« 海の底 | トップページ | オチケン! »

2010年6月 7日 (月)

花のあと

1507「花のあと」藤沢周平   文春文庫   ★★★★

女ながらも剣の才に恵まれた以登には、ほのかな思いを寄せる男がいた。その相手、道場一の遣い手・江口孫四郎と、父の計らいで一度だけ剣を交えた以登。しかし、以登にはすでに許嫁がおり、孫四郎への思いは、生涯ただ一度の恋として封印された。ところが、孫四郎は、思わぬ運命に翻弄されて切腹。以登は、真相を知ろうとする。

表題作「花のあと」を含む、8編の短編集。「花のあと」は北川景子主演で映画化されましたが、それで興味をもって読もうと思いました。女剣士っていうのに弱いんです(笑)

決して美形ではないけれど、凛とした心持ちの以登の姿と、その以登のために奔走してやる許嫁の才助の優しさが印象的でした。もっとも、才助は食えない人物のようですけど。これは以登が才助の没後に、若き日の恋物語を孫たちに語って聞かせるという設定ですが、相手に伝えることすらかなわなかった恋と、その後長年連れ添った夫への情愛が伝わってきて(以登は、才助のことを全然良く言わないけれど)、この短編集のしめくくりにふさわしい物語でした。

ほかには、藩主の元側室である尼僧が、かつての許嫁の汚名を晴らそうとする「雪間草」や、幼なじみの二人が互いにわけありの身になって再会する「冬の日」が好きでした。

藤沢周平はそれほどたくさん読んではいませんが・・・派手さはないけれど、人の心の機微を少ない言葉で実にうまく描きだします。さすが、です。これからも少しずつ読んでいきたいと思っています。

« 海の底 | トップページ | オチケン! »

藤沢周平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/48567983

この記事へのトラックバック一覧です: 花のあと:

« 海の底 | トップページ | オチケン! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー