最近のトラックバック

« 真田丸「砲弾」 | トップページ | 真田丸「引鉄」 »

2016/11/29

真田丸「反撃」

きりちゃん、大活躍の巻!!(笑)

いや、いろいろありましたが、今回一番活躍したのはきりだと思うのです。
今まで何一つ報われてないのに、源次郎に頼まれれば嫌とは言えないきりちゃん。
徳川の女狸・阿茶の局相手の緊迫した場面で、あの大胆な行動!
いったい何回転がりました?
大河史上、こんなに体を張ったヒロインがほかにいたでしょうか?
そのきりちゃんが報われなかったら、私、源次郎と三谷幸喜は一生恨みますよ。

一応、堺雅人さんの発言によると、49回のラストで何かしらあるらしい・・・。
それはそれで、想像しただけで泣きそうになりますが。

ショックだったのは、茶々の表情。
別人のように変わってしまって・・・。
初めて戦に直面した衝撃と、少女のころの戦の記憶と、いろんなものが茶々をとらえてしまったんでしょうね。
大名の姫として育ち、天下人の側室となり、世継ぎの母となっても、
やはり茶々は「お姫様」のままだったんだなあ、と。
周りがそういうふうにしか扱わなかったし(むろん、周りは茶々を大事にしていたからなんだけど)
茶々自身も、そこから出て行こうとはしなかったんでしょう。
容赦なく叩きつけられた現実に、打ちひしがれた茶々は哀れでした。

もう一つショックだったのは、真田丸の取り壊し。
ああ、源次郎の城が・・・。
大坂方の心の拠りどころが・・・。

なんかもうひたすらストレスがたまる展開でしたが、
いきなり学園青春ものの風を吹かせてくれたのが牢人衆の行動でした。
ラスト、みなが信繁のもとに集まる場面。
ベタな展開なんですが、秀頼が信繁の手を取った瞬間、思わず涙が・・・。
いやだもう、ここのところ、毎回もれなく泣いてるんですけど、私。
なんなの、この大河・・・(ほめてる)

弟のことが心配だと言いつつ、お通さんに膝枕してもらってるお兄ちゃんは、
すっかりコント要員と化してますが(笑)
あそこに稲&おこうが来たら、そりゃビビりますよね。
しかし、お通さんもしたたかな・・・。
ところで、あの場面、次の「お客」は、テーマ曲の指揮者さんですって!?
いやあ、どこまで遊ぶかなあ。
攻めるところは攻めるけれど、そういう余裕があるところがいいですね。

そして、今回どうしても言っておきたいこと。
「大野治房、初台詞!!」(笑)

それはともかく。
あと3回。
公式HPで次回の予告を見て「ああああああ・・・」となってますが、
とにかく、どんなにつらくても、彼らの生き様を見届けてやる!と固く心に誓っております。

« 真田丸「砲弾」 | トップページ | 真田丸「引鉄」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64559901

この記事へのトラックバック一覧です: 真田丸「反撃」:

« 真田丸「砲弾」 | トップページ | 真田丸「引鉄」 »