« コリーニ事件 | トップページ | オーパーツ 死を招く至宝 »

2018年5月10日 (木)

インフルエンス

2746「インフルエンス」 近藤史恵   文藝春秋   ★★★★★

「わたしと友達ふたりの、三十年にわたる関係は絶対あなたの興味を引くと思います」・・・ある読者から、小説家のもとに届いた手紙。あまり期待もせず、差出人・戸塚友梨に会った「わたし」は、奇妙な物語を聞かされる。それは、大坂のある団地から始まった。

息をつめるようにして、一気に読みました。最近、集中力が持続しないのですが、今回は最初から最後まで、本当に一気。そうせずにはいられない緊迫感にがんじがらめになりました。

同じ団地で育った友梨と里子。なんの屈託もなかった子ども時代、友梨は里子の秘密に気づいてしまうが、なすすべもない。中学から転校してきた真帆と友梨が親しくなると同時に、里子とは疎遠に。そして、三人はある事件に遭遇する。その時、それぞれがとった行動が、彼女たちの運命を絡め取っていき・・・。

ほぼ私が育った時代と同じなので、荒れる学校の様子とか、よくわかります(私の学校はここまでではなかったですが)。団地とは無縁の田舎育ちでも、雰囲気は想像できます。物語のベースとなる時代背景にシンクロしやすかったのが、のめりこむ理由の一つでした。

でも、それだけでなく。友梨、里子、真帆の三人の関係が、すごく理解できるというか・・・。ここまですさまじい状況でなくても、彼女たちの互いを意識する様子、嫉妬、愛着、そんなものは、誰もが感じたことのあるものだと思うのです。とんでもない形で、「つながり」を維持する彼女たちですが、その大元にある気持ちには共感できてしまうのでした。

そして、これを友梨たちを視点人物としてそのまま小説にするのも可能だったでしょうが、あえて小説家の「わたし」を聞き手として配置したのが、実にいいのです。同年輩の女性作家ゆえ、聞き手に選ばれた「わたし」。話を聞いているうちに、ある疑念がきざし、また意外な事実に突き当たります。戸塚友梨の真の目的を聞き、小説の構想を練りながら、こう結びます。

「傷つこうが、しくじろうが、失おうが、年を取ろうが、未来はいつだってわたしたちの手の中にあるのだ。」

この一文を読んだ瞬間、落涙しました。私自身、この年齢になった今だから、この言葉がすとんと胸に落ちたのです。

近藤史恵さんをずっとずっと読んできてよかった。よくぞ書いてくれました。そんな気持ちです。

« コリーニ事件 | トップページ | オーパーツ 死を招く至宝 »

近藤史恵」カテゴリの記事

コメント

丁寧なレビューに何度も肯きながら読みました。
まゆさんは近藤さんと同世代だったのね!
私はずいぶん年上ですが、田舎の団地住まいを経験しているので近しさを感じました。
学校は荒れていない時代でしたが、友梨、里子、真帆の三人を結びつけた感情はまさに普遍ですね。
実は、昨年暮れ半世紀ぶりに音信不通だった友人と再会しました。小学校時代に書いていた日記にいつも登場していたMちゃんの行方を知りたくてもずっと分からないまま。ひょんなことで居所が分り、即電話したら一週間後にわざわざ飛行機で飛んできてくれたのです。お互いの顔も随分変わっていましたが面影と話し方はそのままで、すぐ意気投合しました。時間を越えて人は繋がれると確信。今は疎遠を取り戻すかのようにラインやはがきで本や映画の話をしてますよ。

>「傷つこうが、しくじろうが、失おうが、年を取ろうが、未来はいつだってわたしたちの手の中にあるのだ」

そのことばを実感しています。
彼女にも勧めましたよ。

しずくさん、ご友人との再会…よかったですね。
現実は理不尽なこと・やりきれないことがあふれているけれど、信じられないような喜びや幸せも確かに存在するのですよね。
「未来はいつだってわたしたちの手の中にある」…今、この言葉の重みをかみしめています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンス:

« コリーニ事件 | トップページ | オーパーツ 死を招く至宝 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー