなたさん、コヒさんの秀吉は、大河の歴史に刻まれるでしょう。
それほどすばらしい演技だと思います。

コヒさんだけでなく、役者さんたちが本当に楽しそうに、入魂の演技をしていて、
その気迫が画面を通して伝わってきますね。
毎回、見入ってしまいます。

きりちゃん・・・。
最初は彼女が出てくると、イラっとしましたけど、
最近は、「がんばれ」と思っちゃいますね。
ネットでも、きりちゃんに対する評価がよくなってきてるし。
三谷さん、してやったりと思ってるんだろうなあ。
今回の「きりしたんになってもいいですか」「やめておけ」は、
なんなの、この呼吸の合い方、あんたら熟年夫婦か?って感じでしたよね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/63994146

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「黄昏」:

« 真田丸「異変」 | トップページ | 真田丸「終焉」 »