« 約束の果て 黒と紫の国 | トップページ | うたうおばけ »

2020年7月31日 (金)

140字の文豪たち

3071「140字の文豪たち」  川島幸希      秀明大学出版会      ★★★★

「初版道」アカウントの文学ツイートと、それについての解説をまとめた一冊。太宰、芥川、中也、谷崎、三島などなど。


「初版道」さんをフォローしたのは今年になってから。以前からタイムラインに流れてきてはいたのですが、今年になってクイズ(景品あり)が始まり、参加しました。全然当たりません(苦笑)

いったい何者?と、最初は怪しんでいたのですが、肩書きは「日本近代文学研究者・元初版本コレクター・秀明大学学長」だそうです。

とにかく、誰もが知ってる有名な作家の意外と知られてない話や、文豪同士の交流に関わる話が、とにかくおもしろかったです。筆者が長年積み上げてきたものが、いろんな角度から垣間見え、意外なほど読みごたえがありました。

近年、文スト・文アル等の影響で文豪ブームみたいになってますが、ゲームやアニメに興味のない夫(近代文学畑)は、キョトンとしてます。ガチの文学部卒だからこういうのは受け付けないかな?と、恐る恐る説明したら、「そういうのをきっかけにして、若い子が作品を読んでくれたらいいね」。で、この本も買ってくれました。

私は作家に興味をもって、そこから作品を読み深めたいタイプなのですが、近代文学がすでに古典となった今、こういう形でのアプローチは増えるのかもしれません。

« 約束の果て 黒と紫の国 | トップページ | うたうおばけ »

「か」行の作家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 約束の果て 黒と紫の国 | トップページ | うたうおばけ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー