« マカロンはマカロン | トップページ | ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン »

2017年5月28日 (日)

眠れない夜は体を脱いで

2585「眠れない夜は体を脱いで」 彩瀬まる   徳間書店   ★★★★

「あなたの手の写真をアップして」・・・掲示板でのそんな声に集まったさまざまな手の写真。そんな「手」の持ち主たちは、何を思っているのだろうか。

この本を読んだ人は、本と自分の手の写真をあげる・・・発刊からまもなく、ツイッターでそういう投稿が続いたことがあって、何?と思っていたのですが、そういうことでしたか。私は、自分の手は大嫌いなので、写真をあげるのは絶対嫌なのですが。

でも、「自分の手が嫌い」だけでなくて、自分のこういうところがどうしても好きになれない。あるいは、どこか世の中になじめない。生きづらい。そんなふうに感じている人は、意外に多いのかもしれない・・・と、これを読んで感じました。

「こうあるべき」というスタンダード。いつのまにかそう決められている価値観。そこからはみだしている自分を持て余していたり、あるいは生きていくためにイレギュラーな自分を封印していたり。

なんというか・・・ああ、私だけじゃないんだな、とホッとしました。そして、彩瀬さんは、ずっと「生きにくさ」を抱えた人たちを描いてきたんだなあ、と。

「小鳥の爪先」」「あざが薄れること」「マリアを愛する」「鮮やかな熱病」「真夜中のストーリー」の5編。おすすめです。

« マカロンはマカロン | トップページ | ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン »

彩瀬まる」カテゴリの記事

コメント

私も彩瀬さんをフォローしているので、発売当時、ファンの方が本と手の画像をアップしているのを見てました。当時は一体何ごと?と思いましたが、読んでみて納得しました(笑)

まゆさんがおっしゃるように「生きにくさ」を抱えた人たちのお話ですね。切り込みは鋭いけれど、優しさもあって、「生きづらい」と感じてしまうことは特別なことじゃないんだと教えてくれる気がしますね。

EKKOさんもご覧になってましたか。
ほんと、何事?ですよね、この本の内容を知らないと(笑)

彩瀬さんの書く物語は、あえて目をそらしていたいようなところに焦点をあてるので、
読んでてつらくもなるのだけれど、最後にはちゃんと優しく抱きとめてくれるような感じがして、好きですね。
これからもずっと追いかけ続ける作家さんだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65346934

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れない夜は体を脱いで:

« マカロンはマカロン | トップページ | ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー