「な」行の作家

2019年5月27日 (月)

そこにいるのに

2903「そこにいるのに」 似鳥鶏   河出書房新社   ★★★

 

六年前、自宅で強盗に殺害された少女。その母に取材に行くと、日記が見つかったという。複雑な思いを抱えつつも、いいネタになる、と読み進めていくと・・・。(「六年前の日記」)

 

13のホラー短編集。冒頭の「六年前の日記」はアンソロジー「怪を編む」で読んでいましたが、その他は書き下ろし。長さもまちまちで、ショートショートから短編まで。でも、どれも読み応えがあります。

それはやってはいけない・・・と、どこかで警報が鳴っているのに、何かに引き寄せられるように「そちら」に行ってしまう。ほんの一歩のズレが、異界への入口になってします。そんな怖さ。

なんだかわからないけれど怖かったのは「二股の道にいる」と「視えないのにそこにいる」。それから、ちょっとホッとしたのは「帰り道の子供」。

似鳥さんの発想のおもしろさとストーリーテラーとしての力量を楽しめる一冊です。

2019年1月10日 (木)

食う寝る坐る 永平寺修行記

2844「食う練る坐る 永平寺修行記」 野々村馨   新潮文庫   ★★★

思い立って30歳で出家した筆者が赴いたのは、曹洞宗総本山永平寺。覚悟はしていたものの、想像を絶する異世界で、心身ともにぼろぼろになりながら過ごした修行の一年間を記録したノンフィクション。

これ、文庫化された当時からずっと気になっていました。岡野玲子「ファンシイダンス」が大好きだったので(笑) ただ、こちらはもちろん真面目な体験記なのだろうなあと、なんとなく読むのを躊躇してたのですが、北大路公子さんが書評で取り上げていたので、やっぱり読書リストに入れました。

それにしても、すさまじい。「ファンシイダンス」で予備知識はありましたが、あの漫画はかなり簡略化し、マイルドに描かれていたんだなあ、と。寺の跡取りでもなく、僧侶のあれこれの基礎知識もなく、いきなり総本山に飛び込むのは、こちらが想像する以上に大変だったのではないでしょうか。

ただ、感じたのは、だからこそ非常にフラットかつ新鮮な視線で雲水たちの行動を、永平寺という空間のあれこれを見られていたのかなということ。たぶん、お寺で生まれ育ち、日常の中に仏教が組み込まれている人たちとは、そこが根本的に違ったのでしょう。

自分にこんなことができるか?と問われたら、「無理です」と即答します(脱走者が毎年複数出るというの、よくわかる・・・)。

極限まで追い詰められた雲水たちがさながら地獄の餓鬼のごとくになり、自分たちの醜さをつきつけられる様が、なんだか忘れられません。そういうところを直視するのも、修行のうちなんだろうなあ。

2018年11月18日 (日)

飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編

2819「飛鳥むかしむかし 飛鳥誕生編」 奈良文化財研究所・編   朝日選書   ★★★★

なぜ飛鳥の地に古代国家が誕生したのか。考古学、古代史学、建築史学、万葉学、国語学、美術史学など、さまざまな角度から、「日本」誕生の謎に迫る。

歴史好きを公言しているわりには、中途半端な知識しか持っていないなあと痛感することが最近多く。だったら勉強しましょう、と。しかし、専門書は難しく、ちょっと手が出ないので、きちんと最新の研究も抑えた、とっつきやすいものはないか・・・と探していたら、これに行き当たりました。

朝日新聞奈良版に2013年から2016年にかけて連載されたものを2冊にまとめたものの、これが前編。学界の重鎮と、発掘調査に携わる若手研究者が執筆にあたったものだそうです。

なんとなくの知識しかなかったので、「そうだったのか!」というのがたくさんありました。さらにあれこれ調べならが読んだので、時間はかかりましたが、実におもしろかったです。

個人的には斉明天皇に興味があるので、彼女の時代の「石の女帝編」は特におもしろかったです。

同時に、世界史の知識が欠落しているので、東アジア情勢の話も勉強になりました。

後編の「国づくり編」も読みたいです。

2018年7月28日 (土)

彼女の色に届くまで

2775「彼女の色に届くまで」 似鳥鶏 角川書店 ★★★★

画廊の一人息子の緑川礼は、画家を目指している。それなりに才能はあると自負している礼だったが、高校生のときに、千坂桜と出会い、彼の世界は変わる。たまたま礼が巻き込まれた事件を、千坂が解き明かして以来、二人の距離は縮まり…。

「青春アートミステリ」って、私の好きなものをあれこれぶちこんだような…そんな都合のいい話が…と、おそるおそる読みましたけど、まさに好みの話でした。

絵が得意で画家を目指す礼が出会った桜は、とんでもない才能の持ち主。自意識の強い礼が七転八倒する展開ではあるのですが、ベタなようでいて、礼の思考パターンってちょっと面白い。なんというか…タフなんです。ウジウジしない。でも、ヒリヒリした焦燥感とかは伝わってくる。

巻き込まれ体質の礼はいろんな事件に遭遇し、その謎を解くのが千坂。礼はあくまでワトソン役なのですが、そのままでは終わりません。これ以上はネタバレにつき、自粛。

散りばめられた小さな「謎」や違和感が、最後にスルスルと解かれていく快感は、ミステリの醍醐味。そして、礼と千坂が自分の人生の方向性をどう定めていくのか、その過程を時間をかけて描写してくれたのが、とてもよかったです。

2018年5月 3日 (木)

にらみ

2743「にらみ」 長岡弘樹   光文社   ★★★

「にらみ」とは、刑事が公判を膨張し、被告人が供述を翻したりしないよう、無言で圧力をかけること。仮釈放中に保護司を殺害しようとした容疑で逮捕された保原。彼の取調べを担当する片平は、かつて保原の裁判で「にらみ」をしたことがあった。今回は、保原は自首しており、何も問題はないかに思えたが、片平は違和感を覚えていて・・・。

「餞別」「遺品の迷い」「実況中継」「白秋の道標」「雑草」「にらみ」「百万に一つの崖」の7編からなる短編集。

表題作「にらみ」が見事でした。犯人が自首していて、目撃者による面通しも完了。送検するのに問題はなさそうだけれど、取調べにあたる片平だけが違和感をもっている。果たして、保原は本当に犯人なのか。結末には驚かされました。いや、驚くことではないのですが、完全に盲点でした。小説だから成立する仕掛けですね。

あとは、「雑草」がおもしろかったです。中学校の陸上部に「練習がうるさい。トラック使用をやめさせろ」という投書が。さらに、草むしり中の部員が襲撃され、怪我を負うに至って、部員たちはある計画を進める。それは思わぬ「犯人」をあぶり出す・・・。さりげなく配置されたものが、のちに意味をもって立ち上がってくる構図が見事でした。

2018年4月29日 (日)

レジまでの推理

2741「レジまでの推理」 似鳥鶏   光文社文庫   ★★★★

書店員の超多忙な仕事の合間に、持ち込まれた謎を解く!? 本と本屋を愛するがゆえに、そんな過酷な業務を引き受けてしまう名物店長とバイトたちが奮闘する。副題「本屋さんの名探偵」。

書店を舞台にした日常の謎系ミステリといえば、大崎梢さんのシリーズが思い浮かびますが、これもまたおもしろかったです。似鳥さんは、「理由あって冬に出る」を読んだきりなのですが、ツイッターをフォローしていて、この作品の存在を知りました。

「町の本屋さん」に持ち込まれる奇妙な謎と事件。通常業務をこなしながら謎を解くのは、個性的なバイトの面々と、「西船橋のポップ姫」の異名をもつ店長。この店長、見た目は美人ながら、めっぽう口が悪く、店内の通常業務はバイトの青井に丸投げ状態。しかし、謎を解き明かす能力も随一で・・・。

「7冊で海を越えられる」「全てはエアコンのために」「通常業務探偵団」「本屋さんよ永遠に」の4話。本屋さんのお仕事を物語の中に落とし込んでいく見事さと、人をくったような注釈に笑いながら読んでいくうちに、すっかり罠にはまりました(笑) 

でも、最終話では、ちょっとだけウルッとさせられましたよ。ちょっとだけですけど。

田舎町では書店がどんどんなくなっていて、私も子どもの頃から十代にかけてお世話になった書店は、もう一軒も残っていません。去年は地元では一番大きな規模の書店がいきなり閉店するという、地元民にはかなりショックな出来事がありました。本が売れない、書店の経営が厳しいという言葉はよく聞きますが、本好き・本屋好きとしては、やはりなくなってほしくない場所なのですよねえ。

2018年4月 8日 (日)

教場0

2733「教場0」 長岡弘樹   小学館   ★★★

警察学校の鬼教官・風間公親。彼は、教官になる前は、「風間道場」という若手の教育システムに携わっていた。経験三ヶ月の若手刑事を県警捜査一課の風間のもとに送り込み、三ヶ月マンツーマンで指導してもらう。「指導官」時代の風間は、どのように若手を育てたのか。

「教場」シリーズの前日譚。エピソード「0」というわけで。

「仮面の軌跡」「三枚の画廊の絵」「ブロンズの墓穴」「第四の終章」「指輪のレクイエム」「毒のある骸」の6話。

やはり、風間は「鬼」でした(笑) 新米刑事に対して、プレッシャーかけまくり。これ、パワハラ案件では?というやりとりも(転属願いをちらつかせるとか、交番勤務からやり直せとか)。

それでも、誰よりも早く真実を見抜き、どうしたら犯人逮捕にこぎつけるのか、若い刑事をさりげなく導いてやる風間は、とんでもなく優秀な「教官」だということなのでしょう。

しかし、「道場」の門下生として抜擢された刑事さんたちに同情せずにはいられませんでした(苦笑)

2018年4月 2日 (月)

ウズタマ

2728「ウズタマ」 額賀澪   小学館   ★★★★

松宮周作、28歳。大手食品メーカーに勤める彼は、一つ年上の紫織と婚約中。ただ、紫織の娘の真結とはなかなか打ち解けられずにいる。父一人子一人で育った周作だったが、父は脳梗塞で倒れ、意識を失ったまま、病院にいる。父が倒れる前に渡された通帳には、三百万余りのお金が入っていた。そこに何かの秘密を感じた周作は・・・。

父が倒れたことで、「自分は独りだ」という思いに囚われている周作が、今まで知らなかった「事実」に直面する。病死したと聞かされていた母の死の真相。そして、記憶から消えていたもう一人の「家族」のこと。

周作の状況はなかなかハードで、そういう環境に置かれる人はそうそういないはずです。でも、周作の感じている「寂しさ」に共感できる人は多いのでは。だからこそ、周作の弱さも、葛藤も、決して他人事とは思えないのです。

後半は、ただもう泣きながら読みました。「血」でつながっていなくても、家族にはなれる。そんなつながりを、人は切実に求めている。周作たちのそれは、「正しい」あり方ではないかもしれないけれど。でも、共にあることが、彼らにとっても幸せなのでしょう。

読み終えて、表紙を見て、グレーのマフラーに涙が・・・。ふと裏表紙を見たら、そこに佇む人は紺のマフラーをしていて、またしても涙(苦笑) この表紙、すごくいいです。しばらく見入ってしまいました。

2018年2月 5日 (月)

劍岳<点の記>

2708「劍岳<点の記>」 新田次郎   文春文庫   ★★★★

日露戦争直後の明治四十年。前人未踏の地・劍岳山頂に三角点埋設の命を受けた測量官・柴崎芳太郎は、「登ってはいけない山」に挑むことになる。それは、設立まもない日本山岳会よりも先着することを求められていた。様々な困難と闘いながら劍岳に挑む柴崎たちは、ついに未踏峰の頂上に立つが、そこで目にしたものは・・・。

先日、ツイッターで「劍岳山頂で発見された錫杖と剣」の写真なるものを見ました。はるか昔に登頂したのであろう行者が残したもの、とのこと。さらに、この遺物発見のことは、「劍岳<点の記>」に書かれているというツイートもあり、俄然興味をもって、この本を取り寄せました。

測量官・柴崎芳太郎が地図作成のための測量を命じられ、それを成し遂げるまでを描いた小説。日本山岳会が登頂をねらっていると聞き、それに先着することを暗に上司から命ぜられた柴崎は、それでも入念な準備をし、信頼できる部下や人夫たちを得て、未踏峰に挑みます。

しかし、悪天候や想像を絶するような山の険しさが柴崎たちの行く手を阻みます。それでもひたすら忍耐強くチャンスを待ち、決してあきらめることのなかった一行の様子が、臨場感をもって描かれています。

「山岳小説の白眉」とありますが、それだけでなく、柴崎をはじめとする人々の謙虚で忍耐強い生き方に圧倒されました。誰一人、スーパーヒーローはいないのです。ただひたすら、自分たちがなすべきことを誠実にやってきただけ。それが、登るのは不可能と言われた山への登頂と成し遂げたのです。その場面は、思わず涙してしまいました。

しかし、錫杖の頭と剣が見つかったことで、はるか昔には開山されていたことが明らかになり、柴崎たちの偉業は上層部には評価できないものとなってしまいます。そのことに虚しさをおぼえつつも、自らの仕事を全うする柴崎の姿までを、この物語は描いています。

歴史に名を残さずとも、黙々と自分の役割を全うする人たちによって、世の中は支えられています。その努力や謙虚な営みを評価できる世の中であってほしいと強く願わずにはいられませんでした。

2017年9月30日 (土)

最後の秘境 東京藝大

2644「最後の秘境 東京藝大」 二宮敦人   新潮社   ★★★★

美術と音楽のエリートたちが集う東京藝大。その実態とは? 藝大生の妻をもつ筆者による、藝大リポート。副題「天才たちのカオスな日常」

これ、ずっと気になっていたのです。

芸術方面の才能は全くないため、余計に憧れるのです、そういう世界に。入試倍率が東大の3倍って、いったいどんな大学?と思ったら・・・想像を絶するものが。

奥様が藝大の「美校」の学生だという筆者が、実地踏査と学生・卒業生へのインタビューをもとにまとめたこの本。想像以上に濃い世界です。(初っ端の奥様のエピソードにまずびっくりさせられますが)。

「美校」と「音校」それぞれの特色、他の大学とは違う藝大ならではの特性、卒業後の進路などなど。素人が「芸術家」なるものへ抱くイメージの、さらに上を行く凄まじさに圧倒されます。「あれ?意外と普通?」と思うこともありますが、「いやいや、やっぱりすごいわ・・・」と。

こういう恵まれた環境(ハード面でもソフト面でも)で、4年間学べるって幸せなことだなあというのが、一番感じたことでした。もちろん、大変なことはたくさんあるのだけれど。自分がやると決めたことに没頭する時間が確保されてるって、大事なことですよね。

しかし、「藝祭」、行ってみたいぞ・・・!

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー