« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月 3日 (木)

茄子の輝き

2615「茄子の輝き」 滝口悠生   新潮社   ★★★★

離婚して、ひとり暮らしをしている市瀬は、職場の千絵ちゃんの愛らしさを愛でる日々を過ごしている。やがて、会社が倒産し、その職場もなくなり、千絵ちゃんも遠くへ行ってしまい・・・。

最近、ツイッターでやたらと見かけるので、読んでみました。芥川賞作家さんなんですね。

「お茶の時間」「わすれない顔」「高田馬場の馬鹿」「茄子の輝き」「街々、女たち」「今日の記憶」の連作6編と、短編「文化」を収録。

文章が、心地よいというのとはちょっと違う。微妙に間を外されるような感じがするのです。でも、読んでいるうちに、いつのまにかそのリズムにはまってしまっている・・・そんな感じでした。

東京の片隅で、ひっそりと生きている市瀬という人物の視点での日常。彼の生活に大きな事件はほとんど起こりません。たぶん、一番大きかったのは、離婚(結婚よりも)。時間がたっても、去っていった妻のことを思い出したり(そのくせ、妻の顔を思い出せなくなっていたり)、職場の千絵ちゃんをかわいいと思えることに救われたり。そんな気持ちのゆらめきを、淡々と記したような物語。

時間の経過とともに、人は変化していくし、記憶も風化していくものもあって、それは当たり前のことなのですが、その変化をじっと見つめているような、そんな物語たちです。

静かな物語なのだけど、不思議な磁力みたいなものがあって、読み終えてもしばらく、その力に囚われたままでした。

2017年8月 1日 (火)

アリス殺し

2614「アリス殺し」 小林泰三   東京創元社   ★★★

大学院生・栗栖川亜理は、不思議の国のアリスの夢ばかり見ている。不思議の国で誰かが死ぬと、現実世界でも呼応するように誰かが死んで・・・。そして、不思議の国ではアリスが殺人の容疑者に。もしアリスが死刑になったら、現実では? 亜理は、同じ夢を見ているという井森とともに、事件を調べ始める。

現実と「不思議の国」とを行ったりきたりしながら、それぞれの殺人事件の謎を解いていく・・・という、なんとも奇妙な設定のミステリ。でも、本格ものです。

ほとんどが会話で進行するので(しかも噛み合わない会話で)、けっこう疲れました。が、見事にしてやられましたよ。うわ!そういうことか!と。

ただ、グロいのとか、痛いのとか、そういう描写は苦手なんです・・・。最後はもうほんとに、「早く終ってくれ」と思いながら読んでました(涙)

「クララ殺し」も気になっているんですが、そっちは大丈夫でしょうか・・・?

« 2017年7月 | トップページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー