« 横道世之介 | トップページ | 獣の奏者 Ⅲ探究編 »

2010年9月14日 (火)

リア家の人々

1565「リア家の人々」橋本治   新潮社   ★★★

東大出の文部省官僚の砺波文三は、戦後の公職追放によって、仕事を追われる。失意の日々の後、仕事に復帰した文三だったが、妻のくが子は癌に倒れる。そうして残された三人の娘たちは、父に対して複雑な思いを抱いていた。長女と次女は、それぞれに配偶者を見つけ、家を出ていった。末娘の静にだけは愛情を感じていた文三だが・・・。

橋本治による戦後小説という新聞の広告を見て、おもしろそうだなあと借りてきました。

戦後まもない頃から学生運動が全国に広がった1968年ごろまでの物語です。私には、「知らない時代」の話。うちの両親などは「懐かしい」と言うのでしょう。

砺波家の家族のありようは、いびつです。父は家長であり、正面切って家長の言葉に逆らうようなことは誰もしません。では、皆が本当に文三にしたがっているか・・・答えは、ノーです。文三もまた、それが義務であるという認識のもとに、家族を養っています。だから、彼の視点はひどく一方的で、常に上から目線。相手の思いを聞くということの必要性を感じることもなく、自分がこうだからこうなのだ・・・という理屈が展開します。それが一番顕著だったのは、文三の再婚話。妻の病中から亡くなった同僚の妻と関係をもち、妻の一周忌に親族の前でいきなり再婚したいと告げる。しかも、相手の女性の了承もとらず。娘たちにも何も相談せず。

でも、文三の考え方は、当時としてはそれほど奇異ではなかったのかもしれません。ただ、それを契機に長女の環は父に対して異を唱え、次女の織江もまた父のために何かしようという気持ちは一切持ち合わせていないことがはっきりします。末娘の静だけは、黙々と父にしたがっているように見えて、彼女もその生き方が実はおかしいのではないか・・・と思うようになっていきます。

大きな事件が起こるわけでなく、時代の移り変わりの中で、ある意味淡々と生活している砺波家の人々は、この時代の過程の雛型の一つなのかもしれません。でも、この家族なのに空虚な感じ・・・現代にもつながっている気がしました。

時間が行ったり来たりして、読みながら「あれ?」となることが多々あり、ちょっと大変でした。

« 横道世之介 | トップページ | 獣の奏者 Ⅲ探究編 »

橋本治」カテゴリの記事

コメント

リア王がモデルですか?
おもしろそう。
でも、難しそうでもありますね。
私がなかなか手を出しにくいタイプの本です。
まず、書店でチラ見かな。

青子さん、それほど難しくないですよ。
青子さんなら読みこなせると思います。
ただ、おもしろいと思うかどうかは、人によるかな。
父と三人の娘が主な登場人物というところは、リア王と同じなんです。
もっとも、リア王自体、大まかな筋しか覚えてませんが(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/49445925

この記事へのトラックバック一覧です: リア家の人々:

« 横道世之介 | トップページ | 獣の奏者 Ⅲ探究編 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー