« 謎の転倒犬 | トップページ | スコーレNo.4 »

2010年11月27日 (土)

神様のカルテ2

1621「神様のカルテ2」夏川草介   小学館   ★★★★★

「医師の話ではない。人間の話をしているのだ。」

信州の病院で、過酷な地域医療の現場で悪戦苦闘する内科医・栗原一止。彼の勤務する病院に、大学時代の同級生・進藤辰也がやってくる。「医学部の良心」と呼ばれた辰也の帰還を一止は喜ぶが、辰也は以前とはすっかり変わってしまっていた。

正直、この「2」を書店で見かけたとき、「えっ!」と思ったのです。映画化と聞いたときも、「え~」と思ったのです。好きな話だけに、商業路線に乗ってほしくないというか。それなのに、「2」まで出ちゃうのか、売れると踏んだんだな、でも前作を超えるものを書けるのかな・・・と、ずいぶん失礼なことを思ったのです。で、しばらく手に取りませんでした。

が、あちこちのブログをのぞいてみると評判がいいので、じゃあ・・・と。

今回のすべては、冒頭に引用したイチさんのセリフに象徴されます。医師も患者も、生きている人間であること。そしてまた、いずれは死んでいく人間であること。死とは、人との絆の消失であること。しかし、それはまた誰かに受け継がれていくものであること。・・・そんな「あたりまえのこと」が、私たちがさまざまなことにかまけて忘れがちなことが、イチさんの目を通して描かれていきます。

涙があふれそうになって、でも、それをこらえながら続きを読んで・・・を、何度も繰り返しました。前作もよかったですが、私は「2」の方がより好きです。それぞれの登場人物が、人間として、自分の生き方に真摯に向き合っている姿が、胸にしみました。

学生時代の恋敵でもあった辰也の登場で、イチの個性がより際立ってきた気がします。二人のやりとり、すごく好きでした。コーヒーかけるのは勘弁してほしいですが(笑) それから、大狸先生と古狐先生も。みんながギリギリの中で、精いっぱい自分にできることをやり、大切な人を守り・・・。医師は特殊な職業ではあると思いますが、それが生身の人間であるのだということを実感しました。

トヨさんマゴさん夫婦のエピソードは反則じゃないかと思いましたが・・・マゴさんの歌が聞こえてくるあたりは、もうなんと言ったらいいか。それがあるだけに、古狐先生と千代さんの思いが、せつなくてならなかったです。私にも星空が見えるような気がしました。

それにしても、ハルさんは相変わらず素敵な女性です。こんな奥さんになりたいなあ・・・と、前作を読んだ時も思ったはずなのに、程遠い私。何かを求めるのでなく、互いを気遣い、寄り添って歩いて行けるような夫婦、いいですねえ。

「2」が出た時には驚きましたが、これなら納得です。映画化にはまだちょっと微妙な気分の私ですが・・・(ハルさんが宮崎あおいちゃんというのは納得です)。

« 謎の転倒犬 | トップページ | スコーレNo.4 »

夏川草介」カテゴリの記事

コメント

うん、うんと何度もうなづきながら、まゆさんの感想を読みました。

そうなんです。まゆさんのおっしゃるように、辰也の出現でイチさんがますます素敵に思えてきました。(もちろん、辰也もまたしかりですが)
ハルさんが何をやらかすのかと思ったら…。みんなが一致団結して作ったわずかな時間、そしてその顛末まで。
いのちは限りがあるけれど、その思いは受け継がれ、だからこそ、そのとき、そのときを大切に生きなくてはいけないのだとあらためて思いました。

なぎさん、やっぱり脇のキャラって大事ですねえ。
(辰也は単なる「脇」とは言えないキャラですが)
旧友&恋のライバル&最高に信頼できる同期のはずが、あれれ・・・?という展開から、かえってイチさんの変人ぶり(笑)とかっこよさが際立ってきました。
2度のコーヒーのシーンなんか、最高です。

そして、ハルさんはやっぱり素敵ですねえ。
こんなふうになりたいなあと思いながら、あまりに遠いわが身がちょっと悲しくなる今日この頃です(苦笑)

トヨさんマゴさん夫妻のエピソード、それから古狐先生・・・どちらもすごく悲しかったのですが、ただ悲しいだけではない「死」と「生」について考えさせられました。

前作より深化していましたね。
それと同じように、コーヒーをかけあえる二人の関係も深化していくと、大狸先生と古狐先生のようになるのかなとも思いました。
まゆさんもおっしゃっているように登場人物の生き方というものを強く感じました。

そして相変わらずハルさんは素敵な方ですね。一止のことを真摯に思っていることが伝わってきて、その中に強い芯があるっていう。。。
性別は違うけれどこういう人になりたいと思ってしまいます。

映画化は……ハルさん役に宮崎あおいさんはぴったりなキャストだと思うのですが、櫻井さんが漱石風の口調でしゃべっているなんて、ギャグにしかならないような気がします。

buudyさん、おっしゃるとおり、大狸先生と古狐先生の姿は、未来のイチさんと辰也でしょうね。
ただ立派な人なんじゃなくて、それぞれにつらい思いをして、それを抱えて、患者と向き合っている「人間」である医者の姿・・・現場にいる医師である作者だから書ける世界ですね。

私もどうも「イチさん=桜井翔」に違和感があって。
もうちょっと違うキャスティングはできなかったんでしょうかねえ。

続編もとても良かったです。
一止先生が、やけにカッコよく思えました。
脇役に心惹かれる癖のある私は、進藤先生も結構好きなんですよ。登場時から気になってました(笑)
そして、ふたりの友情関係が何より素敵です。

素敵といえば、やっぱりハルさんですよね・・・
これを読むたび、自分もこうありたい、と強く反省するのですが・・・現実は全然ダメです。本当、ハルさんみたいに、芯から強くて優しい女性になりたいものです。

EKKOさん、良かったですよねえ。
私も進藤みたいなキャラは好きですよ~。
主人公二人の友情もいいですが、大狸&古狐の友情にもグッときました。

ハルさんは・・・男性にとっての理想というだけでなく、
我々女性も「こうでありたい」と思う女性ですね。
ただ、とうていこうなれない・・・とも思ってしまいますが(苦笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様のカルテ2:

» 『神様のカルテ2』 夏川草介 小学館 [アン・バランス・ダイアリー]
490 前作の感想はこちらです。 医師の話ではない。人間の話をしているのだ。 今回もとても心温まる感動作でした。 主人公の文語調の語りも、ハルさんの可愛らしさも懐かし ... [続きを読む]

« 謎の転倒犬 | トップページ | スコーレNo.4 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー