« BUTTER | トップページ | 猫が見ていた »

2017年8月24日 (木)

夏の祈りは

2623「夏の祈りは」 須賀しのぶ   新潮文庫   ★★★★

高校野球の激戦区・埼玉県。県立北園高校野球部にとって、甲子園は「悲願」だ。今まで一度も手が届かなかった甲子園に向けて、白球を追い続けた野球部の姿を描くクロニクル。

帯のコピーに「感動の」とあったのでやめようかと思ったのですが、やっぱり気になったので買いました。

「敗れた君に届いたもの」「二人のエース」「マネージャー」「ハズレ」「悲願」の5話。昭和の終りから2017年にかけて、およそ10年ごとの北園高校野球部のクロニクル(年代記)。

もともと高校野球大好きで、高校を選ぶ基準も「甲子園に行けそうな学校」だった私には、ど真ん中ストライクな物語。なんというか、どの話も大好きなんですが、ちょっと変り種で印象的だったのが、第三話「マネージャー」。裏方に徹する女子マネの話・・・ではあるのですが、意外な展開が。そうか、そういう人もいるかもって考えたことなかったなあ、と。いい歳になった今だから、「そういうのもありだよね。いろんな立場から支えてるよね」と思えるけれど、若いときにそういう価値観を持てたかというと・・・? キャプテンの話、エースの話もいいけれど、こういうのもいいなあとしみじみ思えた話でした。

第四話「ハズレ」と第五話「悲願」は連続していて、北園野球部の歴史の大きな節目になります。これがもう・・・。私は高校3年の夏、甲子園に行かせてもらったのですが、そのときの野球部がやっぱり「ハズレ」の年と言われてました。下馬評にものぼらなかったチームがあれよあれよと県大会を勝ち抜いたときの感激を思い出しつつ、読み終えたときには思わず涙が・・・。

そして、この本が出た今年、夏の甲子園では、花咲徳栄高校が埼玉県勢初の優勝! こんなことってあるんですね。、

« BUTTER | トップページ | 猫が見ていた »

須賀しのぶ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65725402

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の祈りは:

« BUTTER | トップページ | 猫が見ていた »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー