« 羊と鋼の森 | トップページ | 錆びた太陽 »

2017年4月 7日 (金)

スティグマータ

2556「スティグマータ」 近藤史恵   新潮社   ★★★★

ヨーロッパでサイクルロードレースの選手として走り続けているチカこと白石誓。華々しいタイトルとは無縁の、アシスト専門のクライマーとしてそこそこ認められているが、来期の契約は決まっていない。今シーズン、ツール・ド・フランスを走ることになったチカのもとに、かつての帝王・メネンコからある依頼が。ドーピングで王者の座を追われ、ブランクを経て復活してきたメネンコの頼みとは。

チカも三十歳ですか・・・。どうしても、まだ少年の面影を残していたチカのイメージのままなのです。あのチカが、ヨーロッパでそれなりに自分の居場所をつくって、レースを続けているのが、とってもいとおしい感じがするのも、そのせい。

さて、今回は、ドーピングで石持て追われた王者・メネンコが登場。チカたちが所属するチームのライバルとなるのですが、なぜかチカに奇妙な依頼をしてくる。いったい、彼の狙いは何なのか?という、ちょっとしたミステリテイストを感じさせつつ、レースが始まります。

いつもながらレースシーンの描写には引き込まれます。ロードレースが好きでも、ここまで臨場感のあるレースを描けるのって、すごい。そして、レースには、それぞれの選手の生き様が反映されているのも。とにかく次の展開が気になって、一気読みしてしまいました。

シリーズ第1作の「サクリファイス」のような衝撃はありませんが(あれは忘れられない)、チカたちレーサーの走る姿に魅せられました。

« 羊と鋼の森 | トップページ | 錆びた太陽 »

近藤史恵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65119840

この記事へのトラックバック一覧です: スティグマータ:

« 羊と鋼の森 | トップページ | 錆びた太陽 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー