村山由佳

2019年4月13日 (土)

猫がいなけりゃ息もできない

2885「猫がいなけりゃ息もできない」 村山由佳   集英社   ★★★★

軽井沢で五匹の猫と暮らす村山さん。その中でも最年長17歳の「もみじ」は、彼女が生まれたときからずっと一緒。ところが、もみじに悪性の腫瘍が見つかり・・・。もみじが天に召されるまでのエッセイ。Web連載したものを書籍化。

 

泣くとわかっている本を読むのは好きではないのです。これは、連載も読んでいたし、ツイッターでももみじちゃんの発病から亡くなるまでの一連の動向は追っていて、その当時もかなり泣いたので。読んだらまた泣くだけやん・・・と思いつつ、読んでしまいました。

実家の初代猫、二代目猫はもう天国へ逝ってしまいましたが、その猫たちが亡くなる間際のあれこれとか、思い出さずにいられず・・・。状況が違っても、大切なものを失う経験をした人には、刺さります。でも、村山さんは、もみじちゃんへのあふれるほどの愛情を描きつつ、そのときどきの情景や想いを、丁寧に書き綴っています。さすが物書きだなあと感心したり。

今回、一番泣いたのは、あとがきでした。実は、この本を読む直前に、村山さん家にまた新入り猫さんが来たことを、ツイッターで知りました。まるでもみじちゃんの生まれ変わりのようにくつろいでいる姿を見て、「もみちゃん?」とつぶやいてしまったほど(見た目は全く違います)。そのうえで、このあとがきを読んだら、もう・・・。

やっぱりいいなあ、猫。

 

2018年8月12日 (日)

風は西から

2782「風は西から」 村山由佳 幻冬舎 ★★★

大手居酒屋チェーン「山背」に就職した健介は、店長として配属されてまもなく、自ら命を絶った。恋人の千秋は、健介の辛さを理解できなかった後悔に苛まれつつ、健介の両親と共に大企業「山背」と闘う決意を…。

ブラック企業という言葉が定着して久しいですが、どこがどうブラックなのか、これを読むとよくわかります。特に、健介が亡くなるまでの経過は、胸が苦しくなりました。どんなふうに追いつめられ、どんなふうに心を折られ…。人に対する敬意のなさが、いかに非人道的な行いにつながるのか。

健介視点と千秋視点と、それぞれ描かれることで、追いつめられていく本人と、それに気づけない周囲という、その落差がリアルに感じられました。

前半が濃密だったわりには、後半の三年間がちょっと駆け足だった気がします。「山背」社長をはじめとする幹部たちのひどさはわかりましたが、千秋たちの闘争が意外と順調に進んだような印象でした。

もう少し、千秋自身の葛藤が読みたかった気がします。

2018年4月21日 (土)

2738「嘘」 村山由佳   新潮社   ★★★★

14歳の夏。仲間のために罪を犯した彼らは、一生その秘密を守り抜こうと決める。あれから20年。大人になった彼らは、いまだにあの鎖に縛られて・・・。

久しぶりの村山由佳です。最後に読んだのが2009年! 一時期どっぷりはまっていたのですが、すっかりご無沙汰していました。

中学2年のとき、たまたま同じ班になった美月、秀俊、陽菜乃、亮介。親密度が増し、淡い思いを寄せ合うようになった矢先、起こった事件。そして、許されない罪を犯した彼らは、その秘密を守って生きることに。

生まれ育った環境も、性格も全く異なる四人。十代で彼らを襲った嵐に翻弄されて、その後の生き方まで歪になってしまった彼らに訪れた大きな転機。ドラマティックな展開は、村山さんの得意とするところですが・・・すさまじかったです。

強さももろさも併せ持った美月たちそれぞれの造詣が、とても印象的でした。四人の中で一番嫌なやつの亮介も、なんというか憎みきれず。秀俊への強烈な劣等感とか、想像できてしまうのです。

怒濤の展開ののちに、凪のような穏やかな光景で幕を閉じるのですが、本当にこれで終わりなのだろうか・・・と思わずにはいられません。陽菜乃の中の思いは、本当に封印されるのだろうか。いつか、それがあふれ出す瞬間、また美月も秀俊も、嵐の中に放り出されるのでは・・・。

「過去は、消せない。」 この言葉が重かったです。東野圭吾「白夜行」を思い出しました。

2009年11月17日 (火)

約束

1421「約束」村山由佳    集英社    ★★★★

田舎の町の小学生四人組。ヤンチャ、ノリオ、ハム太、そしてワタル。ある日突然、ヤンチャが原因不明の病気で入院。ワタルたちは、ヤンチャを助けるために、タイムマシンを作ろうとする。

これも読書感想文指導用。
村山さん、久々に読みました。

すごく悲しくてせつない話なんだけど…すごく好きです。少年たちの純粋な思いと、「その後」が。

読んでて、ちょっと涙ぐんでしまいました。

はまのゆかさんの挿し絵が、とてもよいです。

2008年4月23日 (水)

ヘヴンリー・ブルー

1285「ヘヴンリー・ブルー」村山由佳    集英社    ★★★

 夏姫が恋をした歩太は、姉の春妃を愛した。そして、夏姫の心をズタズタにしたまま、春妃は死んでしまった。「天使の卵」と「天使の梯子」を夏姫の視点で結ぶアナザーストーリー。

 たぶん、夏姫視点の物語が書かれることを、どこかで予想していた気がします。だから、これが刊行された時、ああやっぱり…と思いました。
 もともと、春妃より夏姫の方に共感していたので、彼女の内面は描いてほしかったのです。ちょっと物足りない気もしますが、これ以上書きすぎても嫌みなだけかもしれません。
 これでやっと、シリーズが完結したなという感じです。

2007年10月27日 (土)

天使の梯子

1204「天使の梯子」村山由佳   集英社文庫   ★★★★

 慎一は、高校時代憧れていた担任の夏姫に偶然再会した。八歳年上の彼女に、どうしようもなく惹かれる慎一。夏姫もそれを受け入れてくれたが、夏姫には忘れられない男がいるらしい。不安と焦燥に駆られる慎一は・・・。

 ものすごく久しぶりの村山由佳です。「天使の卵」の10年後を描いた続編。あの時、彼氏・歩太を8歳上の姉に奪われた夏姫が、今度は8歳下の男性に愛される・・・という物語。

 読んで、納得しました。これは、書かれるべくして書かれた物語なのだ、と。「天使の卵」は、とても美しく完結した物語でしたが、歩太のため、夏姫のためには、「天使の梯子」jは必要な物語でした。

 私はもともと、村山由佳の描く女性は、春妃タイプよりも、たくましい夏姫タイプが好きだったので、夏姫のことはずっと気になっていたのです。だから、夏姫が本当に解放されたクライマックスは、とてもよかったです。時間がたったからもういいんだ・・・ではなくて。夏姫が春妃や歩太のことを憎む気持ちも肯定した上で、そこを乗り越えるというのが、すごく納得できました。子どもみたいに泣きじゃくる夏姫といっしょに、思わず泣いてしまいました。

 そんなんできすぎ!と突っ込みたくなるような、ドラマティックな展開は相変わらずですが、それでも、村山さんが「書きたいものを書いている!」というエネルギーを感じるのです。そして、以前に比べると、地に足が着いたというか・・・ああ、村山さんも大人になったなあと(えらそうにすいません)、思った一冊でした。

2005年7月10日 (日)

坂の途中 おいしいコーヒーのいれ方Ⅶ

822「坂の途中 おいしいコーヒーのいれ方Ⅶ」村山由佳   集英社文庫   ★★

 念願の一人暮らしを始めた勝利。これでかれんとの仲も進展して、なにもかもうまくいく・・・はずだったのに。何もかもうまくはこばず、イライラする勝利。そして、とうとうバイト先で大失敗をしてしまい・・・。

 とうとう7巻。しかし、進展しませんねえ。
 今までわりと好意的に読んできましたが・・・すいません、私の方がイライラしてきました。今日はコンディション最悪なので(ブログ参照)、優しい気持ちで読んであげられないというのもありますが。
 若い、といえばそれまでですが、あまりにも自分中心な勝利やかれんに、ほんとにイライラ。勝利の原田先輩に対する態度なんて、何様なの、あんた!って感じです。
 そして、今回のトドメは星野りつ子。わかるんだけどね、報われない恋がつらいってのは。今までは、かれんより共感できました。でも、ごはんが食べられなくなって、貧血起こして倒れて、さらに勝利に泣きながら謝ってみたり、「なんで私じゃダメなの!」とわめいたり。そこまでいくと、ひいちゃうんですけど。
 う~ん。ここまで読んだら、続きも読まずにはいられないんですが、なんというかちょっと疲れてきたかなあ。

さくら > あ~出てたんですね!気づきませんでした~。でも・・前作でもイライラきちゃってましたから、まゆさんの感想で読む気かなりダウンです~。想像ついちゃうし・・でも買っちゃうんだろうな~。 (2005/07/11 10:06)
まゆ > さくらさん、けっこうきてましたもんね。私は前作まではかろうじて持ちこたえてましたが、7巻にして星1個減らしちゃいました。りつ子に共感できなくなったのがトドメでしたね。 (2005/07/11 20:41)

2005年1月31日 (月)

夜明けまで1マイル

736「夜明けまで1マイル」村山由佳   集英社文庫   ★★★

 憧れのマリコ先生と不倫をしている大学生の涯。
 幼なじみでバンド仲間のうさぎは、うまく恋ができず傷ついてばかり。
 それぞれに壁にぶち当たりながら、少しずつ前へ進んでゆく・・・そんな不器用な二人の物語。

 久しぶりに村山由佳を読んだなーって感じです。
 私が分類するところの、「若い」系の物語(これは、主人公が大学生ということだけではありません)。
 なんというか、展開が次々に読めてしまうのです。村山さんには失礼ですが、ひと昔前の少女漫画という雰囲気で。
 最初はあんまり話に入れませんでしたが、涯たちがジタバタしだしてからはけっこうおもしろかったです。うさぎの気持ちはちょっとわかる気がしたし。私も見た目はともかく、性格が「女の子っぽくない」とよく言われて、そういうのでかなり自己嫌悪に陥ったり・・・あの頃は若かったなあ(遠い目)
 ただ、涯やうさぎに同化するというよりは、「ああ、こんなこともあったな」「そういう時期ってあるよね」という感じで、過ぎし日を懐かしむ気分で読んでしまったのが悲しかった(笑)年をとるってこういうことですね。

2004年6月20日 (日)

遠い背中 おいしいコーヒーのいれ方Ⅵ

537「遠い背中 おいしいコーヒーのいれ方Ⅵ」村山由佳   集英社文庫   ★★★

 かれんの両親が海外赴任から帰ってくる。ショーリは花村家を出て、一人暮らしをすることを考え始める。ふたりだけの場所を確保するために。そして、かれんにふさわしい自立した男になるために。

 ショーリとかれんのじれったい恋も、とうとう6巻まできました。が、例によって進展はあまりありません(笑)
 だんだん自分でもよくこれにつきあってるなあって気がしてきましたが、進展しないわりには山あり谷ありで、しかもキャラがけっこう好きなので、ついつい読んじゃうんですよね・・・。
 でも、恋愛の中でこういう時期って、けっこう楽しいというか、幸せな時じゃないかなあという気がします。いや、ショーリにとっても拷問かもしれませんが(笑)
 今回はマスターが語り手の番外編が入っていて、ひそかにマスターファンの私はうれしかったです。かなりせつなかったけど。

さくら > わ~出たのですね!う~~ん・・やはりまだまだ進展なしですか・・段々読むのが苦痛になってきてるんですよね~このシリーズ。 (2004/06/21 17:58)
活字嫌い > おもしろいですよね~おいコーシリーズ。
なんというか、毎巻毎巻ひじょーにもどかしい(笑)
進展がないのはあれですが、私も登場人物が好きでやめられずに読んでいます・・。
そして、文庫版は刊行が遅いのでJBOOKS版まで読んでしまっています^^; (2004/06/21 19:41)
まゆ > さくらさん、出ましたよ~。相変わらずの二人ですが(苦笑) 最近はもう初めからあんまり期待しないで読むようになっちゃいました。
活字嫌いさん、もどかしいんですけどね、ついつい読んじゃうんですよね。ゆっくりとではありますが、確実に文庫化されてるので、JBOOKSに追いつきそうだ・・・と、あとがきで村山さんがあせってました。 (2004/06/21 23:26)
みか > 私もこのシリーズ好きです。こんなに続くと思ってませんでした。確か、ラジオドラマでやってたはずです。私は聞いてないのですが、うちの兄が聞いたらしく、本を読まない兄がなんでこれを知ってるんだとびっくりしたら、ラジオでやってたって言ってました。 (2004/06/22 00:38)
まゆ > どこまでも続きそうで、ちょっと怖い気がする今日この頃ですが、終わってしまうのも寂しいですね。ラジオドラマになったんですか。全然知りませんでした。 (2004/06/22 21:09)

2004年5月16日 (日)

すべての雲は銀の・・・(上・下)

517「すべての雲は銀の・・・(上・下)」村山由佳   講談社文庫   ★★★★

 恋人を兄貴にとられた祐介は、信州菅平の宿「かむなび」で働き始める。東京でのすべてから逃げてきた祐介を迎えたのは、厳しく美しい自然と、個性的な人々。けれど、彼らもまた痛みを抱えているのだった。

 上巻だけ読んで寝るつもりだったのが、どうしてもやめられなくなって、夜中の2時までかかって下巻まで一気読み。高村薫に比べてなんて読みやすいことか(笑)
 それにしても、どうしてこんなに村山作品に心揺さぶられるのだろう。ずっとそう思いながら読んでいました。
 いろんな登場人物たちのそれぞれの思いに、すごく共感してしまったのです。
 信じていたものに裏切られ、彼らを恨むだけじゃなく、信じていた自分を責めてしまう祐介。
 自分には何の力も才能もないのじゃないかと悩む花綾。
 人前ではつっぱって強がっている美里。
 寂しいくせに絶対それを認めない瞳子さん。いい子でいようとするばかりに不登校になってしまった桜ちゃんと、彼女を追いつめることしかできなかった母親の智津子さん。
 彼らのそういうところが他人事とは思えなくて、いちいち自分の痛みのように胸に刺さってきました。そして、そんな彼らが一人として否定されていない物語世界のあたたかさにふれて、下巻の後半はもう泣きっぱなし。
 ヒリヒリと痛いんだけど、それを包み込むようなあたたかさに満ちたこの物語は、読んでいて本当に癒されるような気がしました。
 最近、農業とか自然の大切さ、絶対的な正しさみたいなものをすごく感じているので、信州での生活で祐介が叩きなおされていくっていうの、すごくわかります。
 うちの学校には農園があるので(小さいけど)、自分たちで土を耕して、作物を植えて、世話をして、収穫して食べるっていうの、すごく自然なことだし、これやってると、生徒も私も元気になってくるんです。自然のもつ力ってすごいなあと思うのです。

トントン > ちょうど図書館で見つけて借りてきています。村山さんの小説はあまり読んだことがないので楽しみです♪ (2004/05/16 19:19)
まゆ > これは読みやすいと思いますよ。ちょっと長いですが。オトナの目で読んじゃうと、祐介にイライラするかもしれません。私は思いっきり共感しちゃいましたけどね。 (2004/05/16 23:20)
さくら > いいですよね~。私もかなりハマリました!年齢的にも色々状況合わせても瞳子にかなり感情移入しちゃって、頑張ってる姿と精一杯強がってるとことに涙しました。挫けそうな時にも一生懸命ポジティブな自分でいようとする人にとても憧れます。 (2004/05/16 23:44)
すもも > 読んだ後、とてもすっきりした気分になりました。村山さんの文体は柔らかで、わかりやすくて好きです。 (2004/05/17 09:50)
まゆ > さくらさん、私はいろんな登場人物に自分と似たとこを探していました。唯一謎だったのが園主だったのですが、最後の最後でかわいいなあと思ってしまいましたよ。
すももさん、これは読後感がよいですね。村山作品は小難しくないところが気にいっています。 (2004/05/17 19:51)

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー