最近のトラックバック

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016/12/22

「真田丸」まとめ~まるで奇跡のような~

始めの2~3回を見て、強烈に感じたのは、

 「役者さんたちがすごく楽しそう!」

ということでした。

コミカルなシーンだから楽しそうなんじゃなくて。
どの役者さんも、心からその役を楽しんで演じているなあ、と。

それは回を追うごとに強くなっていって、
みなさん、自分の役と、この作品世界を本当に愛しているんだと感じられるようになって。

だから、見ているこちらも、すごく楽しかったし、自然に愛情を注ぐようになっていきました。
そうして、いろんな役者さんたちに注目させられました。

 「もうこの役は、ほかの人が演じられないんじゃないか」と思うようなはまり役になったり。
 「この役のハードル、めっちゃ上がったなあ。次に演じる人、気の毒」とため息をついたり。
 「この人、こんな役ができたんだ~(失礼!) すごいすごい!」
 「こんな役者さんがいたんだ~。なんで今まで注目されなかったんだろう」

どの役のどなたのことかは省略しますが(たくさんいて、書ききれない)、
生き生きと演じている役者さんたちを見ているのは、本当に気持ちがいいものです。

また、さまざまなイベントも開かれましたが、
役者さんたちがすすんで出演・参加を表明してくれたと聞いています。
これもまた、なかなかないことですね。

役者さんたちがそんなにも「真田丸愛」を抱いたのは、
一人ひとりを血の通った人間として描ききった脚本の力と、
それを映像化するのに力を惜しまなかったスタッフさんたちのおかげでしょう。
役者さんたちも人間です。
彼らの心を揺さぶるような脚本とスタッフの情熱がなければ、「真田丸」はあり得なかった。

「真田丸」を作るのに必要な力が理想的な力で結集したからこそ、
あの奇跡のようなドラマが成り立ったのだと思います。

そして、視聴者として、その「奇跡」を目の当たりにできたこと、
一緒に笑ったり泣いたりしながら、「真田丸」を愛することができたのは、
本当に幸せだったと、心の底から思うのです。


こんな素敵な大河ドラマを世に送り出してくれた三谷幸喜さん、
スタッフのみなさん、キャストのみなさんに心からの感謝を。
本当にありがとうございました。

それから、私のつたないらくがきを読んでくださったみなさんも、ありがとうございました。
一応、これにて私の「まとめ」は終了です。
まあ、総集編を見て、何かつぶやく可能性はありますが(笑)


最後に。
私にとって『ベストof 大河ドラマ』は、ずっと「独眼竜政宗」だったのですが、
今は、「真田丸」がマイベストです!

2016/12/21

真田丸まとめ~「歴史」の視点~

私たちは、歴史を「結果」として知っています。

織田信長は明智光秀に攻められて自害するし、
豊臣秀吉は死後のことを憂いながら死んでいく。
真田幸村は、大坂の陣で家康を追い詰めるけれど、あと一歩及ばず敗れる。

正直なところ、「真田丸」の企画を聞いたとき思ったことは、
「最後、負けて死んじゃう人じゃん。悲しいラストは嫌だなあ」
・・・我ながら、なんと浅はかだったことか。

「真田丸」は、全く異なる角度から歴史を見せてくれました。

私は、このドラマを見ていて、現代から過去を眺めるのではなく、
その「時」を生きている人たちの視点で物事を見ているような気分になりました。

  自分の選択が、決断が、是か非か、それはわからない。
  当事者には、「結果」はわからないのだから、今、自分がなし得ることを、する。
  そうして、生きていく。

つまり、連綿と続いてきた人の営み、それこそが歴史だと、初めて実感させられたのです。

今まで、結果から過去を振り返るような見方しかしてこなかった私は、
初めて逆方向から歴史というものを眺めたような気がします。
見えてきたものは、右往左往する人たちの姿でした。
歴史に名を残した人も、そうでない人も、それぞれの人生を生きていたんだ、と。


こんな感覚を味わえたのは、やはり脚本のブレなさだったと思います。
  信繁を軸とした真田家の視点を守り通したこと。
  登場人物一人ひとりのもつ物語を大事にしたこと。
この二つを両立させるのって、すごく難しいことだと思うのですが、三谷さんは見事にやってのけました。
すばらしかったです。

さて、「まとめ」をつらつらと書いてますが、
あともう一つ、どうしても書いておきたいことがあるので、それで打ち止めとしたいと思います。
もしよろしければ、もう少しだけおつきあいください。

2016/12/20

真田丸まとめ~ヒーロー不在の物語~

 完全無欠の人間はいない。
 非の打ちどころのない人間なんていたら、気持ち悪いじゃないか。
 とはいえ、どこか欠けたところがあるからこそ、「完全なる者=ヒーロー」に私たちは憧れる。
 物語を創作していくと、ついそういうヒーローを登場させたくなってしまう。

 何かあると、颯爽と現れ、物事を解決してくれる。
 やることなすこと、常に正しい(間違っているのは、周りの人たち)。
 老若男女、誰にでも好かれ、愛される。

・・・こういうパターン、今までの大河で、けっこうあった気がします。
でも、大河の主人公だって、間違うこともあるでしょう?
うまくいかなくて悩んだり、考えて考えてやったことが裏目に出たり。
そういうことって、あるでしょう?
だって、人間だもの。
私は、「○○さま(主人公)のやることはすべて正しい」的なドラマが嫌いで、
そういうの見ると、サーっと冷めちゃうのですが、「真田丸」は違いました。

誤解を恐れずにあえて言うなら、

  誰一人、かっこよくない!!

つまり、ヒーロー不在なのです。
主人公にしてからが、人の良さだけが取り柄の源次郎。
彼は、いろんな人に振り回されて右往左往してるし(父に振り回され、秀吉に振り回され、五人衆に振り回され)。
昌幸も、信幸も、ラスボス・家康も、上杉も、北条も、とにかく、みんなみんな、かっこ悪い(笑)
先を読み損じたり、貧乏くじを引かされたり、脅えたり、泣いたり・・・とにかくもう、みんな人間くさい。
というか、人間なのです、みんな。

だから、迷うし、へこみもするし、躍り上がって喜ぶこともあれば、激怒することもある。
私たちとなんら変わらない人間たちが、一生懸命己の宿命に生きた道筋が、いわば「歴史」なのだと、
「真田丸」を見ていて、つくづく感じたことなのです。


というわけで、当然、ヒロインも不在でした。
いや、一応、きりちゃんだとは思うんですが、これだけ毀誉褒貶の激しかったヒロインっています?(笑)
源次郎とは「くされ縁」って、あんた・・・(笑)
主人公と相手役の関係を「くされ縁」の一言で切って捨てるなんて、さすが戦国のヤンキー!(笑)
でも、そういうのが、不思議とすとんと胸に落ちるんですよね。
素敵な女性陣もたくさん出ていましたが、いわゆる「ヒロインの定型」にはまるのは、一人もいなかったもんなあ。


そう、「真田丸」は、人間を型枠にはめ込むようなことは絶対にしませんでした。
だから、役者さんたちの演技も本当に生き生きしていたし、
そこから伝わってくるエネルギーが、私たちに教えてくれていたと思います。

歴史は、過去の事実ではなく、人間たちが生きた証なのだ、と。

2016/12/19

真田丸「最終回」

最後に源次郎が浮かべたのは、微笑み。
生きて生きて、うまくいかないことも、絶望も、深い悲しみも、たくさん味わって、
そうして最後にあの微笑み。
まいったなあ。

泣いたんですけど、泣けたんですけど、
悲しいというよりは、いっそ清々しいというか。
これ、どっかで経験したなあと思ったら、「犬伏」の時でした。


さて、いくつか印象に残ったポイントを。

<思わず叫びそうになったところ①>

「秀忠アア~! めっちゃいい笑顔で助けに現れるんじゃねえ~!」

ここぞというところで、やってくれましたね、2代目。
今までさんざん煮え湯を飲まされた相手に。
しかも、父を救うという最高のシチュエーション。
秀忠も成長しました。
でもでも、あんたが来なければ・・・。

<思わず叫びそうになったところ②>

「修理イイ~! それ持っていくって言ったの、おまえだから~!」

最後の最後でやってくれましたね、修理。
今までにないほといい人に描かれていたのは、このためだったのか。
なんかね、悪気がないのはわかるのですが、
もう、この期に及んでこれかよっていう・・・。

<泣かずにいられようか①>
この最終回に、大活躍の内記どの。
信繁に「日の本一の兵」をいう言葉を届け、
どう生き方が大事だと伝え。
大助を守り、奮戦し、斬り死に・・・。
その懐には、大殿の位牌が・・・。
あの世で、大殿と碁でも打ってくだされ。

<泣かずにいられようか②>
戦場で倒れた・・・と思ったら、いきなり城内に現れた作兵衛。
強いぞ、作兵衛(ってか、人間離れしてる?)
そして、自らが作った畑の上で・・・。
彼の魂は、信濃の土に還ったのでしょうか。

<泣かずにいられようか③>
戦場で相まみえることになった源次郎と三十郎。
もう、三さまの涙に、こちらも・・・。
本当は、誰よりも源次郎の側にいて、一緒に戦いたかったよね・・・。


そして、個人的に一番ツボだったのは、家康の逃げ回る姿でした。
伊賀越えアゲイン!!
つくづく思うのは、家康もヒーローではなく、人間なのだということ。
だから、憎めないのです。
信繁と家康が対峙する場面は、互いに感傷的になることなく、
それまでの人生を背負った人間として、向かい合っていて、
最高の名場面だと思いました。


ほかにもいろいろあるのですが、書ききれないので、とりあえずいったんやめます。
近いうちに、全体を通してのまとめなど書きたいとは思ってますが(書けるかな?)
とにかく、まだ魂がふわふわさまよってまして、まともなことを書ける状態ではないのです。

ただ、とってもすばらしいドラマに出会えたなと思っています。
感謝です。


きっと、あの世に行った源次郎を、パッパが迎えてくれて、
「源次郎、ようやった」「よき息子をもった」
って言ってくれてると思うんだ。
ほっぺぺちぺちしながらね・・・(号泣)

2016/12/12

真田丸「前夜」

昨日、見終わってから一時間以上、いろんな場面を思い出しては泣いていました。

まずは、きりちゃん。
抱きしめられてるのに「何してるんですか」「遅い」
キスされてるのに、ふがふが文句言ってたり。
とってもきりちゃんらしいラブシーンでした。
あのナレーションも最高(むしろあのナレで泣かされました)。
「生涯のパートナー」という設定、よくわかりました。
私たちは源次郎の視点で歴史を見てきたわけだけど、
そんな源次郎をきりちゃんの視点で見てきたんだな、と。
しかし、こんなにディスられて、のちに賞賛される大河ヒロインが今までいただろうか。
きりちゃん、ブラボー!

それから、兄上。
衝撃の「黙れ、小童!!」返しはご愛嬌として。
弟との久々の再会。
あのやりとりを見ていてわかったこと。
信之にとって「犬伏の別れ」ではなく、「犬伏の誓い」だったのだ。
何があっても、父と弟を守る、という誓い。
真田の家のためだけでなく、大事な家族だから、絶対守るという誓い。
兄上は、あの時、そう自分に誓い、それはいまだに生きているのだ。
そして、兄上の前で、すっかり「源次郎」に戻っている信繁。
お兄ちゃんにだから、「酒を酌み交わしとうございます」ってわがまま言えるんだよね。
この兄弟はどこまでも・・・(涙)
さらに、叔父上のほっぺぺちぺちにも涙。

もう一人、忘れちゃいけない真田のきょうだい、松姉上。
「三人でお茶でも・・・」という台詞。
あの苦難を乗り越えた姉上の言葉だからこそ、胸にしみました。
そうかあ、おとりさんの血を一番濃く受け継いだのが、姉上だったのかも。
まさか、姉上に泣かされる日が来るとは思ってなかったよ・・・。

夏の陣が始まってしまいました。
誰が亡くなるかもわかっているし、史実なんだからしょうがないのに、
人が死んで、こんなにつらい戦国ものは初めてです。
今も、これ打ちながら、思い出し泣きしてます(苦笑)
後藤又兵衛も木村重成も、名前だけは知っていたものの、お話の中の人というイメージでしたが、
実在したんだなあ、一生懸命闘ったんだなあ、と。
五人衆はじめ、大坂方の人たちも、類型的ではなくて、それぞれにドラマをもった人間として描かれていて、
だからこそ死んでいくのを見るのは、とてもつらいです。

徳川方も同様で。
家康はじめ、みんな長所も短所ももってる人間で。
だから、敵方なのに、憎めないのです。

そうそう、伊達政宗とのあいだに、そういうドラマをもってきましたか。
秀吉編のときに、信繁と正宗のシーンがあって、ちょっととってつけたような感じがしていたのですが、
それがここでつながってくるわけですねえ。
いやいや、お見事です。
「ずんだ」には和みました(笑)

私たちは歴史を逆から見ているので、「結果」を知っている。
「だから負けるんだよ」「あれが原因だ」と言ってしまうのは、簡単。
でも、その時代を生きていた人たちにとっては、そこが「今」。
先のことなんてわからないし、最善と思えるやり方で生きていくしかない。
信繁たちもそうだったんだろうな、と思うわけです。
だから、私も「結果」をあまり意識しないで、彼らがどう生きたかを見ようと思っています。
(もっとも、最善の策と思ったものがうまくいかなかったり、戦をしたくないのに戦が始まってしまう・・・という恐ろしい状況から、学ぶべきものはありますけどね)

と、まじめなことを書いておいて、なんですが。
・大野治房、主な台詞は「よぉ~し!」
・平野さま、スルメかじってた。ってことは、やさぐれモード再発。
というところも、何気にツボでした。

さて、まさに泣いても笑っても、あと1回。
とにかく、作る側の熱量に負けないように、全力で見ようと思ってます。

実は、「あと1回」という動揺に耐えかねて、DVDポチってしまいました・・・。

2016/12/05

真田丸「引鉄」

予告ー! きりちゃーん! その台詞聞いただけで泣いてまうやろー!
というのが、放送終了後の私でした。

えっと、取り乱して失礼しました(笑)
本編の話です。
公式HPのあらすじで、思いっきり死亡フラグ立てられてた佐助。
よかった! 死ななくてよかった!
というか、きりには瞬殺されましたが(笑)
でも、きりの超高速佐助斬りが、
佐助の死亡フラグをへし折ってくれたという見方をしてる方々もいて、なるほど、と。
あ、家康はここで死ぬわけないと思ってたので、全然心配してませんでした(苦笑)

さて、大坂方はどうしようもない方向に進んでますね。
えっと、大野治房。
先週やっとしゃべったと思ったら、
金は盗むわ、堀は掘り返すわ、兄貴をぼこぼこにするわ。
塙団衛門も、嬉々として鉄砲買ってくるんじゃない!
でも、身内を呼び寄せた時のほのほの感とか、
ああ、こいつらも一人の人間なのよね、と。
残りわずかな回でこういうシーンを入れてくるところがなんとも。

そして、信繁、久々に三十郎と茂誠義兄上に再会。
三十郎たちも嬉しそうだったけど、信繁も源次郎に帰ってましたね。
声も表情も、「幸村」してる時と全然違う。
ほんとに、上田に、信濃に帰りたかったんだろうな。
せつないです・・・。

ところで、例の銃はどうやって手に入れるんだろ?と思ってましたが、そうきましたか。
それにしても信繁、なかなかの腕前で。
そういや、堺さん、「ジョーカー」で銃撃ってたわ・・・って、それ、「真田丸」関係ないから!

という感じで、脳ミソ混乱中です。
だって、あと2回しかないんですよ!
信じられない・・・。
そして、最終回PR動画(1分)を見て、泣いてます。
いやあ、もう平静を装うのは無理です。
でも、あと2回、心して見ようと思います。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »