« 東の海神 西の滄海 | トップページ | 静おばあちゃんにおまかせ »

2019年7月19日 (金)

つる花の結び

2926「つる花の結び(上)(下)」 荻原規子   理論社   ★★★★

「源氏物語」のうち、玉鬘十帖を中心とした「中の品の女」たちの物語を集めたもの。「紫の結び(3冊)」「宇治の結び(2冊」に続いて、この「つる花の結び」2冊。計7冊で、「源氏物語」全五十四帖、完訳です。

刊行されてすぐ購入したものの、今まで積読・・・。ようやく手に取りました。

荻原版源氏を読むにあたって驚いたのが、この再構成の仕方でした。紫の上を中心とした本筋を「紫の結び」に。宇治十帖は「宇治の結び」。そして、脇筋の物語を「つる花の結び」としてまとめたのです。不勉強にして、こういう分類の仕方があったのを知らなかったのですが、こうすると実にわかりやすい。いつも話があっちこっち行ってる気がして、途中で脱落してしまうのが、こうすると私でも読めました。いや、むしろこの「つる花の結び」にまとめられた話は、こうすると実にわかりやすい。源氏の君が関わった女性たち(空蝉、夕顔、末摘花など)の話。その夕顔の娘・玉鬘の話。また、源氏の君の息子・夕霧の話。今まで煩雑に思えたこれらの話は、むしろ本筋から分離してやると、独特のおもしろさが感じられるのです。

要するに、これらは番外編・スピンアウト・アナザーストーリーといった扱いなのでしょう。だから、こういう読み方をした方が、わかりやすい。

そのせいか、登場人物、特に殿方の言動について、作者の視線はなかなか厳しいようです。私も読んでいてけっこうイライラしました(苦笑) 特に、玉鬘のくだりは以前から苦手で・・・。でも、それもかくやと思ったのが、夕霧です。幼なじみの雲居雁と結ばれて十年あまり。亡友・柏木の妻だった落葉宮に懸想して言い寄るのですが、これがなかなかひどい(苦笑) できることなら物語の中に入っていって、一発殴ってやりたいと思うほど。父親の源氏の君もひどいですが、真面目一方の夕霧の方が、物慣れない分、こじれるとにっちもさっちもいかなくなるようで。こんな人だったかと驚くやら、呆れるやら、でした。

でもきっと、今までたくさんの人たちが、こうやって呆れたり、笑ったり、共感して涙したりしながら読んできたのでしょうね。きっと、千年の昔でも、そういう感覚は大きく変わらないのかなと思ったりします。

自慢じゃないけど「源氏物語」は現代語訳でも読み通したことがない私ですが、これは読めました! 肩肘はらない優しい現代語訳で、とっつきやすいし、読みやすいので、おすすめです。

 

« 東の海神 西の滄海 | トップページ | 静おばあちゃんにおまかせ »

荻原規子」カテゴリの記事

コメント

十数年前になるでしょうか? 3年間ぐらい、仲間たちと数人で瀬戸内寂聴訳の源氏物語を傍らに置きながら原本と格闘したのが最後です。大学で古典を教えていらっしゃる先生を招いてだったのですが~。田辺聖子の新源氏物語を20代に読み興味を覚え、途中休んで子育てが終わり市民講座でと少しづつつなぎましたが、手前で止まったままです。たぶん理由は源氏物語の良さが分からなくなってしまったからでしょうね。読んでてイライラし出したのです。

荻原規子さんも書かれているのですね!荻原さんの著書「勾玉三部作」「西の善き魔女」は好きでしたが、「RDG レッドデータガール」でコケてしまいました(笑)
時間が取れれば「つる花の結び」も読んでみたいと思います。

しずくさん、お返事遅くなりました。ごめんなさい。

しずくさん、すばらしい!
私は
原典・訳本とも何度かチャレンジしましたが、通読できたものは一つもなく・・・。
読みきれたのは、漫画の「あさきゆめみし」だけです(笑)
荻原訳で、初めて読み通せました~。
確かに、この構成にすると、わかりやすさが倍増します。

「RDG」は、私も一度リタイアしましたが、その後数年経ってから、読破しました。
一度チャンネルが合えば、大丈夫でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東の海神 西の滄海 | トップページ | 静おばあちゃんにおまかせ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー