桜庭一樹

2017年8月29日 (火)

じごくゆきっ

2625「じごくゆきっ」 桜庭一樹   集英社   ★★★★

「センセと、どこか、逃げましょか?」・・・わたしが由美子ちゃんセンセとかけおちすることにしたのは、あんまりかわいそうだったからだ。それは、高校一年の一月の終わり。東京でも雪が降った日だった。

久しぶりの桜庭一樹は、くらくらするほど残酷で、魅力的でした。

「暴君」「ビザール」「A」「ロボトミー」「じごくゆきっ」「ゴッドレス」「脂肪遊戯」の7編。

どの話もとっても強烈で、主人公たちの絶望の深さにこちらまで暗い気持ちになってしまうのだけど、読み終えると「いいなあ」と思う。その繰り返しでした。

その中でも好みなのは、「暴君」と「脂肪遊戯」。「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」の後日談というか、同じ世界の物語だそうです(残念ながら、「砂糖菓子~」は既読ながら、断片的にしか思い出せず)。

私は、桜庭さんの描く「少女」がすごく好きなのだと思います。きれいで、残酷で、自意識過剰で、でも何かに絶望している「少女」。ものすごく弱いのに、必死に世間に刃をむこうとしているような女の子たち。ある意味いびつな彼女たちは、桜庭ワールドの重要な構成要素です。彼女たちの背景に立ち上がってくるのは、救いのない世界なのだけれど。

それでも、桜庭さんの描く世界には、日本独特の湿り気をあまり感じないような気がします。からっと乾いている感じ。日本の、山陰地方を舞台にしていても、この世ならぬどこかを描いているように感じます。

2015年3月19日 (木)

ほんとうの花を見せにきた

2250「ほんとうの花を見せにきた」 桜庭一樹   文藝春秋   ★★★★

梗(きょう)は、生と死の狭間で、竹の吸血鬼「バンブー」に命を救われる。バンブーのムスタァと洋治、そして梗との奇妙な共同生活が始まった。しかし、バンブーたちにとって、人間と暮らすことは、何よりの大罪だった。

桜庭一樹を読むのは久しぶりです。どれくらい久しぶりかと思ったら、2年ぶりでした。なんとなく、避けてたんです。桜庭ワールドに引きずられるのが怖くて。

でも、これは帯であらすじを読んだ瞬間、「読みたい!」と思ったのです。そして、期待に違わぬ作品でした。

バンブーとは、竹のおばけ。見た目はにんげんそっくり。夜に活動し、人間の生き血を啜る。歳はとらず、120年に1回白い花を咲かせて消える。厳しい掟のもと、人間と距離をおいて暮らしている。・・・そんなおばけと、人間との物語。「ちいさな焦げた顔」「ほんとうの花を見せにきた」「あなたが未来の国に行く」の3話。

「ちいさな~」は、少年・梗がバンブーたちに育てられる話。これが、とんでもなくよかったのです。ひりひりするようなむきだしの愛情と、せつなさと・・・。梗の成長をムスタァたちが手放しで喜ぶところで、思わず涙が。歳をとらないバンブーたちにとって、「変化していく」ことは、ものすごくまぶしいこと。それをうらやむのではなく喜ぶ、彼らの純粋さにグッときました。

「ほんとうの~」は、「ちいさな~」の後日譚で、はぐれバンブー・茉莉花の物語。基本的に孤独なバンブーの、骨身にしみるような寂しさが伝わってきました。バンブーの最期のはかなさと美しさが、印象的でした。

「あなたが~」は、バンブーたちがまだ中国の山奥で暮らしていたときの話。どうして日本に彼らが渡ってきたのか、それがいつごろのことだったのかが明らかにされます。「ちいさな~」に出てくるもう一人のバンブー・洋治も登場します。どうしてバンブーたちが掟を大事にするのか、どうして人間たちと関わろうとしないのかも、これを読めばわかります。

どの話も、「生きろ!」という強いメッセージが伝わってきて、胸を打ちました。そして、またしても桜庭ワールドの魅力にからめ捕られてしまいました。★4つにしましたが、4つ半って感じです。

2013年2月 2日 (土)

無花果とムーン

1967「無花果とムーン」 桜庭一樹   角川書店   ★★★★

幼い頃、お父さんに拾われて、そのまま前嶋家の養女になった月夜。紫の瞳をもつ月夜は、現実主義者の一郎兄貴と、かっこいいお兄ちゃん・奈落と、四人で仲良く暮らしてきたのに・・・。ある夏の日、奈落は突然死んでしまった。そして、月夜の幽霊と過ごす夏が始まってしまった。

作家のエネルギーってすさまじい、と思うのです。特に、この人はそう。桜庭一樹を読んでいると、「すごい」じゃなくて、「すさまじい」と感じます。月夜の「表面はおとなしくしてるけど、内側では・・・」という設定そのもの。そんなエネルギーを放出し続けたら、普通の人たちと社会生活が営めるわけがないので、こういう小説を書いちゃうんだろうなあ、と。まあ、こちらの勝手な思い込みですけど。

桜庭作品の「少女」も、いつもすさまじい、です。そのすさまじさに圧倒されながら読み続け、読み終えるころにはいつもノックアウトされます。その自意識の強さと、あまりの純粋さに。

月夜も、そう。こんな子が友達だったら疲れるだろうなあと思いつつ、なんだかいじらしくなってしまって。血のつながらない兄・奈落。彼のことが大好きで、死んでしまったことがショックで(しかも、その死に方が、あまりにも・・・)、死んだことが信じられなくて・・・。

最初はリアリティがないように感じていたのに、いつのまにか、月夜が奈落を思う気持ちに妙にシンクロしてしまって、ウルウルしてました。またしても、桜庭ワールドに見事にひきずりこまれました。脱帽。

2012年6月 8日 (金)

お好みの本、入荷しました

1874「お好みの本、入荷しました」 桜庭一樹   創元ライブラリ   ★★★★

直木賞受賞後の怒涛の日々から、「ファミリーポートレイト」執筆へ。本屋大賞の授賞式や、電撃入籍など、公私ともに忙しい中でも、ひたすら本を読み続ける桜庭一樹読書日記第3弾。

相変わらず不調・・・。なので、こういう時じゃないと読めそうにない本、なんかあったかなあ・・・と積読本の山をあさっていたら、ありました。文庫化を待ちわびていたわりには、買ったことをうっかり忘れていました(苦笑)

待ちわびていたのは、桜庭さんが結婚した話が書いてある、と聞いていたから。あんな勢いで仕事して、本を読んで、その生活のどこに「結婚」が入り込めるんだ?と思っていたもので。

いやあ、入り込むもんなんですね(笑) やっぱり、旦那さんとのエピソードがとっても印象的でした。旦那さんの荷物を片づけに行った時の「女の子じゃないのに」という心の叫び。ラーメンで餃子を洗う姿に動揺するさま。そして、桜庭さんの眉間のしわを、ムニムニと伸ばそうとする旦那さん・・・。幸せなんだね、桜庭さん、とニマニマしながら読んでいました。

それでも相変わらず本を読み続けている桜庭さん。この読書日記を読むと、読みたい本が増えて(しかも、このへんの本屋では入手できない本が!)、とっても困るのですが・・・。今回も、いくつかチェックさせていただきました。でも、読めるかなあ。

そうそう。非常に印象的だったのは、桜庭さんの「物語を書く」という思いが、さらにさらに強くなっていること。それから、「ファミリーポートレイト」がああいう状況の中で書かれたものだったということ(今年読んだばかりなので)。そうか、コマコと腐野花と海野藻屑は、同じ根っこの人物だったのか・・・。

2012年3月24日 (土)

ファミリーポートレイト

1846「ファミリーポートレイト」 桜庭一樹   講談社   ★★★★

母の名前はマコ。マコの娘はコマコ。二人は、ひっそりと生きている。逃げ始めたあの日から。城塞都市のような村で。ひなびた温泉町で。豚の解体工場のある町で。そうして、二人が一人になった時、この世に生まれてきたものは・・・。

桜庭一樹の直木賞受賞後第一作、でしたね。なんとなく食指が動かず、ずっと読まずにいましたが・・・。

いつものことですが、桜庭一樹は強烈です(苦笑) 読んでいてクラクラしました。そして、いつもながら、こちらの予想していなかったフィールドにぽーんと放り出されてしまいます。「えっ、そっちいくの!?」という感じで・・・。

母娘の物語であり、作家誕生の物語であり・・・。第一部「旅」は、キリキリと痛いような、悪夢の中にいるような、エロティックでグロテスクで・・・ひたすらマコとコマコの関係性とコマコの心のうちが描かれていたのに、第二部「セルフポートレイト」では、作家・真宮寺眞子になるまでのコマコが描かれ・・・ああ、そうなるのか、と。

心理学的にとかそういう理屈付けはどうでもよく、そういうふうにしか生きられないというか。人はなるべくしてそうなるのだなあ・・・なんて、思いながら読みました。決して好きな物語でもないのに、どうして読んでしまうんだろう、と。

桜庭さんの読書日記などを読んでいると、実際、桜庭さんも身を切るように、ギリギリに命を削ってこれを書いたんだろうなという気がしました。

2011年7月 6日 (水)

ばらばら死体の夜

1725「ばらばら死体の夜」 桜庭一樹    集英社    ★★★

白井沙漠。古本屋の二階に住む美しい彼女は、以前にその部屋に住んでいた吉野解と関係をもつ。それが、二人にとっての始まりで終わりになるとも知らずに…。

桜庭一樹最新作。思ったより早く借りられました。
タイトルがこれなので覚悟してましたが…グロいのが苦手な私には、ちとつらい場面も。
沙漠と解、解とその妻の友人・里子、古本屋の主で大家の佐藤。彼らの視点で、展開する物語。同じ出来事がちがう視点で見ると、違うものが浮かび上がって…このへんは、桜庭さんお得意のところですね。
改正貸金業法をめぐって、多重債務やワーキングプアの話がとりあげられるのですが…気持ち悪いほどに、主要人物が皆どこか壊れていて、怖かったです。これが今の日本で普通にあることなんだなぁ、と。
独特の、ザラザラしたいやぁな感じが漂う作品でした。もっとも、それが桜庭さんの持ち味ですが。

2011年4月10日 (日)

伏  贋作・里見八犬伝

1681「伏  贋作・里見八犬伝」桜庭一樹   文藝春秋   ★★★★

「伏」・・・それは、江戸を騒がす凶暴な犬人間のこと。江戸では懸賞金欲しさに、伏を狩る者どもが増え、伏は確実にその数を減らしていた。兄を頼って、山から出てきた猟師の女の子・浜路は、江戸に着いた早々、伏らしき男と出会う。そして、浜路は犬と人間のあいだに生まれた伏の運命を知るのだが・・・。

桜庭一樹らしいアレンジの「里見八犬伝」でした。

主人公の浜路は、なんと猟銃をぶっぱなす猟師の女の子。14歳。このへんの設定が、いかにも桜庭一樹だと思うのです。その兄の道節、伏の信乃、同じく伏の現八、毛野、雛菊など、浜路もふくめ、「原作」に登場する人物を縦横にちりばめ、物語が展開します。

浜路たちの世界では、曲亭馬琴が「里見八犬伝」を書き続けており、その息子の冥土が「贋作・里見八犬伝」を書いている・・・という設定。「贋作」は、父のために安房の国まで行き、里見家の伏姫と犬の八房の伝説を調べた冥土が、より事実に近い形で紡いだ物語。

そして、伏姫の子孫たちは、忠義の八犬士でなく、世の中に「伏せる」ことのない残虐非道な「伏」として、追われる立場になっているのです。

もともとの「南総里見八犬伝」でも頭がパンクしそうでしたが(きちんと読んではいません)、それを下敷きにしたこの物語、さらに頭が大混乱しそう・・・と思いきや、桜庭一樹のストーリーテリングに乗せられて、スイスイ読んでしまいました。荒唐無稽と言われればそれまでですが、伝奇物の楽しさをじっくり味わいました。

まあ、浜路の話す言葉が、どう考えても現代語っぽいのは御愛嬌ですが(苦笑) 伏たちの抱える「寂しさ」は、伏ならずとも感じるもの。それは、ほかの桜庭作品の登場人物たちが等しく抱えているものでもある気がします。

続編も書こうと思えば書けそうな幕切れですが・・・どうなんでしょうね。

2011年2月11日 (金)

少年になり、本を買うのだ

1661「少年になり、本を買うのだ」桜庭一樹   創元ライブラリ   ★★★★

作家・桜庭一樹は、書いて、読んで、食べて、しゃべって、寝る・・・。東京と鳥取を行ったり来たりしながら、「赤朽葉家の伝説」「私の男」を執筆し、本を読みまくる、読書日記・第1弾。

思いっきり読む順番を間違えましたが・・・(苦笑) ようやく、「桜庭一樹読書日記」その1を読み終えました。どうして「2」の方から読んじゃったのか、謎ですが。

しっかし、この人はすごい。「すごい」という言葉はあまり使いたくないのですが、それしか言葉が出てきません。どうしてこれだけ本が読めるんだ~。一晩で2冊とか・・・。しかも、翻訳ものが多いし。仕事の後で、まだ読むか・・・。

そして、「私の男」執筆時の様子がこれまたすごい。たしかにあの小説は、どうしようもないくらい、重くて暗い、まるで深海の底にいるかのような気分になるものでしたが・・・まさか、作家本人がその世界をつかむために、げっそり痩せて吐きそうになりながら書いていたとは。何者なんだ、桜庭一樹・・・。

さらに、すごく食べている(笑) それだけ食べているのに、どうしてあんなに小柄なんだろう・・・。

と、圧倒されて、「すごい、すごい」と思いながら、あっというまに読んでしまいました。

どうも、桜庭一樹の感性は、私とはちょっと違う軸にあって、同じ本を読んでも感じ方が微妙に違うし、本のセレクトも「そ、それはいったいどんな本ですか・・・」というものが多いのです。でも、それがめっぽうおもしろくて、やめられない。そして、私の手帳に「読みたい本リスト」が増えていくのでした。

2011年1月 8日 (土)

書店はタイムマシーン

1645「書店はタイムマシーン」桜庭一樹   創元ライブラリ   ★★★★

「赤朽葉家の伝説」で推理作家協会賞、「私の男」で直木賞を受賞し、とっても多忙だったサクラバカズキはどんな本を読んでいたのか? 怒涛の日々に、怒涛のごとく本を読み続ける桜庭さんの読書日記。

やってしまいました・・・。何を勘違いしていたのか、「桜庭一樹読書日記」第1弾を読む前に、第2弾を読んでしまいました。よく確かめればよかったのに・・・。途中で気がつきましたが、その時にはもう引き返せない状況に。で、最後まで読み切りました。

すごいなあ、桜庭さん。なんでこんなに本を読めるんだ・・・。しかも、翻訳ものが多い。それだけでもう脱帽です。ほんと、ご飯を食べるように本を読んでるなあ、という印象です。

ちょうど受賞が続いて、桜庭一樹という作家が世間に認知された頃で(実は、私が読み始めたのもこの頃)、「情熱大陸」は私も見ました。それが、漠然と想像していた「桜庭一樹」とは違っていて、ちょっとびっくりしたのを覚えていますが(苦笑)

これを読んでいると、「本を読むこと」をすごく大切にしていて、そういう同志のために物語を編み続けている、一人の作家の姿が見えてきて、ちょっと幸せな気分になりました。

こういう本を読むと、読みたい本が一気に増えて困ってしまいます(笑) とりあえず、島尾俊雄の「死の棘」を読んでみようかな、とか・・・。いや、それよりも、読書日記の第1弾を探しに行かなくては!

2010年10月30日 (土)

荒野

1602「荒野」桜庭一樹   文藝春秋   ★★★★

山野内荒野。父は売れっ子の恋愛小説家。母は、すでに亡くなった。鎌倉の古い家に、父と家政婦の菜々子さんと暮している。中学校の入学式の日、朝の電車でセーラー服が扉にはさまってしまった。困った荒野を助けてくれた少年・神無月悠也は、同じクラスで、なぜだか荒野にひどく冷たくて・・・。

子供から少女へ、少女から大人の女へ・・・。その変化にここまで敏感なものだろうか、と思いながら読んでいました。私はどちらかというと、そういうのに鈍感な方だったらしいので(苦笑) ただ、女の子でも、心の中にはちゃんと「女」がいるものだけれど、体の成熟と心の自覚とがアンバランスな時期というのはたしかにあったかもしれない。そして、荒野と悠也の恋がほわほわとあたたかいものであるだけに、それが永遠に続かないかもしれないという予感は、読んでいてものすごくせつなくなりました。

複数の女性と関係があって、それを題材にして小説を書いてしまう鬼畜な父親。「女」はいるけれど「母」はいない家で育った荒野。だからこそ、女の気配、女になっていくことに過敏だったのかもしれませんね。義母の蓉子さんも、友人の恵理華も、麻美も、みんなどうしようもなく女で、荒野もまた自分が変化していくことにおびえながらも、確実に女になっていく・・・。荒野を変えていくのが、悠也の存在であり、彼女を決定的に大人の女にするのが、出奔した蓉子さんを迎える瞬間・・・家庭において「おかえり」と迎える存在になることを自覚する時だというのが、非常に桜庭一樹らしいです。

12歳から16歳までの、不格好で、ヨタヨタおどおどしていて、でも好奇心いっぱいで、脱皮でもするようにどんどんきれいになっていく、女の子にとってかけがえのない時間。桜庭さんが描き出した、荒野の奇跡のような時間は、形が違えど、女子ならば何かしら思い当たることのあるものなのかもしれません。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー