« 私のことはほっといてください | トップページ | スーツケースの半分は »

2017年7月28日 (金)

神さまたちの遊ぶ庭

2612「神さまたちの遊ぶ庭」 宮下奈都   光文社文庫   ★★★★

突然、北海道への移住を決意した宮下家。北海道のど真ん中、十勝・大雪山国立公園にあるトムラウシで一家五人で過ごした一年間を綴ったエッセイ。

あれ?宮下さんって福井の人だったよね? 今、北海道にいるんだ?なんでまた?・・・と、数年前に思ったことがあって。今回、これを読んで、その疑問は解けました。

北海道で暮らしたいという夫の熱意と、「おもしろそう」という子供たちの好奇心に負けて、北海道の山村に移住した宮下さん。自然の中での生活、子供たちの学校の話など、とにかくそこでなければ経験できなかっただろうあれこれが、ぎゅっと詰まっています。

宮下さんはとても柔らかい心の持ち主です。びっくりするような出来事に遭遇しても、それをふんわり受け止める。おもしろいなあ、いいなあ、と思ってしまう。それって、誰にでもできることではないと思うのです。宮下さんが経験したような生活を、受け入れられない人も世の中にはいるはずで。でも、宮下さんが、今、目の前にあるものをストンと受け入れるのを見ていると、ああ、そういうのって素敵だなと思えてくるのです。

私は、トムラウシの小中学校に似たような学校に赴任したことがあって、その時のいろんなことを思い出して、胸がいっぱいになりました。宮下さんがトムラウシを離れる場面は、涙があふれてしまって・・・。

文庫には、二年後の「それから」と、「あとがき」がついています。単行本で読んだ方は、ぜひ文庫も!!

« 私のことはほっといてください | トップページ | スーツケースの半分は »

宮下奈都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65618625

この記事へのトラックバック一覧です: 神さまたちの遊ぶ庭:

« 私のことはほっといてください | トップページ | スーツケースの半分は »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー