« ひとり吹奏楽部 | トップページ | 最良の嘘の最後のひと言 »

2017年3月 5日 (日)

ビブリア古書堂の事件手帖7

2545「ビブリア古書堂の事件手帖7」 三上延   メディアワークス文庫   ★★★★

栞子が奇妙な縁で関わることになったシェイクスピアの古書。栞子の家系にまつわる秘密を知ってしまった大輔は、栞子を必死に守ろうとするが・・・。

副題「栞子さんと果てない舞台」。シリーズ最終巻です。

前作で栞子の母の出生の秘密(?)が明らかになり、栞子と大輔の不思議な縁も明らかになり、いよいよ・・・という感じのクライマックス。今回は、シェイクスピア。しかも、栞子の祖父である亡き久我山尚大がからんでいる古書。そして、かつて久我山のもとで働いていた、怪しげな古物商・吉原が登場して・・・。

栞子と母・智恵子の真っ向勝負もあり、シリーズの今までの伏線がきれいに回収されていきます。

何がいいって、シリーズものとして長く続けられそうな題材なのに、きちんと終らせてくれたことです。そして、「古書にまつわるミステリ」というコンセプトを、最後まで守り通してくれたこと。

そして、ラストシーンは、やっぱり・・・そうですよね。こうでなきゃ。

というわけで、満足して読み終えました。作者にはスピンアウトの構想もあるようで・・・。それはそれで楽しみです。

« ひとり吹奏楽部 | トップページ | 最良の嘘の最後のひと言 »

三上延」カテゴリの記事

コメント

 まゆさん、終わってしまいましたね。ちょっと、感無量です。まだ、書いて下さるという事なので、それを楽しみにしたいと思います。
 シェイクスピアに関して、本当に、勉強になりました。それと同時に舞台も観たくなりましたね。やっぱり、演じる所までを見ないとシェイクスピアは理解出来ないかも。
 このシリーズで本当に沢山の本に関して知る所が大きかったです。また、太宰や江戸川乱歩宮沢賢治などについても再認識をする事ができました。梶山季之さんの「せどりや」の本を古本屋で見つけてびっくりしました。多分、このシリーズから、一般の人に知られる様になった本も沢山あったのでは、と思います。

 栞子さんや大輔くんだけでなく、いろんな人たちがとても、イキイキしている事を実感しています。大手の古書ショップに押されて、個人経営の古書店さんも大変だと思いますが、文化の担い手として頑張って頂きたいなと感じました。

まるさん、終わってしまいましたねえ。
1巻が出たのが2011年だったそうですから、約6年。
古書にまつわるミステリ・・・って、けっこう高いハードルだと思うのですが、
それを継続して、物語としてきちんと着地させたところに敬意を払いたいです。

このシリーズで、太宰治などに興味をもったり、
古本屋のあれこれを知ったという人も多いのかもしれませんね。
そういう意味でも、愛すべき物語でした。

こういう「古本屋さん」っていう感じのお店、なくならないでほしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64987678

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖7:

« ひとり吹奏楽部 | トップページ | 最良の嘘の最後のひと言 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー