金城一紀

2009年6月11日 (木)

フライ,ダディ,フライ

1398「フライ,ダディ,フライ」金城一紀   文藝春秋   ★★★★

平凡だが幸せな生活を送っていた中年男・鈴木一の人生は、ある日一変した。娘が故ない暴力にさらされたのだ。復讐しようとした鈴木は、ひょんなことから奇妙な高校生たちと知り合い…。

さて、手術の合間の読書その2。
これ、ずっと読みたかったのです。というわりには、読みかけで止まってましたが。
ゾンビーズ再び、です。今回は瞬臣メインですが、南方も、間の悪い山下も活躍します。
それにしても、読んでてすごいスピード感でした。鈴木が南方たちと知り合ってからは、本当に一気でしたね。余計なまわりくどさはなく、でも、シーパラダイスでの場面とかはいい感じで…。
最後に南方たちの用意周到さがわかり、「さすが、ゾンビーズ!」と叫びたくなりました。

2009年4月23日 (木)

レヴォリューションNo.3

1389「レヴォリューションNo.3」金城一紀    講談社    ★★★★

新宿にある落ちこぼれ高校の生徒たち。世界に「革命」を起こそうと立ち上がったメンバー「ザ・ゾンビーズ」がめざすは、近くの名門女子校の文化祭に乱入すること!数々の作戦を練り、ゾンビーズがたどり着いたのは…。

ずっと読みたかったんです。ゾンビーズ、最高!読みながら何度笑ったことか。
爽快というか、痛快というか、とにかくおもしろい!おバカな高校生なんだけど、かっこいい!!
ゾンビーズ主要メンバーのキャラがたってて、話はメリハリがあって、でもちょっとだけせつなくて…。ありえないだろうと思うんだけど、夢中になって読みました。
金城作品のもつ雰囲気とかスピード感、好きです。

2004年4月 8日 (木)

対話篇

491「対話篇」金城一紀   講談社   ★★★★

 自分と関わった人間はなぜか死んでしまう。そう語る「彼」の、いちばん愛した女性との別れ。それを聞いた僕は・・・。(「恋愛小説」)
 
 二人の人物の対話で物語が展開していく物語三編。共通するテーマは「愛と死」でしょうか。こう書くと空々しいですが、会話のテンポがよく、ちょっとさめたようでいてキレのいい文章が効いていて、いずれも私好みの物語でした。「GO」もすごく好きでしたけど、これもよかったです。
 いちばん好きなのは「恋愛小説」。ちょっとセンチメンタルではあるけれど。
 感動してしまったのは、別れた妻との記憶を呼び覚まそうとする話の「花」。このシンプル極まりないタイトルに、すべてが帰結する見事さ。花の場面では目頭が熱くなりました。
 三篇ともなんのつながりもないようでいて、さりげなくリンクさせているのもうまいなあと思いました。

あさこ > 「GO」とは全然別の雰囲気ですが、また違った良さがありますよね。私は「花」が好きかなぁ。「恋愛小説」も良かったですよね~。 (2004/04/08 23:22)
まゆ > これはこれでとっても良いですね。金城さんは本プロでも人気のある作家さんなので、これからも注目していこうと思います。 (2004/04/09 19:45)
たばぞう > あ、これ、読もうと思って忘れていました!。今度図書館で借りてきます。良さそうですね!。 (2004/04/10 23:15)
まゆ > これは良いです。テーマは重いんだけど、文章自体は重過ぎなくて、そのバランスがいいです。おすすめですよ。 (2004/04/11 17:30)

2003年3月29日 (土)

GO

187「GO」金城一紀   講談社文庫   ★★★★★

「根拠? そんなもの必要ない。思うことが大事なのだ。きっと。」

 日本生まれ。日本育ち。だけど、「僕」は<在日>と呼ばれる。喧嘩二十三戦無敗。そんな「僕」が恋に落ちた。相手は可愛い<日本人>の女の子。

 いい、という評判は知っていたものの、それ以上におもしろかったです。
 まずは、文章のテンポがいい。全然ジメジメしていない。けれど、浮ついた感じもしない。とっても軽やかで読んでいて気持ちがいい。
 登場人物がカッコいい。常に何かにいらだっているような主人公の「僕」をはじめ、元ボクサーの父親、「僕」の友人たち。情けないところも弱いところもあるのだけど、それも含めて、とっても魅力的な人物がたくさん出てくる。
 <在日>に関わる問題が、結局「僕」たちには重くのしかかっているのだけれど、「僕」は生きていくし、恋もする。もっとも、「日本人ではない」と恋人に打ち明けた後の展開は、読んでいてとってもつらかったけれど。
 読後感もよくて、ちょっとジンとするところもあって、とっても好きな物語でした。

あさこ > 直木賞受賞、在日文学、とか言われるとどうも踏みとどまってしまったりしますが、この本は本当にカッコいいし、おもしろいですよね!悩んで泣いて笑った大好きな本です。個人的に老若男女必読だと思ってます(笑) (2003/03/29 20:43)
まゆ > 何がカッコいいって、主人公はもちろん、オヤジがカッコいい(笑)高校生の息子をマジでノックアウトしちゃうオヤジなんて、そうそういないでしょう。
物語の始まりから、グイッと引き込まれてしまって、東京帰りの新幹線の中で一気読みしちゃいました。眠気がふっとびましたよ。 (2003/03/30 00:51)
たばぞう > 黒い表紙がクールな文庫本ですよね。気になっていましたが、面白そうなので、今日帰りに買ってみます。 (2003/03/31 13:00)
まゆ > そうです、そうです。いいですよ、これ。たばぞうさんの感想楽しみにしてます~。 (2003/03/31 19:36)
あしか > 在日モノをこんな風に書ける世代がやっと来たか、って思いました。
映画になってもがっかりしなかった数少ない作品だったんですが、
これ、ビデオで見た後、焼肉屋に行った憶えがあります。 (2003/04/04 19:59)
まゆ > 在日ものというのを初めて読んだので、なんか新鮮でした。映画もちょっと興味があるので、ビデオ探してみようかなあ。 (2003/04/05 09:28)
かの > 私もこの作品大好きです。ビデオもわりと原作に忠実で私もがっかりしなかったです。金城作品、似たようなテイストですが、他のものも良いですよ。(と言いながら最新作はまだ未読なのですが) (2003/04/05 22:50)

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー