« そして誰もいなくなった | トップページ | かわうそ堀怪談見習い »

2017年7月20日 (木)

メグル

2607「メグル」 乾ルカ   東京創元社   ★★★★

「あなたは行くべきよ。断らないでね」・・・大学の学生部であっせんしているバイトを、学生たちに強要する奨学係の女性。否応なしにバイトに送り込まれた学生たちが体験するものは・・・。

「ミツハの一族」がけっこうおもしろかったので、前から気になっていたこちらも読んでみました。

「ヒカレル」「モドル」「アタエル」「タベル」「メグル」の5話。H大学の学生部のちょっと不思議な職員に紹介されて(というか、無理やり押しつけられて)、仕方なくバイトに行く学生たちの物語。

ちょっと不思議設定のところはありますが、なぜ「行くべき」なのか、その理由を知りたくて、あっというまに読んでしまいました。

主人公たちの抱えている悩みや鬱屈には共感できるものが多かったし、それが解消されていく過程は心地よかったです。

ただ唯一、「すすめられないバイト」に行く話があるのですが・・・それはちょっと苦手でした。

« そして誰もいなくなった | トップページ | かわうそ堀怪談見習い »

「あ」行の作家」カテゴリの記事

コメント

 まゆさん、こんにちは。
 乾ルカさんは近頃、読み始めて、中々気に入っている作家さんです。
 ホラーでもファンタジーでもなく、乾いている様で、温かさや希望もある。入り組んだ一筋縄ではいかない魅力を感じます。
 私もちょっと生理的に駄目な話はあったかな・・・。でも全体にはどこか優しいトーンも感じる作品集でした。
 

まるさん、こんにちは~。
私も最近、「ミツハの一族」を読んで、うええ~?となって、この「メグル」も読みました。
ミステリなんだけど、独特の味わいがありますよね。
「メグル」も全体的にはいい話なんですけど、犬のえさやりのバイトの話はちょっと・・・。
「メグル」「ミツハの一族」は、時代は違えどH大学が出てきて、もう一作H大学ものが今度出るそうですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65561531

この記事へのトラックバック一覧です: メグル:

« そして誰もいなくなった | トップページ | かわうそ堀怪談見習い »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー