« 消える密室の殺人 猫探偵正太郎上京 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

2003年11月 5日 (水)

少年計数機 池袋ウエストゲートパークⅡ

370「少年計数機 池袋ウエストゲートパークⅡ」石田衣良   文春文庫   ★★★

マコトは池袋西一番街で母親が営む果物屋を手伝うかたわら、ストリートファッション誌にコラムを連載している。そんなマコトのもう一つの顔は池袋のトラブル・シューター。今日もマコトの周りでまた事件が起こる。

 シリーズ新作が出ると聞き、うれしくなって再読。もっとも、文庫読みしてるので3作目の「骨音」も未読な私ですが。
 ものすごいスピードで突っ走っていた感じの1作目に比べると、ちょっと重いトーンかもしれません。事件自体が、けっこう重く、暗い。特に書き下ろしの「水のなかの目」は、ちょっとやりきれないものがありました。こういう、人間がもつ負の要素を描けるのが、石田衣良らしさでもありますが。
 好きなのは表題作「少年計数機」。LDの男の子ヒロキの誘拐事件。この子のどうしようもない寂しさに涙してしまう「甘い」マコトが好きですねえ。ちなみに、マコトは「甘い」という言葉で形容されてますが、この冷酷さと甘さのバランス・・・クールとウェットのバランスというのが、石田衣良は絶妙で、私は好きなんです。
 しかし、私のいちばんのお気に入りはなんと言ってもGボーイズの王様・タカシです。

ハイジ7 > まゆさんはタカシ派ですか~。私は断然まこと派です~。マコトの「甘さ」はまゆさんのおっしゃるとおり、クールとうまくバランスとれてますよね。まさに、現代のヒーロー像とも言える様な。 (2003/11/06 01:30)
まゆ > タカシの突き抜けちゃってる感じが、かっこいいなあ、と。現実離れしてますけどね(笑)感情移入しちゃうのはマコトの方ですが。 (2003/11/06 20:34)
あさこ > 私もタカシ派です~!!このシリーズもおもしろいですよねぇ。私も久々の再読したくなりました。 (2003/11/06 22:49)
まゆ > 私はこのシリーズで石田衣良のファンになりました。第4作が出るというので、とっても喜んでいます。でも、「骨音」が早く文庫落ちしないかなあ。 (2003/11/06 23:33)

« 消える密室の殺人 猫探偵正太郎上京 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

石田衣良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少年計数機 池袋ウエストゲートパークⅡ:

« 消える密室の殺人 猫探偵正太郎上京 | トップページ | ジョゼと虎と魚たち »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー