« 終りなき夜に生れつく | トップページ | 遺体 震災、津波の果てに »

2017年2月25日 (土)

星がひとつほしいとの祈り

2542「星がひとつほしいとの祈り」 原田マハ   実業之日本社文庫   ★★★★

道後温泉で盲目のマッサージ師と出会ったコピーライターの文香。その人は、かつて令嬢と呼ばれるような生活を送っていたのだという。彼女の若き日の恋と、献身的に仕えてくれた女中との絆を聞いた文香は・・・。(「星がひとつほしいとの祈り」)

原田マハは好きな作家ですが、主に読むのは美術系の作品。それも、図書館で借りて・・・と、なんとなく決めています。ところが、これは書店でたまたま見つけて、買ってしまいました。帯のコピーに引かれたからです。

「人生の節目に何度も読み返したい一冊です!」

それなら、手元においてみようか、と。

収録されているのは、7つの短編。20代から50代まで、さまざまな年齢の女性が主人公。

2話目の「夜明けまで Before the Daybreak Comes」でやられました。シングルマザーとしてひかるを生み育ててきた母・あかりが死去。女優だった母は、奇妙な遺言をひかるにのこしていた。遺言どおり、ある町を訪ねると、そこには・・・という物語。それぞれに自分の思いを引き裂かれながら、懸命に生きてきた人たちの姿に、思わず涙してしまいました。

どの話の主人公も、何か思い通りにいかないぎくしゃくしたものを抱えていて、あるいは大きな喪失を抱えていて・・・ある人はそれをなんとか笑い飛ばそうとしていたり、ある人はそこで立ち止まってしまっていたり。それでも、過ぎていく日々の営みの中で見せる彼女たちの表情は、決して他人事とは思えないのでした。

そして、彼女たちにもたらされる、ほんの少しの救い。それが、こちらの心までふっと緩ませてくれる、そんな物語なのです。この感じ、どこかで知ってる・・・と思ったら、藤田香織さんの解説を読んで、「あっ!」と。「旅屋おかえり」でした。納得。

この短編集も、日本各地を舞台にしています。私が土地鑑があるのは、「寄り道」の男鹿半島・白神山地くらいでしたが。

たしかに、これは「何度も読み返したい」本かもしれません。

« 終りなき夜に生れつく | トップページ | 遺体 震災、津波の果てに »

原田マハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64939383

この記事へのトラックバック一覧です: 星がひとつほしいとの祈り:

« 終りなき夜に生れつく | トップページ | 遺体 震災、津波の果てに »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー