最近のトラックバック

« 真田丸「昌幸」 | トップページ | 真田丸「幸村」 »

2016/10/06

真田丸「歳月」

あ~じ~よ~しのそ~ば~・・・って、
もう一生あのメロディは忘れられません(笑)

さて、九度山スローライフ。
本当に久しぶりの、のどかな時間。
偉大な父が逝き、息子世代の生活のあれこれ。
ああ、また新しい「真田」の時間が流れているのだなあ。
なんとも微笑ましい(?)エピソードの数々。

でも、信繁はその全てを捨てて大坂に行くんだなと思ったら・・・。
信繁が九度山で満ち足りているほど、
それを犠牲にするつらさが今からせつなくて。
もう、明石が地獄からの使者に思えちゃいました。

ところで、今回のトピックは、菩薩になったきりちゃんでしょう。
思えば、きりに対する視聴者の反応って、
信繁のそれとシンクロしてますよね。
いつのまにか、「いっつもいる」、頼りになる、相棒になってる。
あの春ちゃんを諭したり、信繁にも対等にものが言えたり、きりちゃん最高!
最初の頃、うざいなんて言って、ごめんなさい。
(こういうふうに思わされるの、三谷さんの思惑通りなんだろうなと思うと、ちょっと悔しい)

そして、とうとう大坂の陣ですね。
楽しみなような、不安なような。


« 真田丸「昌幸」 | トップページ | 真田丸「幸村」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64307433

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「歳月」:

« 真田丸「昌幸」 | トップページ | 真田丸「幸村」 »