« 孫が読む漱石 | トップページ | おそろし »

2009年4月11日 (土)

三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー

1387「三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー」三谷幸喜   朝日新聞出版   ★★★★

四本目の映画の撮影を開始した三谷監督。これで監督業引退!と思いきや・・・。映画に舞台に、そして役者として大忙しの三谷幸喜、エッセイ集第7弾!

残念ながら「サ・マジックアワー」を観てないのです。観ていれば、数倍おもしろく読めただろうに・・・と思うのですが。

そう思うほどに、今回は映画ネタ満載。いかにこの時期の三谷さんが、映画に打ち込んでいたかがよくわかります。映画の話であれ、舞台の話であれ、その裏話が聞けるのはすごくおもしろいのですが、その反面、奥様の話とかが少なくなっていくのがちょっとさびしいです。三谷さんと小林聡美さんとのやりとりが好きなので。

しかし、映画ってそういうふうにして作られていくんですね。私は映画はあんまり詳しくないので、技術的な面の裏話は、ほんとに「へぇ~」って感じでした。やっぱり、「ザ・マジックアワー」、DVD買おうかな・・・。

« 孫が読む漱石 | トップページ | おそろし »

三谷幸喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー:

» 三谷幸喜のありふれた生活 7 ザ・マジックイヤー [ザッキ]
オススメのエッセイ 「朝日新聞」に連載されているエッセイを単行本化している作品。 [続きを読む]

« 孫が読む漱石 | トップページ | おそろし »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー