« ゲームの名は誘拐 | トップページ | 探偵伯爵と僕 »

2004年7月18日 (日)

ICO-霧の城-

559「ICO-霧の城-」宮部みゆき   講談社   ★★★★

 トクサの村で生を受けたイコは、その頭に角を持っていた。それははるか彼方にある「霧の城」の怒りを鎮めるための「生贄(ニエ)」の印であった。
 やがて、イコが霧の城へ向かう日がやってきた。イコは親友のトトが命がけで手に入れた「光輝の書」の守護を受け、霧の城へと旅立つ。

 やっと読めました。長編は読み始めるまでに勇気が要るのですが、私の場合、短編よりも長編の方が性にあってるみたいです。読み始めたら一気でした。
 同名ゲームに触発されて宮部さんがノベライズしたもの。といっても、私はゲームは全くやらないので、わからない世界ですが。でも、そんなの全然関係ありませんでした。みごとなファンタジーの世界ができあがっています。
 「ニエ」となることを運命付けられた少年・イコ。霧の城で囚われの身となっている少女・ヨルダ。運命という重いかせをはめられた二人が出会うことで、物語は動きはじめます。
 特にもヨルダの背負ったものはとても重く、はたしてイコが彼女を救い出せるのかというところが、後半のポイントになるのですが、葛藤しながらも前進しつづけるイコがとっても素敵でした。
 すっかり物語に没頭してしまって、第4章の最後では涙ぐんでしまいました。
 やっぱり、「読ませる」宮部さんの筆力はさすがです。堪能いたしました。

ときわ姫 > いいないいな!まゆさんもう読んだんですね!宮部みゆきのファンタジーは、いまいち不安だったんですが、「さすが」なんですね。早く読みたいんですが、図書館では何十人も予約があるらしいので、いつになる事やら。 (2004/07/19 18:09)
トントン > 私は図書館利用がほとんどですが、これは欲しいなと思って迷い中です。ゲーム知らなくても楽しめそうですね♪ (2004/07/19 19:29)
あしか > 私はまあまあ早い方だと思うのですが、あと2.3人って感じでした。待ち遠しいなあ・・。 (2004/07/19 20:39)
まゆ > ときわ姫さん、宮部さんの文体が好きなので、ジャンルを問わずなんでも読んでしまいます。ただ、ファンタジーに詳しいときわ姫さんにはどうかなあ。ちょっと自信はないですが。
トントンさん、ゲーム知らなくてもオッケーです。ちゃんと物語として楽しめますよ。 (2004/07/19 20:41)
まゆ > あしかさんも予約中ですか。宮部さんのファンタジーはけっこう賛否両論ありますが、私は好きなんですよねえ。 (2004/07/19 20:42)
北原杏子 > まゆさんに先を越されてしまいました~っ!実はこの次くらいにはこれ読もうかと思って準備してたんです。この小説の元となったゲームを知っていたので。私はまったくやらないんですが、うちの旦那がやってるのを横から見てて、幻想的でおまけに背景の物語の枠組みがちゃんとしていそうな感じで、結局、最後まで見通しました。少年と少女が手をつながないと逃げられないという点が面白かったです。小説のほうでもこれが生かされていると宮部さんのインタビュー記事で読みました。で、これはと思い、購入してからずっとしまいこんでいたんです。早く読みたいですぅ~ (2004/07/19 23:32)
まゆ > うふふ。本プロいちばん乗りですかね。今年は忙しくて、なかなか思うように本が読めずにいるのですが。そうか、手をつなぐのがポイントなのですね。なるほど、なるほど。うん、小説の中にもちゃんと生かされてましたよ。 (2004/07/20 21:06)
あしか > 昨日来たので読み始めました。始めはすごくおもしろかったんですが、夏休みの忙しさもあってだんだんキツクなってきて思わずまゆさんの日記に来てしまいました・・・私ファンタジーだめなのかなあ・・・面白くないって事はないんですが・・・。「手をつなぐ・・・」?なんだろう?ちょっと読みたさが増してきた。がんばろ! (2004/07/30 09:46)
北原杏子 > 昨日、読み終わったんですが…う~ん???とちょっと唸ってしまいました^^; ゲーム版との差異のせいなのか?ファンタジーとしてはどうなのか?考えるとあまり楽しめなかった気がします。これはゲームを全く知らずに読んだほうが純粋に楽しめるかもしれないですね。「手をつなぐ」という行為も宮部さんならではの解釈でしたね。そのうち私の日記でも感想を書くつもりです。 (2004/07/31 00:42)
まゆ > あしかさん、私の知人も途中で停滞してるようです。ゲームのノベライズだっていうのを知らなかったらしく、「ゲームみたいな話だよね」・・・。ま、がんばってください。
北原杏子さん、私はゲームを全く知らないので、一つのファンタジーとして楽しめました。知っていると違いが気になるのかもしれませんね。 (2004/07/31 10:44)
たばぞう > 図書館に予約しています。ここ3年で苦手なファンタジーを克服したワタクシですが、&宮部さんの作品ですもの、超期待ですよ!。 (2004/07/31 22:10)
まゆ > ファンタジー苦手なはずなのに、けっこう読むようになってきました。本プロのおかげですねえ。私は元のゲームを全く知らないので比較できないのですが、宮部さんの書くものはやっぱり好きだなあ。 (2004/08/01 18:35)

« ゲームの名は誘拐 | トップページ | 探偵伯爵と僕 »

宮部みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/16762524

この記事へのトラックバック一覧です: ICO-霧の城-:

« ゲームの名は誘拐 | トップページ | 探偵伯爵と僕 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー