« スリーピング・マーダー | トップページ | 真田太平記 十 大坂入城 »

2016年12月23日 (金)

2016年マイベスト

今年ももうそろそろ終わりですね。

2016年は、「真田丸、真田丸」言ってた気がしますが、本も読んではいましたよ(笑)

というわけで、恒例の「マイベスト」です。

【第1位】  「蜜蜂と遠雷」 恩田陸

 誰がなんと言おうと、今年のベストはこれです!
 ピアノコンクールを舞台にした、ものすごく密度の濃い物語。
 ずっと恩田陸を読んできてよかったと思える、すばらしい作品です。
 直木賞候補にもなってますが、今度こそ受賞してほしい!!(というか、これで受賞しなくてどうする!?)

【第2位】  「この世界の片隅に」 こうの史代

 泣かせるような描写はしていないのに、泣きました。もうボロボロ。
 映画も評価が高いようですが、この原作コミックもぜひ読んでほしい。
 漫画だから表現できるものが、ここにはあります。

【第3位】  「戦場のコックたち」 深緑野分

 初読みの作家さんでしたが、心臓撃ち抜かれました。
 戦地を舞台にした青春群像でありながら、見事なミステリ。
 これからずっと気になる作家さんになりそうです。

【第4位】  「狂うひとー『死の棘』の妻・島尾ミホ」 梯久美子

 話題になっていたので、けっこう軽い気持ちで手に取り、深みにはまりました。
 「死の棘」に描写された島尾敏雄・ミホ夫婦に迫った評伝。
 「書くこと」に執着する姿がすさまじかったです。

【第5位】  「真実の10メートル手前」 米澤穂信

 「王とサーカス」の太刀洗万智が活躍する短編ミステリ集。
 万智というキャラクタが魅力的で、もっと続きが読みたい!と思わせられます。 

【第6位】  「帰郷」 浅田次郎

 誰かが書かねばならない物語なのだと思います。
 「戦争小説ではなく、反戦小説」・・・作者の言葉が重く響きます。

【第7位】  「希望荘」 宮部みゆき

 杉村三郎、私立探偵として本格始動。
 このシリーズは、最後に残るほろにがさがなんとも言えません。

【第8位】  「神様のケーキを頬ばるまで」 彩瀬まる

 去年、彩瀬さんデビューしましたが、やっぱりこの人の書くものは好きです。
 「暗い夜、星を数えて」も読みましたが、まだ消化されていない感じがしたので、こちらを。

【第9位】  「暗幕のゲルニカ」 原田マハ

 これは、原田さんにしか書けない物語。
 作者の情熱を感じました。

【第10位】① 「星読み島に星は流れた」 久住四季

 初読みの作家さん。絶海の孤島を舞台にしたミステリ。
 純粋にミステリが好きで、夢中になって読んでいた頃のことを思い出しました。

【第10位】② 「静かな炎天」 若竹七海

 同率10位は、女探偵・葉村晶シリーズ新刊。
 ハードボイルドなんだけど、妙に好きなんです。

以上、ベスト10でした。

ランクインはしませんでしたが、今年はおもしろい時代小説にもたくさん出会えました。

  「信長の肖像」 志野靖史
  「ヨイ豊」 梶よう子
  「天下人の茶」 伊東潤

などなど。それから、「真田太平記」も読み進めています(年内に読み終わるかなあ)。

また、大好きな漫画家・吉野朔実さんの訃報は、とてもショックでした。
「本の雑誌」で追悼特集をしてくれたり、ネームを100pも収録した新刊が出たり、というのも忘れられない出来事です。

年内、まだ2、3冊は読むかと思いますが、とりあえずここで一区切り。

このブログを読んでくださった皆様、今年も一年ありがとうございました。

おかげさまで先日、2500冊目の節目を迎えることができました

体力・気力が続く限り、このブログもぼちぼち続けていくつもりです。

あなたも私も、来年もまた素敵な本と出会えますように。

« スリーピング・マーダー | トップページ | 真田太平記 十 大坂入城 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
今年もたくさんお世話になりました。有難うございました。
まゆさんのマイベスト、来年の参考にさせていただきます(^^)/

真田丸も終わってしまい気が抜けています。幸村ってカッコいい名前で人気があるのかと思っていました。マジで(^^ゞ

こんな軽い感じで・・・来年もよろしくお願いします<(_ _)>
良いお年をお迎えください。

今年一年、「読み人の言の葉」「空と海の青」にはお世話になりました。
2016年マイベスト。恩田陸さん、浅田次郎さん、わあ、面白そう。
その他読みたい本をたくさん発見。さっそくφ(..)メモメモ・・・です。

そして。。。

2,500冊読破!!

おめでとうございま~すhappy01🎉

次は目指せ、5,000冊ですね。

来年も良い読書年をともに過ごせますように。

chiiさん、今年もお世話になりました。

chiiさんが宇江佐真理さんを読んでくれるの、とってもうれしく思ってます。

幸村の名前・・・そうか・・・(笑)
でも、私も大坂の陣って詳しいこと知らなくて、
今回の大河は新鮮な気持ちで見てましたよ。

では、来年もよろしくお願いいたします。

ひなたさん、ありがとうございます。
2500冊・・・思えば遠くへ来たもんだ・・・って感じですね。

ところで、今年のベストにあげた恩田陸「蜂蜜と遠雷」は、とにかくおススメです!!
恩田陸信者の私ですが、それを差っぴいても「読んで!」と言いたい。
本屋の店頭に立って販促活動したい!というくらい、ほれ込んだ一冊です(笑)

と、こんな私ですが・・・
来年もよろしくお願いいたします。

まゆさん、2500冊突破、おめでとうございます!
まったくすごい!の一言につきます。

「戦場のコックたち」「暗幕のゲルニカ」は私もベストに入れたいです。太刀洗万智さんのシリーズと杉村三郎シリーズは、もう絶対外せないですよね。
恩田陸さん、私もそろそろとるに違いないと思っていますが、これはまだ未読。せっかく買ってきたのに、なぜか夫に先を越されて……。冬休みには読もうと思っていましたが、まゆさん絶賛でますます楽しみになりました。
今年も細々と続けてきましたが、まゆさんのコメントにずいぶん励まされました。ベストは出せるやらですが、どうぞ、来年もよろしくお願いします。

なぎさん、こちらこそ、です。
こうしてブログを続けているお仲間がいるということが、どれだけ励みになっていることか。

ところで、「蜜蜂と遠雷」は本当にいいので、ぜひぜひお読みくださいませ。
恩田さんの代表作になる傑作だと思っております。

では、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

まゆさん、お久しぶりです。コメントありがとうございました。

それにしても真田丸は面白い大河ドラマでしたね。僕も星新一の「城のなかの人」を読み返すこととなりました。
豊臣秀頼の目線から描いた大阪城の話です。

「神様のケーキを頬張るまで」は今途中まで読んでいます。
注目せざるを得ない素晴らしい鮮烈さを描いてくれますね。

少しでも明るい方向を目指して、お互いもがいていきましょうね。

麻さん、星新一の作品ですか?
面白そう! 探してみようかな。

今年はいろいろあったけど、「真田丸」に救われました。
「神様のケーキ~」は、なんだか泣きながら読みましたよ。
麻さんの感想も楽しみにしてますね。

では、どうぞよいお年を!

明けましておめでとうございます。

私は恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を年末に読了しました。
そのあとすぐにしたことは、一色まことの「ピアノの森」の再読。
「蜜蜂と遠雷」を良かったと思う人にはぜひこれを読んでほしい。
私の心を打ったのは「ピアノの森」というより、
「蜜蜂と遠雷」はそれを下敷きにしたのだと確信しています。

小夜子さん、あけましておめでとうございます。
コメント、ありがとうございます。

「ピアノの森」はずっと気になっているのですが、未読です。
読んでみたくなりますね。
「蜜蜂と遠雷」は、文章で音楽をこんなに表現できるのか・・・と、ある意味、打ちのめされました。

こんにちは。
同じような感想がありましたけど、
恩田陸さんはコミックに影響されて小説を書くのが得意ですよね。

「チョコレートコスモス」は「ガラスの仮面」
「蜜蜂と遠雷」は「ピアノの森」

どちらの場合にも、元ネタのコミックに及ばないところが残念。

なめねこさん、こんにちは。
恩田さんは、漫画にかぎらず、いろんな媒体からインスパイアされて書くことが多いみたいですね。
「チョコレート~」は、「ガラスの仮面」のオーディションの場面がおもしろいので、
オーディションだけで小説を書いてみようと思ったのだそうな。
続編もすでに書かれているそうです。
「ピアノの森」は未読なので、なんとも言えませんが、
文章だけで音楽を表現できるんだ~と、感動しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64662198

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年マイベスト:

« スリーピング・マーダー | トップページ | 真田太平記 十 大坂入城 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー