最近のトラックバック

« 「精霊の守り人Ⅱ」を見終えて | トップページ

2017/04/13

その強さこそ

浅田真央が休養中のある試合を見て、ひどく驚いたことがある。

全然、違う。

浅田真央みたいなスケーティングができている選手がいないのだ。
彼女があたりまえにやっていたことが、どれほど高い水準だったのか、
そのとき初めて気づかされた(遅すぎる)。

復帰してからの彼女は、どこか無理をしているようで、ちょっと痛々しかった。
「無理」ではなかったのだろう。
きっと必要なステップだったのだ。
昨日の記者会見を見ていて、そう思った。

一番印象的だったのは、最後に涙をこらえて後ろを向いて、
精一杯の笑顔で振り向いた場面だった。

強いな、と。

その強さで、世界を舞台に闘ってきたんだなあ。
あの真央スマイルは、そんな強さに裏打ちされていたんだ。
スケート人生を通して、あんなしなやかな強さを身につけたなんて、
最高にかっこいいじゃないか。
ソチでのフリー演技を、私は一生忘れられないだろうけど、
昨日の笑顔も忘れられないだろうな。

浅田真央さん、おつかれさま。
その強さこそ、最強の財産です。
これからも、笑顔で人生を楽しんでくださいね。

« 「精霊の守り人Ⅱ」を見終えて | トップページ

コメント

ずーっと応援してきたので、真央ロスで毎日泣いてます・・・
会見素晴らしかったですね。きっと会見では泣かない、って決めて臨んだんでしょうね・・きちんと笑顔を見せる姿に胸が熱くなりました。
強いですよね。本当に強い・・・彼女の心の強さと、頑固なまでに自分らしさを貫く生き方にいつも感銘を受けていましたが、あの会見でまた惚れ直しました。
年末の全日本でSPだけ会場で見られたんですが、あんな情熱的にステップを踏めるスケーターは他にはいないと思えるオーラでしたよ。真央さんの真骨頂はジャンプよりステップだと思っています。(つい語りすぎてすみません・・・)

 まゆさん、昨年辺りから、引退の日はいつか来ると覚悟してました。真央ちゃんは来季からもういないのだと、本当に実感します。
 十代半ばの軽やかなジャンプと笑顔。五輪での涙。大人の女性に成長していった彼女の姿と演技はしなやかで軽やかで、本当に美しかった。天女の羽衣、シルフィードみたいな透明感がありました。彼女はやはり天才だったんだな、と改めて思います。

 真央さんのステップは実に難しい事をさらりとこなしてしまう。その音感も尋常の物ではなかったと思います。これからもショーなどで彼女の演技は見れるでしょうが、現役の様な真剣勝負はもう見れないでしょうね。

 既に様々な方々が言っておられる様に、スケートそのものであった浅田真央さん。
 ずっとスケートの神に愛されてきた彼女が、普通の女性となった時、どんな人生を歩まれるのでしょうね。彼女はとても聡明な女性だと思うので、きっと、良い人生の選択をされると思います。
 本当にお疲れ様でした。そしてゆっくり休んで、良い時間を過ごして下さいね。

EKKOさん、私は真央ちゃんのすごさをよくわかってなくて、
どれほどすごいスケーターだったのか、いまさらのように感銘を受けています。
記者会見では微妙な質問もいっぱいとんでましたが、
笑顔を絶やさず、丁寧に答えているのを見て、なんかもう胸がいっぱいでした。
最後は、真央ちゃんがこらえたぶん、こっちが泣いてしまいましたよ(苦笑)
もう競技の世界で見られないのは寂しいですが、
みんなの記憶に残るすばらしいスケーターだと思います。

まるさん、正直、いつやめてもおかしくないと思っていましたので、驚きはしませんでした。
私はそれほど真央ファンではなかったのですが、
あのソチのフリーと、今回の会見の最後の笑顔で、すっかりファンになってしまいましたよ(遅すぎる!)
まだたった26年ですが、見事なスケート人生だったと思うのです。
これからどんな人生を歩むのか、見守りたいと思います。
でも、真央ちゃんのあの心の強さがあれば大丈夫だと信じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65145577

この記事へのトラックバック一覧です: その強さこそ:

« 「精霊の守り人Ⅱ」を見終えて | トップページ