« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | 覘き小平次 »

2002年10月 5日 (土)

「よど号」事件122時間の真実

42「「よど号」事件122時間の真実」久能靖   河出書房新社   ★★★★

いったい、なんだったんだろう…というのが、この事件に対する読後の印象。
 日本テレビの元・局アナで、「よど号」ハイジャックの報道にも携わった著者が、当時の状況を客観的かつ冷静に検証したドキュメンタリー。日本だけでなく、当時深く関わった韓国側の関係者にもインタビューをし、日韓両国間に緊張感が漂ったことなど、非常にリアルに描かれている。
 昭和史を紐解くと必ず登場するこの事件について、私は詳細をまったく知らなかった。今回、これを読んでみて、ハイジャック犯たちのあまりの身勝手さと行き当たりばったりの無計画さ、つまりは人間としての幼さ・未熟さにあ然とした。この事件に巻き込まれた人々は、ほんとうにいい迷惑だとしか言いようがない。この世には許されるテロ行為などないのだと、あらためて実感した。 

« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | 覘き小平次 »

「か」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「よど号」事件122時間の真実:

« 三谷幸喜のありふれた生活 | トップページ | 覘き小平次 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー