« 狂乱廿四孝/双蝶闇草子 | トップページ | 生きて帰ってきた男 »

2017年3月13日 (月)

葬儀を終えて

2548「葬儀を終えて」 アガサ・クリスティー   ハヤカワ文庫   ★★★★

「だって、リチャードは殺されたんでしょう?」・・・リチャード・アバネシーの葬儀を終えた後、末妹のコーラが放った一言。そして、翌日、コーラは死体となって発見された。ポアロが見出した真実とは。

名作との評価が高いということで、おおいに期待して読みました。そして、期待は全く裏切られませんでした。

クリスティの構成・描写の巧みさにうならされました。うーん、すごい。見事にしてやられました。そういうことか・・・。読み終えると、すべて納得できるのです。

最初は登場人物の人間関係が頭に入ってこず、冒頭の家系図を何度も見ながらでしたが、前半はエントウイッスル弁護士がうまく人物紹介をしてくれて、ポアロが登場する中盤以降はするすると物語の中に入っていけました。

リチャードは本当に殺されたのか? コーラを殺したのは誰なのか? 次々続く「事件」の犯人は? ・・・すべてがわかったときには、ちょっと鳥肌がたちました。

今まで読んだポアロものの中でも、一、二を争うおもしろさでした。

« 狂乱廿四孝/双蝶闇草子 | トップページ | 生きて帰ってきた男 »

海外の作家」カテゴリの記事

コメント

 まゆさん、この作品は地味かもしれないけど、私にとっても、クリスティの中で、ベスト3に入る作品です。「お屋敷ミステリ」の典型みたいだけど(笑)。
 伏線の張り巡らし方も回収の仕方も見事! 
 登場人物の描き方も一見、ステロタイプに見えて、奥深い感じがありますね。
 女性らしいきめ細やかな情景描写もいい。イギリスのコージ―ミステリって感じです。クリスティの幼い頃のお屋敷暮らしの記憶が生かされている感じかな。

 「バートラムホテル」「カーテン」でも、古き良き時代を懐かしんでいましたが、この作品でもそうでした。主に食べ物の事が出て来るのは、微笑ましくて、親近感を感じますね。

まるさん、おすすめいただいた本、やっと読めました。
期待に違わぬおもしろさでした。
いろんな意味で「やられた!」という感じです。
今まで読んだポアロものの中では、一番好きかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65010319

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀を終えて:

« 狂乱廿四孝/双蝶闇草子 | トップページ | 生きて帰ってきた男 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー