« きょうの猫村さん1 | トップページ | 狐闇 »

2005年9月12日 (月)

電子の星 池袋ウエストゲートパークⅣ

855「電子の星 池袋ウエストゲートパークⅣ」石田衣良   文春文庫   ★★★

 失踪した親友を探してほしい。
 池袋のトラブルシューター・マコトに依頼してきたのは、山形から上京してきた「負け犬」を名乗る男。就職もできず、パソコンばかり相手にしている負け犬とマコトが行き着いたのは、信じられないような秘密クラブだった。

 IWGPも四冊目が文庫化されました。単行本はⅤまでいってるんでしたっけ?書こうと思えばいつまででも書けるシリーズだけど、いつまで続くんでしょう?
 さて、今回もマコトが情にほだされ、ついつい面倒に首をつっこんでしまう、という黄金パターンにはまっています。Gボーイズのタカシ(今回は出演頻度高い!)や、ヤクザのサルなどおなじみの面々の力を借りながら、事件を解決していくわけで。相変わらずのスピード感が心地よいです。
 しかし、マコト、なんだか涙もろくなってないですか?もとからこうだった?
 そして、タカシのボディガードだったツインタワーが、Gボーイズを引退してラーメン屋になってたのに、びっくり。そして、かわいいんだ、彼らが。
 それにしても、登場人物の抱えている傷が痛いです。表題作の中でマコトが「自分の力で闘っていないうちは負け犬ですらない」という意味のことを言うのが、とても印象的でした。

イギー > 私も今読み終えたばかりです!ただ、結構グロイ場面とかあって読んでて「い・・痛い」と。マコっちゃん確かに涙もろくなってますね。こうやって大人になっていくんですかね~。 (2005/09/13 12:06)
まゆ > イギーさん、たしかにグロイですよね。私もそのへんは2倍速くらいで読んでました(笑)もう話のパターンができあがってしまってますが、時代物の捕物帳なんかと一緒で、それでも読んじゃうんですよね~。 (2005/09/13 20:35)
やりさん > 水戸黄門みたいになってきましたね!マンネリを感じつつも安心して読めるんだけど。ラーメン屋さんのお話が1番好きでした☆ツインタワーの淡い恋なんてこっちまでうふふ~♪ってなっちゃいます。秘密クラブには正直引きました・・・ (2005/09/14 03:54)
EKKO > もう文庫化ですか~早いですね。まゆさんも「時代物の捕物帳」とおっしゃっていますが、このシリーズ、私は最近は何となく「鬼平犯科長」を思い浮かべてしまいます。マンネリ・・と思いながらそれが心地よくて追いかけています。 (2005/09/15 22:10)
まゆ > やりさん、マコト=水戸黄門説は根強いですね(笑)パターンがわかってても読んじゃうとことかね。私もツインタワー1号2号の話は好きでした。表題作はちょっと・・・。 (2005/09/16 20:53)
まゆ > EKKOさんは「鬼平」ですか。ここまでくると、マンネリも心地よいものです。私は時代物もよく読みますが、長く続いてるシリーズって、やっぱり登場人物に魅力があるし、「またか」と思いつつも読んでるとおもしろいのですよ。このシリーズも・・・。 (2005/09/16 20:55)

« きょうの猫村さん1 | トップページ | 狐闇 »

石田衣良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子の星 池袋ウエストゲートパークⅣ:

« きょうの猫村さん1 | トップページ | 狐闇 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー