« 2018年マイベスト | トップページ | ホワイトコテージの殺人 »

2018年12月28日 (金)

日曜の午後はミステリ作家とお茶を

2839「日曜の午後はミステリ作家とお茶を」 ロバート・ロプレスティ 創元推理文庫 ★★★

「事件を解決するのは警察だ。ぼくは話をつくるだけ」と言いつつ、事件に遭遇し、謎を解く羽目になるミステリ作家のシャンクスが主人公の連作短編集。


北海道旅行のお供・その1がこれ。気軽に読めて、しかも短編なので、細切れに読むのにちょうどよかったです。

いかにもアメリカらしい、懐かしい感じすらするミステリ。中年のミステリ作家・シャンクスは、それほど売れっこでなく、ロマンス作家としてデビューした妻のコーラと二人暮らし。シャンクスの謎解きもさることながら、いわゆる「作家あるある」エピソードが楽しかったです。

「シャンクス、強盗にあう」「シャンクス、殺される」「シャンクスの記憶」などが好きでした。

訳者・高山真由美さんは、「重厚な長編のあいまに楽しめるような、あるいは疲れた日の寝るまえに読めるような、軽やかな読み物」を求めていて、シャンクスを探し当てたそう。まさに、そんな感じの作品です。

« 2018年マイベスト | トップページ | ホワイトコテージの殺人 »

海外の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92733/67537875

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の午後はミステリ作家とお茶を:

« 2018年マイベスト | トップページ | ホワイトコテージの殺人 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー