« 戦国24時 さいごの刻 | トップページ | 少年ゲリラ兵の告白 »

2019年8月10日 (土)

偽りの春

2931「偽りの春」 降田天   角川書店   ★★★★

詐欺グループの仲間が現金をもって逃亡した。グループのリーダーである光代のもとには脅迫状が。アパートの隣室の親子に情が移った光代は、今の生活を守るために、ある手段をとることを決意。無事に実行したと思った矢先、交番の「おまわりさん」に声をかけられ・・・。

 

第71回日本推理作家協会賞受賞の「偽りの春」を表題作にした連作短編ミステリ。副題に「神倉駅前交番 狩野雷太の推理」とある通り、かつて捜査一課にいた狩野が、ある事件をきっかけに交番勤務になり・・・という設定。かつて「落としの狩野」と呼ばれた刑事は、飄々とした風情で、犯罪者の心のすき間に入り込んでしまうのです。「鎖された赤」「偽りの春」「名前のない薔薇」「見知らぬ親友」「サロメの遺言」の五話。

受賞作の「偽りの春」が良かったので、期待して読みました。読者の読みの裏をかいていく展開の連続ですが、単なる着想の面白さにとどまらないのが、やはり狩野と、その部下の月岡みっちゃんの存在ですかね。食えない感じでとんでもなく鋭い狩野。常に冷静沈着で、狩野も一目おく「目」をもつみっちゃん。ベタな設定のようでいて、この二人の存在感が物語の中で実によく効いてくるのです。そして、狩野に何があったのかがラストできちんと明かされたのもよかったです。

執筆担当とプロット担当の二人によるユニットとのことですが、そういうの聞くと、エラリー・クイーンとか岡嶋二人とか思い出してニヤニヤしてしまいます。今後しばらく注目したい作家さんです。

 

« 戦国24時 さいごの刻 | トップページ | 少年ゲリラ兵の告白 »

「は」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦国24時 さいごの刻 | トップページ | 少年ゲリラ兵の告白 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー