« 葬儀を終えて | トップページ | うた合わせ »

2017年3月17日 (金)

生きて帰ってきた男

2549「生きて帰ってきた男」 小熊英二   岩波新書   ★★★★

あるシベリア抑留者がたどった人生。それは、戦前・戦中・戦後の日本を映し出す鏡でもあった。筆者が父親の人生を取材することで、見えてきた「歴史」とは。

副題「ある日本兵の戦争と戦後」。第14回(2015年)小林秀雄賞受賞作。

予想と違う・・・それが、読みながらずっと感じていたことでした。もっとエモーショナルな書き方をされているのかと思っていたら、実に淡々と書かれているのです。意外でした。

それは、「生きて帰ってきた男」こと小熊謙二氏が、実に冷静に客観的に、ある意味冷めた目で現実を見ているからで、息子である筆者も、それに忠実であろうとしたからなのでしょう。

終戦まぎわに徴兵され、武器の一つも与えられずに満州へ送られた謙二氏は、そのままシベリアへ送られ、3年をそこで過ごします。徴兵されるまでの生活も決して裕福ではなく、兵隊としても落ちこぼれだった謙二氏は、「どん底」の生活を送るのです。シベリアから帰ってきてからも。

しかし、そこに変な悲壮感はなく、ただひたすら、生きるために働くわけです。いわゆる中産階級やインテリとかいう層とは全く無縁の、日本の庶民の多数派であっただろう謙二氏の生き方、ものの見方は、むしろ新鮮でした。そして、ものすごく腑に落ちました。きっと、大多数の人は、こんなふうに世の中を見ていたのかもしれない、と。

ここに描かれているのは、ドラマティックでもなんでもない人生です。しかし、その人生は、戦争によって大きく歪められたのは、事実です。淡々と語られる謙二氏の戦争に対する思い。それは、華々しく語られる物語よりも、重く響きます。これは、多くの人に読み継がれてほしい一冊です。

« 葬儀を終えて | トップページ | うた合わせ »

「あ」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65027689

この記事へのトラックバック一覧です: 生きて帰ってきた男:

« 葬儀を終えて | トップページ | うた合わせ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー