« 斎宮 | トップページ | かがみの孤城 »

2017年10月11日 (水)

悪女の品格

2648「悪女の品格」 辻堂ゆめ   東京創元社   ★★★★

光岡めぐみは、三人の恋人に貢がせ、贅沢な生活を送っている。そんな彼女に降りかかる災難。監禁、薬物混入、そして・・・。めぐみのもとには過去の罪を告発する手紙が届く。いったい誰が? めぐみは婚活パーティーで知り合った大学准教授と共に、犯人探しにのりだすが・・・。

ずっと気になっていた作家さん。初読みです。

携帯電話会社社長を父に、有名女優を母にもつめぐみは、保険の外交員。自慢の美貌にものを言わせて、ノルマをこなすとあとは遊んで暮らす。金持ちの男たち三人とつきあっていて、彼らからもらった高価なプレゼントは、飽きると質屋で換金。子どもの頃から裏表が激しくて、常に「女王様」でいないと気がすまなかった。

そんな主人公が、いきなり監禁されるところから始まります。このあと、めぐみはさんざんな目に遭うのですが・・・まったくこりない彼女に同情する気には、これっぽっちもなれませんでした。どうやら小学生の頃にいじめられていた同級生の復讐では?ということになるのですが。

犯人は見当がつきましたし、犯行計画がけっこうずさんで、それでいいのかと思ったりもしました。が、犯人が明かされてからも意外な展開があり、そのへんはおもしろかったです。

めぐみは嫌な女なんですが、底が浅く、なぜか憎めないところもあり。まあ、彼女が歪んだ理由もわからないではないかなあ、と。ただ、いじめの被害者がそんなにわりきれるものかしら?という気はしました。

« 斎宮 | トップページ | かがみの孤城 »

「た」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/65911140

この記事へのトラックバック一覧です: 悪女の品格:

« 斎宮 | トップページ | かがみの孤城 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー