北村薫

2017年3月19日 (日)

うた合わせ

2550「うた合わせ」 北村薫   新潮社   ★★★★

北村薫がテーマごとに選んだ現代短歌50組100首。それらに関わる随想。「北村薫の百人一首」です。

短歌からはなんとなく遠ざかっていて、現代短歌はほとんど知らない私ですが、たいへんおもしろく読みました。

冒頭に掲げられた一組の短歌だけでなく、そこから広がる世界がもう果てしなく広くて、深くて。北村先生の「謎解き」を堪能いたしました。

一気読みしてしまうのはもったいなくて、少しずつ少しずつ読んできましたが、とうとう終わり。でも、巻末の穂村弘・藤原龍一郎との鼎談を読むと、また始めに戻って読み返したくなります。

2016年10月 8日 (土)

遠い唇

2476「遠い唇」 北村薫   KADOKAWA   ★★★★

学生時代のコーヒーにまつわる思い出。それは、不思議な暗号が書かれた葉書。それが解読できたとき、わかったこととは・・・。

「遠い唇」「しりとり」「パトラッシュ」「解釈」「続・二銭銅貨」「ゴースト」「ビスケット」の7編を収録した短編集。あとがきによると、「謎と解明の物語」を集めたもの。

一番印象的だったのは、表題作「遠い唇」。暗号ものですが、物語としての味付けがとても素敵でした。そして、コーヒーが飲みたくなりました。

おおっ!と思ったのは、「ビスケット」。あの名探偵・巫弓彦が18年ぶりに登場します! 物語の中でも18年の時間が流れ、それはある残酷な事実を私たちにつきつけますが・・・。それでも、私は久しぶりに巫と、姫宮あゆみに会えて、すごく嬉しかったです。ちなみに、こちらはダイイング・メッセージもの。

それから、「解釈」は笑ってしまいました~。まさか、あの名作がそんなことに・・・(笑) 一番ウケたのは、「セリヌンティウスの人間以外の友人」でした。

2015年10月17日 (土)

中野のお父さん

2368「中野のお父さん」 北村薫   文藝春秋   ★★★★

体育会系な文芸編集者の田川美希が、出版業界で出会う謎の数々。それを見事解き明かしてくれるのは、定年間近の高校国語教師である美希の父。美希は今日も謎をかかえて、中野の実家へ足を運ぶ。

北村さんの新作は、「日常の謎」もので、ご自身をほうふつとさせる「高校国語教師」のお父さんが探偵役です。もっとも、本や出版等にまつわる謎がほとんどで、博識なお父さんが、その知識をもって娘に謎を解いてやる・・・という、ほんわかミステリ。

「夢の風車」「幻の追伸」「鏡の世界」「闇の吉原」「冬の走者」「謎の献本」「茶の痕跡」「数の魔術」の連作8編。

個人的に好きだったのは、「夢の風車」と「幻の追伸」、「闇の吉原」、「謎の献本」あたりでしょうか。

特に、「夢の風車」にはどきりとさせられました。こんなふうに書いちゃうと、「北村薫」も実は・・・なんて想像してしまいそうで。ニヤリとしている北村さんが目に浮かぶようです。(内容については、自粛。ミステリなので、ネタバレはいけません)

益田ミリさんの表紙絵も、物語の雰囲気にぴったりです。

2015年8月17日 (月)

書かずにはいられない

2343「書かずにはいられない」 北村薫   新潮社   ★★★★

「読まずにはいられない」の後、1990年から2005年までのエッセイ集。「身辺探索」「読書」「記憶の発見」の3部。

つくづく、北村さんの文章は、読んでいて心地いい。エッセイなので、一つ一つはすごく短いのですが、それぞれがきれいにまとまっていて、満足感があります。言葉の使い方もとても意識的で、無駄がないので、もやっとすることがないのです。

読み終わるのはもったいないなあと思いつつ、少しずつ読み進めるのは、至福の時間でした。おおげさでなく。

2015年8月 1日 (土)

読まずにはいられない

2334「読まずにはいられない」 北村薫   新潮社   ★★★★

1978年から2001年までに発表された、北村薫のエッセイ集。「読書」「自作の周辺」「日常の謎 愛しいもの」の3部。

エッセイとはいえ、文庫の解説や全集の内容・作者紹介などなど。とっても読みごたえがありました。

デビュー以来のファンとしては、「自作の周辺」にいちばん興味があったのですが、ほかの部分も、実におもしろかったです。短い文章でスパッと切りこむもよし。長い文章のときは、話のマクラがどう展開していくのかが楽しい・・・。

私にはめずらしく、順番を無視して、心惹かれるところから適当に読んでいました。

暑い中、エアコン壊れて死にそうになってましたが、これはそのイライラを払しょくしてくれるすてきな一冊でした。まさに、「読まずにはいられない」エッセイです。(エアコンは無事新しいのを取り付けてもらいました)

2015年4月12日 (日)

太宰治の辞書

2267「太宰治の辞書」 北村薫   新潮社   ★★★★

編集者として経験を積んだ「私」が出会った謎。それは、芥川龍之介の「舞踏会」を経て、太宰治の「女生徒」へ。さらに、円紫さんに導かれるようにして、その謎を解きに前橋へと向かう。果たして、書き手の思いとは・・・。

待望の、「私」シリーズ最新刊です。出てるのしらなくて、書店で見つけた時は1冊しか残っていませんでした。ずっと文庫でそろえていたので迷いましたが、これで文庫化を待つのは耐えられない!と思い、購入。

読み始めてから気づきましたが、今回は新潮社からの出版(今までは東京創元社)。でも、表紙は変わらず高野文子さん描く「私」がいて、違和感なく読めました。

「私」もすっかり歳を重ねて、結婚もして、中学生の子供もいます(!) 「朝霧」からずいぶん時間が経過していて、大人の女性になっています。なんというか、感慨深いものがありました。でも、円紫さんや正ちゃんは相変わらずで、なんだかほっとしました。

さて、今回は本をめぐるミステリです。「六の宮の姫君」もそうでしたが、あちらよりもっと「本」と向き合う感じです。ふと気づいた謎を解くために、本を調べ、そこからまた違う本へ・・・と、物語全体が本をめぐる旅のようになっています。ここに描かれた本の旅は、北村さんご自身の体験でしょうか。なんというか、ミステリらしくはないですが、とっても豊かな物語でした。

作中に出てくる「生まれて墨ませんべい」は、私も買ったことがありますが(笑)、「生まれてすみません」が太宰の言葉ではなかったというのは、初めて知りました。太宰という作家の特性にふれるエピソードでした。

できることなら、このシリーズは、さらに書きついでほしいものです。

2014年6月28日 (土)

八月の六日間

2145「八月の六日間」 北村薫   角川書店   ★★★★★

文芸誌の副編集長をしている「わたし」は、公私ともに悩むことの多かった3年前、同僚に誘われて山に登った。それがきっかけになり、山登りを始めた。けっしてアウトドア派ではない「わたし」だが、山に登ると心が開かれる気がするのだ。3年間、経験を積み、とうとう槍ヶ岳にアタックすることにしたのだが・・・。

「思い通りの道を行けないことがあっても、ああ、今がいい。わたしであることがいい。」

これを読んだ瞬間、涙がとまらなくなりました。今の私には、とても響く言葉でした。

北村さん3年ぶりの小説新刊は、アラフォーの編集女子が山に登るお話です。主人公の「わたし」はかの「円紫さんと私」シリーズの「私」のその後のようでもあり・・・(もちろん、そうではないのですが)。なんというか、不器用なくらい真摯に生きている人なのです。山に登るのも、単独行を好むような「ヘンクツ」だと自分を称します。でも、この人の生き方はとても素敵だし、共感するところもたくさんあります。

私は、登山が嫌いです(笑) ハイキング程度でも嫌。恐ろしいほど体力がないもので。山形の山寺に行ったときには、死ぬかと思いました。なので、登山そのものには心惹かれないはずだったのですが・・・恐ろしいことに、これを読んでいると、「登山も悪くないかも」と思ってしまうのです。いや、登りませんよ。というか、登れませんけど。

それくらい、山も、登場する人たちも、魅力的な物語でした。「わたし」が人とのかかわりの中で、自然の中で感じた思いが、きらきらと輝いているような。心が洗われるような。

2014年1月15日 (水)

9の扉

2085「9の扉」 北村薫・他   角川文庫   ★★★

北村薫→法月綸太郎→殊能将之→鳥飼否宇→麻耶雄嵩→竹本健治→貫井徳郎→歌野晶午→辻村深月という豪華リレー。次の書き手を指名するとともに、「お題」を提示するという・・・。現代ミステリを代表する作家たちの競演は、見事です。

バトンを渡された作家が、それをどう受けて、次へ渡すか・・・それぞれの企みが楽しい一冊でした。

このメンバーのアンカーが辻村さんって大丈夫?と思ったのですが、失礼しました。とっても素敵な「サクラ」でした。

2012年9月27日 (木)

名短篇、ここにあり

1916「名短篇、ここにあり」 北村薫 宮部みゆき 編   ちくま文庫   ★★★★

アンソロジーです。収録先品は以下の通り。

半村良「となりの宇宙人」  黒井千次「冷たい仕事」  小松左京「むかしばなし」

城山三郎「隠し芸の男」  吉村昭「少女架刑」  吉行淳之介「あしたの夕刊」

山口瞳「穴ー考える人たち」  多岐川恭「網」  戸板康二「少年探偵」

松本清張「誤訳」  井上靖「考える人」  円地文子「鬼」

圧巻だったのは、吉村昭の「少女架刑」。吉村さんってこういうのもお書きになってたんですね。ちょっと意外でした。エロティックでグロテスクなのに、下品ではない。物語の結末には、なんともいえない乾いた余韻があって・・・。いや、まいりました。

ほかにおもしろかったのは、松本清張と井上靖。小松左京や吉行淳之介は、この手の短編はさすがのうまさですね。

いずれも、こういうアンソロジーでもないと手に取らないだろう作品ばかり。たまにはこういうのも悪くないです。

2011年11月 3日 (木)

元気でいてよ、R2-D2。

1779「元気でいてよ、R2-D2。」 北村薫   集英社   ★★★

よく管理されているとはとうてい言えないマンション。しかし、それなりに心地よく過ごせるようになったはずなのに、そこから引っ越すことにした理由とは・・・。表題作はじめ、「陰のある物語」」を集めた短編集。

カテゴライズするのが難しいですが、作者いわく「陰のある短編集」。要するに、恐怖を描いたものなのですが、北村さんの描く恐怖はどちらかというとひんやりして、さらにシンとした・・・深い水の底にいるような「怖さ」なのです。

表題作のほか、「マスカット・グリーン」「腹中の恐怖」「微塵隠れのあっこちゃん」「三つ、惚れられ」「よいしょ、よいしょ」「さりさりさり」「ざくろ」を収録。

一番インパクトがあるのは、「腹中の恐怖」。これは…怖いというか、私は気持ち悪かったです。北村さんは前書きで「妊娠中の方は読まないで」と言っていますが、たしかに妊婦さんが読んだら、すごく嫌かも。というより、女性なら誰でも嫌だと思う、この話・・・。

表題作は、読み終えてなんだか悲しいような、やりきれないような気分にさせられました。同じ経験はしていなくても、「取り返しがつかない」という思い、誰でも味わったことがあるからでしょうね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー