« ぼおるぺん古事記(全3巻) | トップページ | ペテロの葬列 »

2014年3月22日 (土)

レディ・マドンナ 東京バンドワゴン

2106「レディ・マドンナ 東京バンドワゴン」 小路幸也   集英社文庫   ★★★★

毎度おなじみ東京バンドワゴンシリーズ第7弾。

文庫化されてすぐ買ったのですが、ドラマのキャストがちらついて、どうにも読む気になれず(ドラマファンの方、すいません)。積読してましたが、ちょっと気持ちがほっこりするものを読みたくなって、手に取りました。

やっぱりこの世界はいいですねえ。今回は、紺の娘・かんなちゃんと、青の娘・鈴花ちゃんが、ひたすらかわいかったです。子どもたちが着々と大きくなっていくというの、いいですね。もっとも、今回のトピックは、「堀田勘一に恋のうわさ!?」というやつかもしれませんが(笑)

いつも通りに事件が起こって、いつも通りに大騒ぎして、いつも通りにまるく収まる。そうとわかっていて読んでしまうというのは、すごいことですね(笑) そして、今回も、しっかり癒されました。

« ぼおるぺん古事記(全3巻) | トップページ | ペテロの葬列 »

小路幸也」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
実はまゆさんのこの記事を読んで、私もこのシリーズ読んでみようときめました。
癒されたい~

chiiさん、このシリーズはおすすめですよ。
できれば、最初から順番に読んでくださいね。
ちゃんと時間が経過していきますので。

まゆさん、ドラマのキャストがちらついて読めない! 全く同感です。それはドラマ化した作品全てに言える事ですね。

 自分のイメージに合わせて頭の中で俳優さんを起用してみると読むのも楽しいかも。
 私は俳優さんを若返らせたり、生き返らせています。(笑)

まるさん、このシリーズはモデルにしているであろう人がイメージしやすいキャラがいるので・・・。
ドラマで違う役者さんがやっているのは、すごい違和感がありました。
誰とは言いませんけどね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/59337077

この記事へのトラックバック一覧です: レディ・マドンナ 東京バンドワゴン:

« ぼおるぺん古事記(全3巻) | トップページ | ペテロの葬列 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー