最近のトラックバック

« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »

2016/07/24

真田丸「異変」

まずは信幸兄上、おめでとうございます、いろいろと(笑)
兄弟のほっぺペチペチシーンが見られて、
実に幸せな気分になりました。

なんだかんだ言って、真田家のシーンは好きですね。
今回は、薫さまの出自が明らかになったり、
パパの浮気が問題になったり、
それに絡んで出浦さまが消えたり、
パパが築城に燃えたり、
出浦さまがコクったり・・・。
久しぶりに真田家のコミカルな場面が多く。

一方、ラストで酒を酌み交わす兄弟の、
どうしようもない心の距離は、
なんとも言えず、切なかったです。
犬伏の伏線だとわかっていても。

そして、なんと言っても秀吉。
コヒさんの芝居に圧倒されました。
身分も地位もないところからのしあがった男の、
それゆえの孤独が、ますます彼を追いつめてゆく。
確実に老いてゆくことへの恐怖。
それがあんなふうに描かれているために、
ものすごい説得力がありました。

ところで、きりちゃんはキリシタンになるのでしょうか?

今回は、ものすごくたくさんの情報が組み込まれていて、
まだうまく整理できません。
再放送も見なくては。

« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »

コメント

 まゆさん、信幸が、一辺に大人になった! という印象の回でした。彼を萎縮させていた物が取り払われた、というか。稲の心が傾くほどに、少しずつ変わっていたのでしょうか。真田ブラザーズの「ぺちぺち」可愛かった。でも二人の酒宴のシーン。
 「太閤殿下は何もお変わりはありません」
 いつのまにか、信繁は真田家ではなく豊臣の家臣として物を考える様になってしまったのですね。「義」という言葉が好きな人達に私淑して来たから。(上杉ー石田、大谷) そこが信幸との、根本的な相違なんですね。あんなに仲良しなのに。切ない。

 昌幸の浮気(?!)に、城の縄張り騒動。久々の出浦の忍法に笑わせられたり。
 伏見城での秀吉の壊れ方が余りに悲惨で、真田家のエピだけはちょっと、ほっと出来ます。

 きりは失恋のショックで、キリシタンになるのですか・・・?
 キリシタン繋がりだと、小西行長とか大坂の役の明石掃部などのパイプ役なのか。
 それとも、単に細川ガラシャの一件の布石なのかしら。
 それと、淀の秀吉への冷酷さ、心が痛い回でもありました。

まるさん、信幸はやっと報われた(?)という感じでしょうか(笑)
「真田のために」というぶれない男が、ようやく本領発揮という感じがしました。
ただ、豊臣の家臣になってしまっている信繁との心の距離は悲しかったです。

そうそう、淀の秀吉に対する冷たさ。
あれは怖かったです。
なんというか、真田家はいろいろあってもみんな仲良しなのに、
豊臣ファミリーは、みんなバラバラで。
見てると、悲しい気持ちになります。
信繁が最初に見た芋パーティーみたいな光景は、もう見られないんだな、と。

そうそう、司馬遼太郎「豊臣家の人々」を買ってきました。
昔、読んだ気もするのですが、とりあえずお勉強。

それでは、暑い毎日ですが、体調に気をつけてお過ごしくださいね。

 まゆさん、お返事ありがとうございます。

 「豊臣家の人々」買われたのですね。司馬遼太郎の豊臣史観の集大成みたいな感じがします。解釈で「真田丸」との比較をするのも、面白いと思います。
 真田丸は最新の学説などを考慮していて、既存の解釈とは正反対のものが多いです。秀次の死の解釈も実に秀逸でした。
 私も最近出た「真田信繁」の評伝や石田三成と関ケ原関連の文献を読む予定です。 こうして興味が次々に湧くのが「真田丸」の魅力だなあとつくづく感じます。
 関ケ原へのアプローチもきっと新しい物になるだろう、と楽しみにしています。

 暑い日が続きます。まゆさんもお体を大切になさって下さいね。

まるさん、コメントありがとうございます。
「豊臣家の人々」、あと一章を残すのみとなりました。
「真田丸」とは違う解釈なのは承知の上で、
とても興味深く読んでいます。
読み終えたら、感想は「読み人」の方にupしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/63961513

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「異変」:

« 真田丸「受難」 | トップページ | 真田丸「黄昏」 »