« 深泥丘奇談・続々 | トップページ | 学生を戦地へ送るには »

2017年8月31日 (木)

最愛の子ども

2627「最愛の子ども」 松浦理英子   文藝春秋   ★★★★

「舞原日夏 パパ    今里真汐 ママ   薬井空穂 王子様」・・・私立玉藻学園高等部二年四組の「わたしたちのファミリー」は、この三人によって構成されている。わたしたちは、三人を愛で、妄想し、時間を共有していた。

今まで敬遠していた作家さんなのですが、ツイッターで書評家さんたちの評価が高いので、おそるおそる読んでみました。

共学だけど、男子と女子にクラスが分かれている学校の高等部。日夏・真汐・空穂の三人を、「ファミリー」として愛でる少女たちの物語。日夏たちのことが語られるのだけど、それは「わたしたち」の妄想も混じっていて、どこまでが事実なのかわからない。ときにエロティックで、ときにせつなくて・・・。

「わたしたちのファミリー」の三人は、本当の家族とは何かしら断絶があって、それは本当にやりきれないのだけど、だから三人が結びついているわけではなく。純粋に、好きだし、かわいいと思って一緒にいる。それを、「わたしたち」は幸せな気持ちで眺めている。

「少女」と呼ばれるぎりぎりの年代の彼女たちがつくった、最後の楽園。そんな感じでした。自分たちの弱さや限界を知っているからこそ、自分たちでシェルターを作り上げているような。

それでも、シェルターは永遠ではなく。やがて彼女たちはそこを出て行くのですが。「わたしたちのファミリー」の記憶は、彼女たちを温めてくれるものになるんだろうな、と。最後の一文を読んだ時に、そう思いました。

« 深泥丘奇談・続々 | トップページ | 学生を戦地へ送るには »

「ま」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65740389

この記事へのトラックバック一覧です: 最愛の子ども:

« 深泥丘奇談・続々 | トップページ | 学生を戦地へ送るには »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー