最近のトラックバック

« 「いだてん」を語ろう | トップページ

2019/07/01

「いだてん」を語ろう~歌舞伎役者・中村勘九郎

前半の主人公・金栗四三を演じる勘九郎は、第1回のラストまで登場しない。(実は冒頭に登場しているのだが、顔は写らない)

彼は初回のクライマックスで、「いだてんだ!」の声にのって登場する。激しい雨の中、四三の顔には帽子の染料が流れて、隈取りのようになっている。歌舞伎役者らしい登場だが、その後、何度も勘九郎に見とれることになるとは、この時は想像できなかった。

とにかく、体が自由自在に動くのだ。走るシーンはもちろんだが、動きが伸びやかで、見ていて心地よい。そして、可動域がとてつもなく大きい(ように見える)。若き志ん生を演じる森山未來の身体能力もすばらしいが、こちらはシャープな印象が強い。それに対して、勘九郎の動きは空気を抱きとめるようなたおやかさがある。これは、舞か? ダンスではなく、日本古来の舞。

それから、表情。顔の小さな筋肉一つ一つをコントロールできているのか? 睫毛一本まで自在に動かせるのか? と、驚かされるほどの微妙な表情。そこからの、破顔一笑。あるいは、涙。その一瞬一瞬が目に焼きつくのだ。顔全体をくしゃくしゃにした笑顔。笑みを消し、自分が進むべき道をキッと見据える顔。これは、歌舞伎の見得ではないか?

今は舞台も映像も兼ねる役者さんが多く、舞台の人がテレビに出ると芝居が大げさで・・・というのは、もう過去の話だろう。それでも、勘九郎の演技を見て、何度も「ああ、歌舞伎の人だ・・・」と心でつぶやいた。歌舞伎のもつおもしろさが、勘九郎を媒体にして、テレビの画面からあふれている。

金栗四三という「とつけむにゃあ」人物を描くにあたり、中村勘九郎は必然の役者だったのだろう。金栗の純朴さとクレバーさ、走ることに関する暴走機関車っぷり、それでいて人に慕われる気質などなど。勘九郎の気質と(決して、勘九郎がそういう性格だというのではない。役柄との相性の問題だと思う)、歌舞伎の舞台で鍛えてきた表現方法。それが、歴史上の偉人でもない金栗四三という人を、ドラマの推進力として成功させたのだと思う。

豊か。

それが、「いだてん」での勘九郎を見ていて感じることだ。そして、豊かさの根源には、歌舞伎役者として生きてきた彼の人生そのものがあるのだろう。

 

 

« 「いだてん」を語ろう | トップページ

コメント

 まゆさん、前回、「いだてん」の金栗三四のお兄さんが亡くなり、改めて、中村獅童さんの一つ一つの演技の回想を見た時に、演技の一つ一つが、演技とは思えない真実味、臨場感に満ちている事に気づきました。それは、まゆさんが仰っている中村勘九郎さんの演技でも同じことで、自在に表情筋を操る訓練を積んだ人のテクニックを越えた演技なのだ、と思います。古典芸能に関する様々な声や誤解と言う物もあるでしょうね。古典芸能の持つ伝統の力、それを守って発展させる事が大切だと感じています。
歌舞伎だけでなく、能、狂言などの演者の底力を見せられた思いです。

まるさん、すみません!
こちらのブログは書きっぱなしでコメントチェックしてなかったので、気づきませんでした!
ほんと、ごめんなさい&コメントありがとうございます。

第一部を見ていて感じたのは、勘九郎の歌舞伎役者としての凄みだったのです。
勘九郎丈の舞台を見た時よりも、今の方が、その凄みを強く感じました。
それは、獅童も同様で。
過剰にも見えかねない演技が、絶妙なバランスで魅せる芝居になるあの素晴らしさは、歌舞伎役者ならではだと痛感したのでした。

今は第二部になって、また違う加速をしていて、それはそれでおもしろいのですが、私は勘九郎演じる金栗四三が愛しくてならないのです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いだてん」を語ろう | トップページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ