若竹七海

2018年8月16日 (木)

錆びた滑車

2783「錆びた滑車」 若竹七海   文春文庫   ★★★★

女探偵・葉村晶は、尾行していた石和梅子と青沼ミツエの喧嘩に巻き込まれ、怪我をする。それがきっかけで、ミツエの所有するアパートに住むことに。ミツエの孫のヒロトは、交通事故で大怪我を負い、記憶の一部を失ったという。ヒロトに、なぜ自分が事故現場にいたのか調べてほしいと頼まれた晶だったが・・・。

「不運すぎるタフな女探偵」葉村晶シリーズの新作です。

ハードボイルド苦手な私ですが、この葉村晶は大好きです。今回も、これでもかと「不運」な目に遭う晶ですが、そんな自分を哀れまない彼女はかっこいい。もちろん、痛い思いはするし、傷つくのですが・・・。

たまたま受けた下請けの調査(老女の尾行)が、思わぬ展開を見せ、複雑な事件の渦中に巻き込まれていく晶。けっこう話は入り組んでいて、枝葉の部分かなと思っていたのが、あとで本筋に絡んできたり、いい意味で予想を裏切られることの連続でした。

記憶を失った青年・ヒロトの依頼は、思わぬ真相に晶と読者を導きます。それは、けっこう苦い真実で・・・。すべてを読み終わってから、冒頭の晶のモノローグを読むと、泣きたいような気分にさせられます。

とにかく、話が際限なく広がっていくようでいて、終盤、すべてがピシッとはまって真実が明らかになっていく快感は、ミステリの醍醐味というやつでしょう。

初版限定でシリーズガイドがついています。おすすめですよ。

2018年2月19日 (月)

御子柴くんと遠距離バディ

2714「御子柴くんと遠距離バディ」 若竹七海   文春文庫   ★★★★

長野県警から警視庁に出向して三年。仕事も、上司たちからの無茶な要求も、それなりに上手くさばけるようになった御子柴。しかし、彼はなんとなくやる気が出ない毎日を送っていた。そんな矢先、御子柴が巻き込まれた事件が、彼の運命を大きく変えていく。

「御子柴くんの甘味と捜査」の続編。

「御子柴くんの災難」「杏の里に来た男」「火の国から来た男」「御子柴くんと春の訪れ」「被害者を捜しに来た男」「遠距離バディ」の6話。

いきなり「災難」に見舞われる御子柴くん。かの不運な女探偵・葉村晶と同じくらいついてない御子柴くんですが、それをきっかけに彼の人生は思わぬ方向に。そして、彼には頼りになるバディが・・・。

若竹さん描くミステリは、口当たりがよさそうでも、人間の悪意を容赦なく描いていて、私はそこが好きなのです。このシリーズも、そう。その辺のさじ加減が絶妙です。

しかし、作者が仕掛けたトラップに、見事にはまりまくった気が・・・。「遠距離バディ」の冒頭なんて、ドキドキしちゃいましたよ。

シリーズ続編、強く希望します。

2018年1月27日 (土)

御子柴くんの甘味と捜査

2705「御子柴くんの甘味と捜査」 若竹七海   中公文庫   ★★★★

不本意ながら、長野県警から警視庁捜査共助課へ出向させられた御子柴。上司や同僚から要求されるスイーツを入手するのに東奔西走する毎日だが、事件も待ってはくれず・・・。

「プレゼント」に登場した御子柴刑事が主役のスイーツ・ミステリ・・・って、「プレゼント」なんて何年前だと思ってんの?と、この文庫を見た瞬間、心の中でツッコミました。「プレゼント」はたしかに読んだけど、あれはたしか葉村晶が登場してた。御子柴くんなんて出てきたっけ? 全然記憶にないんだけど? 

とりあえず読んでみたら思い出すかも・・・と、読み始めたら、これがおもしろい。「哀愁のくるみ餅事件」「根こそぎの酒饅頭事件」「不審なプリン事件」「忘れじの信州味噌ピッツァ事件」「謀略のあめせんべい事件」の5編いずれも、警視庁に出向させられた御子柴くんが、お菓子調達の合間に(?)捜査にあたった事件を描いたもの。語り口は軽やかで、若竹さんらしいコージー・ミステリと思いきや、起こる事件はかなり重いです・・・。

御子柴くんは捜査にあたるものの、真の探偵役は、長野県警で一緒に捜査にあたっていた先輩・小林警部補。彼は、御子柴くんから話を聞いただけで、誰も気づかなかった事件の「真相」を見抜いてしまう。

あとがきによると、このミステリは「小林警部補の連作短編を」という編集者の依頼でスタートしたとのこと。しかし、作者は小林警部補が「プレゼント」の登場人物だとの記憶はあったものの、設定は全く覚えていなく、自作を読み返して、御子柴くんという相棒がいたことを思い出した由。

なんだ、「『プレゼント』の御子柴」といわれても、ピンと来なくて当然じゃないか!

とりあえず、どうやらこのシリーズ好評だったらしく、第2弾が出たので、今度はそちらを購入しようと思います。

2017年2月 4日 (土)

さよならの手口

2533「さよならの手口」 若竹七海   文春文庫   ★★★★

四十過ぎの女探偵・葉村晶(ただし、現在休業中)は、ミステリ専門店でバイト中。古本の引き取り先で、白骨死体を発見して負傷、入院。その病院で、同室の元女優・芦原吹雪から二十年前に家出した娘の捜索を依頼される。余命いくばくもない吹雪のために依頼を引き受けた晶だが、意外な事実が次々と浮かび上がり・・・。

葉村晶シリーズの「静かな炎天」は、静かなブームらしいですね。私も去年のマイベストにランクインさせましたが。その「静かな炎天」の前の物語が、これ。長谷川探偵事務所をやめた晶が、どうして「白熊探偵社」の探偵になったのかという物語。

晶は、探偵としてはとっても有能。けれど、とっても不運。今回だって、想像するだけで恐ろしいような目に何度も遭ってます。それでも探偵をやめない晶って、とってもタフ。

しかも、今回は、事件が二重にも三重にも絡まって、こっちの事件の合間に、別の事件が展開して、さらにこの事件つながりと思っていたら、実は・・・なんていう、複雑な構造。でも、不思議なくらい、読者は頭が混乱しないのです。それはきっと、晶の視点がぶれないから。「今は、これ!」という、状況の取捨選択がはっきりしている。だから、読んでいて心地よいのです。

事件はやりきれないものだし、晶は話が進むにつれて満身創痍という状態になるし、決して笑える状況ではないのですが。どことなくユーモラスな雰囲気が漂うのも、好きなところです。晶が悲壮感漂わせないのがいいですね。実にたくましい。もちろん、彼女だって心折れそうになったりもするのだけど。

ちなみに、これから葉村晶シリーズを読んでみたいなあと思われる方には、「静かな炎天」から読まれることをおすすめします。短編集だし、読みやすい。それからこの「さよならの手口」や、もっと若い頃の晶が登場する作品にさかのぼる方がとっつきやすいと思います。

2016年11月 5日 (土)

暗い越流

2486「暗い越流」 若竹七海   光文社文庫   ★★★★

死刑囚に届いた。その差出人を調べることになった「私」は、意外な展開に・・・。

推理作家協会賞を受賞した「暗い越流」、葉村晶シリーズの「蠅男」「道楽者の金庫」、ノンシリーズの「幸せの家」「狂酔」の5編を収録した短編集。

やはり、表題作が出色の出来。仕掛け方がいかにも若竹さんらしくて、うまいなあ、と。さっくり描いているようなところが伏線になっていて、やられた!となるのです。「幸せの家」も、「くらし」に対する価値観がこれでもかと描かれていくところが、こちらの予想とは違うところに着地して、驚かされました。

葉村晶シリーズは安定の読み応えです。特に、「道楽者の~」は、晶が古本屋のバイトをすることになった経緯が描かれています。

解説は近藤史恵さん。これまたおもしろかったです。

2016年10月 1日 (土)

静かな炎天

2474「静かな炎天」 若竹七海   文春文庫   ★★★★

女探偵・葉村晶は、古本屋でアルバイトをしながら、「白熊探偵社」の唯一の調査員をしている。そんな彼女がたまたま遭遇した大規模な自動車事故。その現場で晶が見た人物とは。

久しぶりの葉村晶シリーズです。今回は、「青い影」「静かな炎天」「熱海ブライトン・ロック」「副島さんは言っている」「血の凶作」「聖夜プラス1」の6作。7月から12月までの半年間、晶が依頼された事件を追います。

私としては、このシリーズはハードボイルドだと思っているのですが、どうなんでしょう。だって、晶はカッコよくて(四十肩だけど)、タフで、孤独で、自立してて。ひどい目にあうという、ハードボイルド探偵の条件も満たしているし。でも、どこかユーモラスな感じもするのですけれどね。

まるで事件に振り回されるようにして調査にあたる晶ですが、思わぬところから真実にたどりつく、その展開の妙がたまりません。

それから、晶の雇い主・富山さんとの掛け合いもおもしろい。

というところで、はたと気づいたのですが、私、この前作の「さよならの手口」を読んでないことに気づきました。買いに行かなきゃ。やっぱりこのシリーズは毒もあるけれど、好きなんですね。

2009年4月27日 (月)

プラスマイナスゼロ

1391「プラスマイナスゼロ」若竹七海    ジャイブ    ★★★

才色兼備品行方正な正統派のお嬢様テンコ。成績最低品行下劣・極悪腕力娘の異名をもつユーリ。どこをとっても全国平均値のわたしことミサキ。一緒にいるのが不思議なくらいバラバラな個性をもつ三人が、なぜか次々と事件に巻き込まれ…。

久しぶりの若竹さんです。
葉崎を舞台にしたコージー・ミステリなんだけど、ずいぶん若い感じだなあと思ったら、ピュアフル文庫のアンソロジーに掲載されたものでした。なるほど。
若竹ミステリの毒の部分は影を潜め、ライトタッチのミステリに徹しています。そのぶん、やや物足りない面も。
テンコの呆れるほどの運のなさには笑ってしまいましたが。
一番面白かったのは、最終話の、三人がつるむようになったきっかけでした。

2006年2月19日 (日)

心のなかの冷たい何か

942「心のなかの冷たい何か」若竹七海   創元推理文庫   ★★★

 若竹七海が旅先で知り合った女性・一ノ瀬妙子。一度会っただけの彼女から、クリスマス・イヴの誘いが。そして、妙子は自殺を図った。七海に「手記」を送りつけて。
 友人として、妙子に何が起こったのかを調べようと決心した七海。素人探偵の行く手に待ち構えていた真実とは?

 若竹七海の「若竹七海」主人公の(ああ、ややこしい)ミステリ第2作目。デビュー作「僕のミステリな日常」の続編にあたるこの物語、文庫化まで15年かかってます。ファンとしては「待望の」文庫化。若竹さんもあとがきに書いていますが、これが刊行されてから、あっというまに現実が虚構を追い越してしまい、これは時代に置いていかれた物語になってしまいました。でも、やっぱり文庫になってくれて、うれしい。やっと読めました。
 ただ、若竹七海が、人の悪意を描くのに長けた作家だということを、またしても忘れていました。ああ、読んでいてしんどかった・・・。
 若竹さんらしいトリックが仕掛けてあって、覚悟していても「あ!」ってところもありました。それにしても、暗い話です。これがバブルの頃に書かれたなんて、嘘のような話です(もっとも、若竹さんは確信犯だったらしいけど)。
 主人公・七海のヒリヒリするような鋭敏さに、ちょっと若さを感じてしまうあたり、私も年をとったなと苦笑しつつ。
 あ、「スクランブル」のラビが登場するのはうれしかったです。

2005年3月 2日 (水)

死んでも治らない

755「死んでも治らない」若竹七海   光文社文庫   ★★★★

 元警官の大道寺圭は、退職後に犯罪者のまぬけなエピソードをつづった本「死んでも治らない」を発表した。ところが、それがきっかけで、まぬけな犯罪者たちにつきまとわれることになり・・・。

 若竹さんお得意の連作短編。長編もいいですが、やはりこういう連作短編が、若竹さんは一番です。
 「大道寺圭最後の事件」というのが、各短編の間にはさまっていて、独立した話だったはずが最後には・・・という構成。何かあるとわかっていても、最後まで読むと「おお、そうきましたか!」と。
 また、短編一つ一つも読ませます。じゅうぶん、おもしろいです。
 そしてまた、若竹ファンにはうれしいことに、定番キャラ彦坂夏見も健在(?)です。
 読みやすく、ちょっと軽めのタッチで描かれているけれど、若竹さんらしくひんやりするような読後感も。
 とにかく、若竹ファンには堪えられない一冊ではないでしょうか。

yukko > まゆさん、私も「どんな仕掛け?」と思いつつ読み進めたのですが、ラストで驚きました。大道寺の悲哀を思いながら、短編をパラパラ振り返り、改めて「そうか、こういう気分で・・・」と悲しくなりました。 (2005/03/03 11:06)
れんれん > かなり良さそうですね。大分前にまゆさんにお勧めいただいた「サンタクロースのせいにしよう」をずっと積読していましたら、息子が今読み始め「面白い、面白い」を連発しています。ありがとうございました。次は「死んでも治らない」を勧めてみます。私自身も早く若竹さん読みたいです♪ (2005/03/04 02:50)
まゆ > yukkoさん、仕掛けがあるのはわかっていても、この辺が伏線じゃないかと思っていても、最後まで読んで「ああ!」と思うんですよね。やりきれない思いが残ってつらいですが・・・連作短編としての構成は見事でした。 (2005/03/04 19:38)
まゆ > れんれんさん、息子さんが「サンタクロース~」を!うれしいですね~。若竹さんの話は読みやすいけれど、けっこう暗い事件が多いので、ちょっとひんやりして気持ちになっちゃいますが。「スクランブル」とか「ぼくのミステリな日常」もおすすめですよ。 (2005/03/04 19:40)
さくら > 読み終わってから改めて「最後の事件」だけ読み返してしまいました。ちょっと哀しいストーリーですが、こういう絡めかた巧いですね。 (2005/03/05 10:20)
まゆ > さくらさん、若竹さんのって、悲しくてやりきれない事件が多いですよね。でも、ストーリーの組み立てはほんとにうまいなあ、と。こういう連作短編、もっと書いてほしいです。 (2005/03/05 21:44)

2004年9月20日 (月)

悪いうさぎ

606「悪いうさぎ」若竹七海   文春文庫   ★★★★

 葉村晶は家出少女の保護を依頼された。その少女・ミチルの友人たちが次々に行方不明に。うち一人は死体で発見された。彼女たちをつなぐ「ゲーム」とはいったい? 調査を続ける晶は、罠に落ちる。

 葉村晶シリーズの長編。
 若竹さんの作品は、どちらかというと読んでてちょっと暗い気分になってしまいます。人の悪意とか、ひんやりする心持ちを描くことが多いので。
 これもけっこうつらかったです。ミチルの置かれた状況とか、晶が決して人に心を許さないところとか、「うさぎ」が何なのか、とか。
 後味は決してよくないのですが、サスペンス・ミステリとしてはすっごく楽しめました。ひきこまれてしまって、一気によんでしまいました。
 ただ、晶の生き方はなんとも痛々しいです。彼女が安らげる時が来るとよいのだけれど。

さくら > 嫌な事件ですね~今回の晶の監禁状態も読んでてかなり嫌な気分になりましたし。シリーズの一番最初の事件を早く読みたいんですけど、なかなか手にとれずにいます。 (2004/09/21 09:22)
まゆ > このシリーズは若竹さんの中でもひときわシビアというか・・・晶の性格と、彼女の生い立ちに象徴されるように、なんとも重いですよね。でも、晶のキャラは自分に近いものを感じるので、ついつい読んじゃいます。 (2004/09/21 16:22)

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー