「は」行の作家

2020年6月20日 (土)

四神の旗

3054「四神の旗」  馳星周      中央公論新社      ★★★

藤原不比等の後継者たる四人の息子たち。武智麻呂、房前、宇合、麻呂。不比等の死後、彼らの前に立ちはだかるのは、皇親・長屋王。四兄弟は妹・光明子の立后、基皇子の立太子に奔走するが、兄弟間の不協和音が…。


初・馳星周です。馳星周ってこういうの書くの?と驚いたんですが。

藤原四兄弟は、悪役のイメージが強くて(長屋王の変のせいで)、そのわりに疫病で呆気なく退場しちゃった人たち…という認識だったのですが(苦笑)  ただ、倉本一宏「藤原氏」を読んで、のちの藤原氏の繁栄には四兄弟の存在は欠かせなかったとわかり、ちょっと興味をもったのです。で、彼らが主人公なら読んでみようか、と。

大雑把に言えば、藤原氏vs皇族なのですが、そこに橘三千代と息子の葛城王(橘諸兄)が絡んだり、聖武帝や光明子、さらには元明・元正上皇の思惑があったり、なかなか複雑…。ただ、四兄弟の区別はつくようになりました(苦笑)

場面が細切れで、視点人物がくるくる入れ替わるため、一瞬、誰の視点かわからないときがあったのが残念でした。

長屋王の描写はなかなか私のイメージに近かったですが、三千代や光明子がもう一つとらえきれなかったかな。彼女たちが時代のキーパーソンだと思うのですが。


2020年4月14日 (火)

鐘を鳴らす子供たち

3024「鐘を鳴らす子供たち」  古内一絵      小峰書店      ★★★★

戦後の混乱が続く昭和22年。良仁たちの小学校にラジオドラマ出演の話が舞い込み、良仁にも声がかかる。突然のことにとまどう良仁だったが、親友の祐介が参加するのにつられて、ドラマ出演することに。そうして、「鐘の鳴る丘」は始まった。


母がよく口ずさむ歌のひとつが

♪緑の丘の赤い屋根  とんがり帽子の時計台

で始まる歌で(おかげで私も覚えてしまった)。その歌に導かれるように、伯父(母の兄)と子供の頃のことを語り始める母に、幼かった私は不思議な気持ちになったものです。母もかつては子供だったということが、実感できなかったのですね。

親世代にとって何か大事なもの、という認識はあったものの、「鐘の鳴る丘」がいったいどんなものなのか、今までまるで知りませんでした。

これは、そのドラマの製作過程を描いたフィクション。主人公は、ドラマに出演した小学生です。なぜ、こんなドラマが企画され、素人の小学生たちに声がかかったのか。製作過程でどんな困難があったのか。大人たちの事情と、子供たちの思いと。「敗戦国」日本で、彼らが直面した現実と、それ故にこのドラマに込めた祈りとが、胸に迫ります。

フィクションは、「嘘」です。事実ではありません。それでも、人はなぜフィクションを欲するのか。

「放送劇は、物語は、きっと祈りなのだ。昨日よりも、今日よりも、明日はきっと幸せに」

主人公・良仁の言葉が、一つの答えかもしれません。



2019年8月10日 (土)

偽りの春

2931「偽りの春」 降田天   角川書店   ★★★★

詐欺グループの仲間が現金をもって逃亡した。グループのリーダーである光代のもとには脅迫状が。アパートの隣室の親子に情が移った光代は、今の生活を守るために、ある手段をとることを決意。無事に実行したと思った矢先、交番の「おまわりさん」に声をかけられ・・・。

 

第71回日本推理作家協会賞受賞の「偽りの春」を表題作にした連作短編ミステリ。副題に「神倉駅前交番 狩野雷太の推理」とある通り、かつて捜査一課にいた狩野が、ある事件をきっかけに交番勤務になり・・・という設定。かつて「落としの狩野」と呼ばれた刑事は、飄々とした風情で、犯罪者の心のすき間に入り込んでしまうのです。「鎖された赤」「偽りの春」「名前のない薔薇」「見知らぬ親友」「サロメの遺言」の五話。

受賞作の「偽りの春」が良かったので、期待して読みました。読者の読みの裏をかいていく展開の連続ですが、単なる着想の面白さにとどまらないのが、やはり狩野と、その部下の月岡みっちゃんの存在ですかね。食えない感じでとんでもなく鋭い狩野。常に冷静沈着で、狩野も一目おく「目」をもつみっちゃん。ベタな設定のようでいて、この二人の存在感が物語の中で実によく効いてくるのです。そして、狩野に何があったのかがラストできちんと明かされたのもよかったです。

執筆担当とプロット担当の二人によるユニットとのことですが、そういうの聞くと、エラリー・クイーンとか岡嶋二人とか思い出してニヤニヤしてしまいます。今後しばらく注目したい作家さんです。

 

2019年7月 5日 (金)

すみれ屋敷の罪人

2922「すみれ屋敷の罪人」 降田天   宝島社   ★★★★

旧紫峰邸から発見された二体の白骨体。果たしてそれは誰なのか。主人も娘の三姉妹も、上京したおりの空襲で亡くなったという。今は高齢となったかつての使用人たちが語るお屋敷での日々とは・・・。

 

推理作家協会賞(短編部門)を受賞した「偽りの春」がよかったので、これも読むのを楽しみにしていました。戦前の洋館を舞台にしたミステリ。優しい当主と、葵、桜、茜という美しい三姉妹。彼らに仕える使用人たち。医学を学ぶ二人の書生。そこにやってきた、顔に大きな傷のあるヒナという女中。もうこれだけで、わくわくしてしまうのですが。

物語は、白骨体の身元調査を依頼するメールから始まります。依頼を受けた西ノ森は、依頼者に指定された三人に聞き取りを行います。当時はまだ少女だった女中の栗田信子。信子より少し年少の使用人だった岡林誠。お屋敷の料理人だった山岸の娘・皐月。彼らは、紫峰邸での日々を懐かしく語りますが、そこには何かしらの不穏が・・・。さらに、出入りしていた家具職人の息子・広瀬竜吉からも、思わぬ証言が。

とにかく、予想外の展開というか、次から次へと新しい事実が披露され、息つく暇もない、という感じでした。決して長い話ではないのですが、なかなかの読み応えでした(これ以上長かったら、頭が混乱して投げ出していたかも)。

かと言って、ものすごく入り組んだ話という印象はあまりなくて、登場人物の動機を考えると、こうなったのは必然、というか。是か非かを考えるともちろん非なのですが。それでも、そういう人としての「非」に落ち込んでしまった弱さは、決して他人事ではない気がするのです。

2019年4月25日 (木)

柳は萌ゆる

2890「柳は萌ゆる」 平谷美樹   実業之日本社   ★★★

 

一揆が頻発する幕末の盛岡藩。譜代の家老・楢山家の嫡男茂太は、これからの世をつくるには百姓たち庶民の視点も必要だと考えていた。やがて楢山佐渡を名乗り、藩政に加わるが、黒船来航以来動乱期に入った世の中に盛岡藩も翻弄される。奥羽越列藩同盟、秋田戦争・・・東北諸藩を巻き込む嵐の中で、若き家老の選んだ道は。

 

個人的に勉強しようと思っているテーマの一つ、明治維新前後の歴史。特に、戊辰戦争から西南戦争あたりまでの経緯を、きちんと知りたいと思っているのです。で、幕末の南部藩の動向を調べていくと、キーマンとして必ず登場するのが、楢山佐渡。戊辰戦争終結後、藩の咎を背負って処刑されるのですが、この人物が気になってしょうがなかったのです。そしたら、岩手の作家・平谷さんが小説にしてくださったので、飛びついて読みました。

非常におもしろかったのは、当時の南部藩(というか、盛岡藩)の政治の行き詰まり感を描いていたことです。一揆が頻発したことからも、当時の庶民の暮らしの苦しさと、為政者への不信がわかろうというものですが、その辺をあますところなく描いています。もちろん、政をおろそかにしているわけでもなく、それなりに手は打っているのですが、その成果はなかなか出ず。さらに、当時の為政者側が庶民をどう見ていたかをあからさまに語らせる場面もあり、なんとも暗澹たる気持ちになりました。もっとも、当時は政治に庶民が関わるシステムもなく、当事者にもその意識はなかったでしょう。その時代に「百姓による世直し」を意識する茂太少年は、ちょっとできすぎな気もします。

その茂太は長じて藩政の中心となり、激動の幕末を奔走します。あの当時の盛岡藩の「顔」であったらしく、江戸へ、京へ、さらに戦闘の最前線へ。特に、秋田戦争については個人的に興味深く読みました(この顛末を知りたかったので)。

百年、二百年先を見る。そんな視線をもちつつ、今目の前にいる人々のために悩みながら走り回る佐渡は、決して英雄ではありませんでした。人として思い悩み、挫折もしつつ、一歩一歩進んできたその道のりは、決して輝かしい成果に彩られたものではなく・・・。それでも、そうやって重いものを背負って、決して人任せにせず生き抜いたその生き方に、為政者の一つの在り方が見えてくる気がします。

それにしても、あまりにも時代の変化が急激で混沌とし過ぎていて、それに対応しきれなかった「地方」の苦悩が伝わってきます。

2019年2月22日 (金)

夜汐

2863「夜汐」 東山彰良   角川書店   ★★★

文久三年。蓮八は幼なじみの八穂を吉原から身請けさせるため、やくざの賭場から大金をせしめた。その後、京にのぼり、新選組の一員となった蓮八に、報復として殺し屋の夜汐が差し向けられる。八穂からの文が届いた蓮八は、脱走を決行する。追手は、土方と沖田。新選組の手練と殺し屋に追われながら、八穂の待つ小仏峠へ向かう蓮八だったが・・・。

新選組には興味があるのですが、彼らをヒーロー扱いするのにはものすごく抵抗があるのです。東山彰良という作家と新選組の取り合わせが意外だったので、彼がどういうふうに描くのか、興味をもって手に取りました。

案の定、ひどい書き方でした(笑) 沖田も、土方も、近藤も。いい人なんかじゃないし、かっこよくもない。ただ、こんなふうに描かれています。

「自らの命を元手に伸るか反るかの勝負に出たのだ。じっと坐って、ただ滅び去るのをぼさっと待ってなんかいなかった。」

それがいいとか悪いとかでなく、ただ彼らはそう生きたのだ、と。

それは、蓮八も同じなのです。親にも捨てられ、底辺で生きてきた蓮八は、八穂のために悪あがきをします。あがいてあがいて、どうしようもなくて、ぼろぼろになりながら、それでも生きている。そんな蓮八の姿は、なぜだか現代の我々にも通じる気がするのです。

では、殺し屋の夜汐とは何者なのか。決して仕損ずることのない、正体不明の殺し屋。沖田総司ですら適わないと舌を巻く剣の遣い手。蓮八は、夜汐に捕らえられたはずなのに、意外な展開が待っています。

夜汐とは、死そのもの。人間誰しも逃げるすべのない死の象徴なのでしょう。いつかは夜汐の手に落ちるとわかっていても、私たちはあがき続ける。どれだけみっともなくても。

終章の余韻の深さが心に残りました・・・。

2018年11月21日 (水)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳

2822「活版印刷三日月堂 雲の日記帳」 ほしおさなえ   ポプラ文庫   ★★★★★

もはや時代遅れになった活版印刷で、自分は何をしたいのか。弓子がようやくたどりついた答え。しかし、そこに足を踏み入れるには、勇気と決断が必要だった。いくつかのめぐりあわせが、彼女の背を押して・・・。

シリーズ完結編は「「星をつなぐ線」「街の木の地図」「雲の日記帳」「三日月堂の夢」の4編。

前巻から弓子さんの周りにできてきた流れが、彼女をゆっくりとあるべき場所へ導いていく、そんな最終巻でした。

生きていると、こういうときってあるものです。何かのピースがはまるように、ピタッピタッとあるべきものが現れ、形になっていく。でも、それは弓子さん自身が、生きることになげやりにならなかったから、なんですよね。人とのかかわりを断ち切らずにいたから、ここに至ったのでしょう。恐ろしいほどの孤独を抱えても、一歩一歩、あるいてきた人なんですよね。

彼女の活字、印刷、本に対する思いには、心揺さぶられました。そういうふうに考えてもいいんだな、と。ちょっと救われました。

「雲の日記帳」は、ただただ涙が止まりませんでした。やはりこれも、私のめぐりあわせなんでしょうね。

表紙の美しさに惹かれて手にした物語でしたが、最後まで読んでよかったです。

2018年11月20日 (火)

活版印刷三日月堂 庭のアルバム

2821「活版印刷三日月堂 庭のアルバム」 ほしおさなえ   ポプラ文庫   ★★★★

川越にある小さな活版印刷所「三日月堂」。亡き祖父のあとを継いだ弓子の仕事は、徐々に軌道に乗ってきた。そんなある日、弓子が幼い頃に死んだ母の同級生が三日月堂に現れて・・・。

シリーズ第3作。「チケットと昆布巻き」「カナコの歌」「庭のアルバム」「川の合流する場所で」の4編。弓子さんの人生が転機を迎える巻です。

しばらく積読してたのを、ようやく手に取りました。客目線で語られるせいか、弓子さんという人物にイマイチ共感しきれずにいたのですが、3作目にしてようやく弓子さんが主役になってきた感じです。

女子高生・楓さんが初登場する表題作「庭のアルバム」もすごくよかったですが、やはり「カナコの歌」がとっても好きでした。カナコというのは、弓子さんのお母さん。小さい弓子さんを残して逝かなければならなかった彼女の残した短歌。そして、学生時代バンドを組んでいた友人たち。なんというか・・・自分の学生時代とオーバーラップしたのもあって、せつなくて、悲しくて。でも、とっても優しい気持ちになる話でした。

「川の合流する場所で」の後半は、盛岡が舞台。知っている場所が出てくると(しかも、それが物語の重要なポイント!)、テンション上がります(笑) 

今までも、人と人とのつながりがテーマではありましたが、この巻はそれがより鮮明に、具体的になって、弓子さんの人生を大きく動かしていきます。いろんな出会いが、思わぬつながりが、彼女をどこへ導くのか・・・。

ところで、ほしおさなえさん、私より年上だったのですね! もっとずっと若い方だとばかり思っていました。ちょっとびっくり。

2018年7月23日 (月)

鍬ヶ崎心中

2773「鍬ヶ崎心中」 平谷美樹   小学館   ★★★★

明治元年。盛岡藩領の宮古通鍬ヶ崎村は、藩有数の花街であった。その街で十五年、女郎として生きていた千代菊。彼女の運命を変えたのは、元盛岡藩士・七戸和磨。旧幕軍の榎本武揚に連れられて鍬ヶ崎に現れた和磨に身請けされる形になった千代菊は、足の不自由な和磨の身の回りの世話をするうちに、彼の心の傷に触れ・・・。年が明け、官軍と旧幕軍との宮古湾海戦が目前に迫ってきた。死に場所を求める和磨は、どうにかして旧幕軍の「回天」に乗り込もうとするのだが・・・。

地元の作家さんなのですが、読むのは初めてです。

タイトルを見て、恋愛ものか~と思って敬遠していたのですが、手にとって見たら、「会津」やら「宮古湾海戦」やら・・・それならちょっと読んでみようかと思う歴史オタク(笑)

幼いころに花街に売られ、楼で一番年かさの女郎になるまで働いてきた千代菊。それなりになじみの客はいるけれど、今まで一度も本気で男に惚れたことのない彼女の、初めての恋の相手が、浪士の和磨。しかし、彼はなりゆきで「身請け」した千代菊にも心を開こうとしない。それは、和磨が会津で見た地獄に原因が・・・。

若くして義憤に燃え、脱藩して会津に駆けつけた和磨。そのあまりのまっすぐさと紙一重の愚かさ(とは言い過ぎからもしれませんが)に、ほんと、イライラしました(苦笑) わかるよ、わかるけど・・・という。なんとかして和磨をこの世につなぎとめようとする千代菊を、全力で応援したくなりましたもの。

時代に翻弄されたといえばかっこいいですが、為政者や権力者の都合で、庶民の生活や命なんてどうとでもされてしまうもの。下々のことなんて考えもしない人たちのおかげで右往左往したり、命を奪われたり。そんな理不尽に耐えながら生きてきた人々の、せめてもの意地が心に残りました。

これはネタバレになるかもしれませんが。

タイトルで、「これはアンハッピーエンドか」と思って読み始めたのですが、意外な結末でした。いや、ハッピーエンドでもないのですが。まさかこんな終わり方をするとは思わなかったので、ちょっと驚きました。千代菊の行動は無茶なのかもしれないけれど。それでも、わずかな希望をもって歩き出したことに、救われる思いでした。

2018年7月14日 (土)

dele ディーリー

2768「dele ディーリー」 本多孝好   角川書店   ★★★★

黒に近いグレーゾーンの仕事で食いつないでいる真柴祐太郎が次に選んだのは、「死後、誰にも見られたくないデータを、その人に代わってデジタルデバイスから削除する」仕事。所長の坂上圭司に命じられるまま、依頼人の死亡確認等に走り回る祐太郎。そこには、人それぞれの思いが交錯していて・・・。

本多作品を読むのはものすごく久しぶりです。ドラマ化されると聞いて、好奇心で(笑)

こういうのって、実際にありそうな仕事ですよね。自分の死後、いろんなデータを処分したいと思う人は多いのでは。前もって準備ができるならいいけれど、突然の死だったりしたら・・・。それを、遠隔操作でデリートしてもられるって、なかなかありがたい仕事だなあ、と。

というお仕事をしている坂上圭司のもとにやってきた真柴祐太郎の視点で物語は進みます。「ファースト・ハグ」「シークレット・ガーデン」「ストーカー・ブルース」「ドールズ・ドリーム」「ロスト・メモりーズ」の5話からなる連作ミステリ。

祐太郎はなんだかふわふわしていて頼りない若者だし、雇い主の圭司は偏屈だし、基本的にはかみ合わない二人なのですが・・・。「死」に直面した依頼人の、あるいは家族の生き様や葛藤につい首をつっこんでしまう祐太郎に引きずられるように、さまざまな人生が浮かび上がってきます。強い信念をもって依頼を遂行する圭司と時に衝突する祐太郎ですが、彼もまたやるせない思いを抱えていて・・・。

大切な人の喪失、その哀しさを描くのが本多さんはとにかく上手いのです。さらりと描かれているようで、ものすごく胸に迫る場面があって。「ストーカー・ブルーズ」「ガールズ・ドリーム」が特に好きでした。

まだ圭司の側の事情が明らかになっていませんが、続編があるんでしたっけ? そちらも読んでみようと思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー