« 遺体 震災、津波の果てに | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7 »

2017年3月 3日 (金)

ひとり吹奏楽部

2544「ひとり吹奏楽部」 初野晴   角川文庫   ★★★★

清水南高校吹奏楽部の面々は、いずれも曲者ぞろい。ふだんはチカとハルタに振り回されている、彼らの素顔は・・・。「ハルチカ」シリーズ番外篇!

カイユと1年生の後藤朱里の「ポチ犯科帳」、芹澤と前部長・片桐の「風変わりな再会の集い」、マレンと演劇部部長・名越の「巡るピクトグラム」、成島の「ひとり吹奏楽部」に、掌編「穂村千夏は戯曲の没ネタを回収する」の計5編。

普段は脇に回っているキャラが活躍するのが、スピンアウトの醍醐味ですが、シリーズ読者なら、これは読まずにいられないでしょう。どいつもこいつも、おもしろいったら。特に、芹澤×片桐はいい取り合わせ。

読まなくても本編には影響しませんが、シリーズファンにはやっぱり読むことをおすすめしたいです。

さくさく読み進めていて、最後の「ひとり吹奏楽部」にやられました。思わずうるっと。そうなんです。このシリーズ、そういうとこ、あるんですよね。そこが好きなんですけど。

どうやら新年度は頼もしい後輩が入ってきそうな気配だし(しかし、ひと騒動あるんだろうな)。シリーズの今後がますます楽しみになってきました。

« 遺体 震災、津波の果てに | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7 »

初野晴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/64965982

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり吹奏楽部:

« 遺体 震災、津波の果てに | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖7 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー