宮部みゆき

2017年10月23日 (月)

この世の春

2654「この世の春(上・下)」 宮部みゆき   新潮社   ★★★★★

各務多紀は、嫁ぎ先を不縁となった後、北見藩作事方だった父の隠居所で、父の世話をしながら静かに暮らしていた。ある夜更け、子供を抱いた女が駆け込んできたときから、多紀は大きな運命の中に投げ出された。藩主・重興が隠居させられるという大事件ののち、多紀は病の重興の側に仕えることに。重興がいるはずの座敷牢から聞こえる奇妙な声。多紀たちが直面したのは、信じられないような事実だった。

宮部みゆき作家生活30周年記念作品。

しかし、「サイコ&ミステリー」で時代物って、ちょっと盛りすぎじゃあ・・・と思っていたのですが、さすがは宮部さん。見事に料理されてました。

故あって若くして隠居の身とさせられた北見藩藩主・重興。なぜ彼が藩主の座を下ろされたのか、彼がそうなってしまった原因は何なのか。その謎を解いていく物語です。

その中心にあるのは、いろいろな要因が絡み合って、重興に仕えることになった多紀。元・江戸家老の石野織部、多紀の従弟・田島半十郎、医師の白田登らと共に、重興の心の闇に分け入っていくと、見えてきたのは十六年前のすさまじい悪意だった・・・。

多紀が重興と出会うまででもけっこうな経緯があるのですが、それを物語としてわかりやすく、かつ興味深く編んでいく手腕は、もうさすがとしか言いようがありません。そして、いざ重興が登場してからは、物語は二転三転・・・。いやもう、ひたすら夢中になって読み続けました。

人の悪意や憎悪は、それが向けられた相手を壊すことが可能で。実際に重興は壊されてしまったわけで。それでも、重興を守ろう、助けようとする多紀たちのまっすぐな心が(彼らもまた、傷を負っているのだけど)、確かに重興に戦う力を取り戻させたのです。そして、そんな多紀たちをさりげなく支えているのが、陰日向なく働くおごうやお鈴の素朴な心根や、日常の営みだというところが、実に宮部さんらしくて好きでした。

起こってしまったことはなかったことにはできないけれど、後悔も悲しみも抱えて歩き出すことはできるのだ。最後の一文を読んだときに感じたことです。

デビュー以来、ずっと読み続けてきた宮部作品。「我らが隣人の犯罪」から始まって、「パーフェクト・ブルー」「ステップファザーステップ」「火車」「模倣犯」「小暮写真館」「ソロモンの偽証」など、その時々で心に残った物語がたくさんあります(好きな作品を挙げたら、10本の指では足りません)。それらの作品が積み重なってきて、到達したのが「この世の春」であるような気がします。なんというか・・・感無量です。

余談ですが、今年は綾辻行人「十角館の殺人」から30年。ということは、30年前は、新本格ミステリがのろしを上げ、一方では宮部みゆきというその後ずっとトップを走り続ける作家が世に出たわけで。その当時、学生だった私は、毎日いろんな書店に入り浸り、幸せな時間を過ごしていたのでした。私の現在の読書の「核」は、間違いなくあの頃に形成されたものです。

2017年1月 1日 (日)

三鬼

2519「三鬼」 宮部みゆき   日本経済新聞社   ★★★★

三島屋の姪・おちかが聞き手をつとめる<変わり百物語>は、「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」がお約束。今日もまた、抱えきれない思いを語るために、三島屋の黒白の間に客がやってくる・・・。

あけましておめでとうございます。読書始めはこの本!と思って、とってありました。やはり宮部さんの時代小説は読み応えがあります。

「三島屋変調百物語 四之続」は、「迷いの旅籠」「食客ひだる神」「三鬼」「おくらさま」の四編。

一番インパクトがつよくて、やりきれない思いになったのは、表題作「三鬼」。人が生きていくうえで、どうしてこんな思いをしなければならないのか、と。多少の救いがないでもなかったのですが、それでも胸がふさぐような重い話でした。

逆にちょっと気持ちがほっこりするような話は、「食客ひだる神」。ひだる神に憑かれてしまった男の話なのですが、ユーモラスで、ちょっとせつなくて、好きな話でした。

おちかは単に奇妙な話を聞きたいわけではなくて、そこには彼女自身の傷を癒すという目的があったわけで。シリーズが進むにつれて、少しずつ少しずつ、おちかは自分の心を取り戻しているのですが・・・。そんなおちかに、今回、一つの転機が。なんともせつないのですが、それもまた、おちかにとって必要なステップだったのかもしれません。

おちかが本当に立ち直るまで、このシリーズは続くのでしょうか。

2016年7月18日 (月)

希望荘

2454「希望荘」 宮部みゆき   小学館   ★★★★

妻子と別れ、一人になった杉村三郎。私立探偵として事務所をかまえた彼のもとにやってくる依頼とは・・・。

やっとシリーズ名が「杉村三郎シリーズ」で定着したみたいですね。「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」と続いてきたシリーズ、最新作は短編集です。「聖域」「希望荘」「砂男」「二重身」の4編。

前作が衝撃のラストだったので、その後の杉村を心配していましたが(まあ、「ソロモンの偽証」のおまけ中編で、元気そうなのはわかってましたが)、とりあえず、なんとかかんとかやっているようで、ほっとしました。

どの短編も、淡々と描かれているようでいて、読み終えたあとに何かもやもやしたものが胸に残ります(このシリーズは、みんなそうでした)。正直言って、後味のいいものではありません。でも、読まずにはいられない。それは、世の中そうそうきれいに割り切れるものではないと、私たち自身がわかっているからでしょうか。

表題作になっている「希望荘」は、タイトルこそ明るいですが、なんとも言えない複雑な気分にさせられます。ひとたび「事件」が起こった以上、何事もなかったときには戻れないのだといわれている気分でした。そう考えると、「希望荘」という名は、とても悲しいものがあります。

それでも、そういったものと向き合いながら生きていく杉村三郎の姿に、心ひかれるものがあるのもまた事実。このシリーズ、続く限り読み続けます。

2015年7月19日 (日)

過ぎ去りし王国の城

2327「過ぎ去りし王国の城」 宮部みゆき   角川書店   ★★★

中学3年の2月。高校への推薦入学が決まった尾垣真は、ひまな時間を持て余していた。そんな時、たまたま言った銀行で、一枚の絵に目が留まる。精密に描かれた、古城のデッサン。奇妙なほどその絵に心惹かれた真は、その絵の中に入り込めることに気づく・・・。その絵の中で自由に動き回るためには、自分の姿を写実的に描きこめばいいらしい。絵が苦手な真は、絵のうまい城田珠美に頼むことを思いつく。

ある女子高生が黒板にチョークで描いた絵。それが、この本の表紙に使われている・・・というのをテレビで見て、気になっていたのです。その絵が、あまりにもすごかったので。それで、書店で見つけて、つい買ってしまいました。

可もなく不可もなく、そこそこ普通に生きてきた真。成績もよく、絵もうまいけれど「ハブられて」いる珠美。二人は、アバターを使って絵の中に入り込む・・・というファンタジー設定。その絵の塔の中に一人の女の子がいることに気づき、またもう一人の探索者・パクさんと出会うことで、彼らは不思議で過酷でせつない体験をすることになります。

ファンタジーなのだけど、登場人物たちが背負っている現実は、現代社会のどこにでもありそうなことばかり。エピソードとして語られていくそれらが、ひどく重くのしかかってきます。女の子を救うことで、自分の人生も変えたいと願う珠美とパクさん。今の平穏な生活を変えたくないと思う真。終盤のこの対立は、どちらの気持ちもわかるだけに、読んでいてつらいものがありました。そして、どう決着するのか・・・。それは、読んでみてのお楽しみです。

ちょっとページが足りなかったのかなという気もして、★3つにしましたが、正確には3つ半ってとこです。物語の結末は、せめてこうであってほしいという、作者の祈りだと感じました。

2015年5月16日 (土)

悲嘆の門(上・下)

2291「悲嘆の門(上・下)」 宮部みゆき   毎日新聞社   ★★★★

大学一年生の三島孝太郎は、サイバー・パトロールの会社でアルバイトをしている。死体の一部を切り取る連続殺人が起こり、孝太郎はその噂を追う。一方、退職刑事の都築は、自宅の近所の廃ビルにまつわる奇妙な噂を聞かされる。ビルの屋上にあるガーゴイル像が夜な夜な動くというのだ。その謎を追う都築。やがて孝太郎と都築は、その廃ビルで出会うことになるのだが・・・。

一日かけて上下巻、読み切ってしまいました。

どうやら、これ、「英雄の書」の姉妹編みたいな物語のようです。「英雄の書」は未読なので(宮部ファンタジーはちょっと苦手なのと、ネットでの評判があまりよくなかったので)、はっきりしたことは言えませんが。あ、「英雄の書」を読んでなくても、話にはなんとかついていけます。

これも一応ファンタジー仕立てではありますが、現実世界で話が展開する方が圧倒的に多いのと、ミステリとしても読めるので、あんまり抵抗はありませんでした。<領域(リージョン)><輪(サークル)>等々、異世界の概念はよくわかりませんでしたが、そういうところは適当に読み流しちゃうので(苦笑)

主人公・孝太郎は、ごくごく普通に育った青年。彼の純粋さは、幼さと背中合わせで、彼がまっすぐであればあるほど、せつない気持ちになりました。孝太郎が怪物のような戦士ガラに見込まれたのも、その純粋さゆえ。世知に長けた都築は、決してガラに何かをゆだねようとはしなかったのですから。生まれて初めて大切なものを理不尽に奪われて、人を憎悪する孝太郎。人を信じることを忘れてしまう孝太郎。周囲の人々が彼を案じ、忠告しても、耳を貸すことをしない孝太郎。彼がいったいどこに行き着くのかが気になって、もどかしい思いでページをめくりました。

この決着は甘いでしょうか。でも、孝太郎にとっては、これからの方が大変でしょうね。ただ、いろんな業をかかえて生きていくのが人間なのだと思えば、それも当然のことなのでしょう。

プロローグがちょっと苦手な話だったのですが、それが物語の中でこんな形で絡んでいって、こう決着するとは。救われた思いでした。

2014年11月 1日 (土)

ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷(下)

2191「ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷(下)」 宮部みゆき   新潮文庫   ★★★★★

最後の証人が召喚されたとき、法廷は驚きに包まれた。その「偽証」とは。柏木卓也を殺したのは、誰だったのか。陪審員の評決は、藤野涼子たちがひと夏を費やしてたどりついた真実だった。

読んでよかった。・・・それが、読み終えた直後に思ったことです。

1990年12月24日から翌年の8月まで。その期間、藤野涼子たちは嵐に見舞われたようなありさまでした。同級生・柏木卓也の死。それが、大出俊次たちによる殺人だという告発状。メディアの暴走ともいえる報道。さらに、浅井松子の事故死。担任と校長の相次ぐ辞職。そして、真実を自分たちの手でつかみとるための「学校内裁判」の決行。

大人たちが驚くほど「本格的」な裁判を、中学3年生たちは見事にやりとげます。それだけのことをやりとげなければ、彼らもまたまっすぐに生きていけなかったのかもしれません。同級生が死んでしまった。その理由はわからなくても、彼らも大なり小なり「自分に何かできなかったのか」という思いをもっていたのですから。大人の庇護という傘の下でぬくぬくとしていてはいけないと・・・自分の足で立たねばならないと、彼らを一気に大人にするほどのものが、そこにはあったのです。

そういう意味で、陪審員の評決と、その理由は、すとんと胸に落ちました。そう、たったそれだけのことだったのかもしれない。けれど、彼らはそれだけのことを本気で言えるようになるまで、これだけの時間が必要だったのだ、と。

おそらく、これを読んだ方の中には、中学生がこんな「裁判」ができるのかと思う方もいらっしゃるでしょう。もちろん、藤野涼子検事も、神原和彦弁護人も、井上康夫判事も、とても優秀な生徒です。そうでなければ、あんなことはできないでしょう。でも、優秀だからできたかというと・・・それは、違うと思うのです。では、なぜできたのか。それは、彼らが本気で、人と向き合ったからです。関わりたくない人、嫌いな人、今まで関心がなかった人、それらと向き合い、時に自分が傷つく(あるいは相手を傷つける)覚悟をして、「真実」を知ろうとしたからです。そんなふうに本気になった時の、中学生の力はすごいです。大人でもできないようなことをやってのけたりするものです。

もっとも、こんなことをしなくても、彼らは普通に大人になれたでしょう。でも、こうしたことで、彼ら自身が何かを得たのだと思いたい・・・そう思いつつページをめくり、エピローグの2010年を読んで、鳥肌が立ちました。野田健一の最後の言葉で、思わず涙が出ました。そう、そうでなくっちゃ、と。涼子たちがひと夏を費やして、ぼろぼろになりながら闘ったことは、決して無意味なことなんじゃない、と。

さて。文庫にはおまけの「負の方程式」が載っています。20年後の藤野涼子が、なんとあの人と対決(?)します。あの人とは・・・私立探偵になっちゃったあの人、です。文庫の帯の背表紙側にはバッチリ名前が出てますので、興味がおありの方はご覧ください。

涼子はとっても涼子らしい大人になっています。この裁判が、いい意味で涼子の道標になっているようで、すごくホッとしました。そして、最後の最後でサプライズが!! 意外というか、当然というか、ええ、なんでそうなったの!?と、誰かと語り合いたくて、パタパタしてます(笑) 単行本で読んだ方も、ぜひこの「負の方程式」だけは読んでくださいな~。

2014年10月31日 (金)

ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷(上)

2190「ソロモンの偽証 第Ⅲ部 法廷(上)」 宮部みゆき   新潮文庫   ★★★★★

柏木卓也は殺されたのか。弁護人・神原和彦は、それは「空想」だと断言した。検事・藤野涼子は、告白状の差出人・三宅樹里を証人として出廷させた。彼らの求める「真実」とはいったい何なのか。すべては法廷に委ねられた。

子どもを侮る大人は、子どもに侮られる・・・そんなことを考えながら読んでいました。

いよいよ開廷。判事の井上康夫をはじめ、中学生らしからぬ彼らの言動に圧倒されてしまいました。それもそのはず。彼らは、中学生という枠の中に逃げ込むつもりはないからです。無茶なことは重々承知で、それでも自分たちの力でやれることを(大人ができなくても)やりとげようと覚悟をきめている。それは大人になるための通過儀礼なのかもしれませんが、彼らは苛烈な儀式を選んでしまったものです。もっとも、そうしなければならないほど、彼らが負った傷・・・同級生二人を亡くしたこと・・・は大きいのです。

1日目は大人目線で裁判を傍聴する展開でしたが、大人ってやっぱりどこかで子供を侮ってますよね(もちろん、私もその大人の一人です)。子供なんだから、無理なんだ。黙って大人の言うことを聞いていればいい。涼子たちはそんな大人の庇護の傘の下から出ていこうとしているのに。大人の驕りって醜いものだとつくづく反省してしまいました。

2日目は、廷吏・ヤマシンこと山崎晋吾の視点。ぶれない男・ヤマシンでも、驚くことがあるんですね(笑) そして、3日目は三宅樹里出廷のため、傍聴人を入れない非公開裁判。長い法廷ものをあきさせない山場をいくつか設定する構成にも唸らされました。

しかし、15歳の彼らがここまでやらねばならないというのが、なんだか痛々しかったです。特に、涼子と和彦は。みんな真剣なだけになおさら。

さて、次はいよいよ最終巻。風邪をひいてコンディション最悪ですが、負けずに読みます。

2014年10月20日 (月)

ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意(下)

2185「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意(下)」 宮部みゆき   新潮文庫   ★★★★

「学校内裁判」に向けて、検察側・弁護側ともに奔走する。事実とは、真実とは何か。そして、彼らを次々と予想外の事件が見舞い・・・。

この第2部は、裁判に関わる彼らが、「覚悟をきめていくまで」の物語です。検察、弁護人、被告人、証人、陪審員。それぞれの立場で、この裁判をやりとげるんだという覚悟。まさに、「決意」の巻。

宮部さん描くところの少年少女たちは、ものすごくまっすぐです。というと誤解を受けるかもしれませんが・・・。

たとえば、藤野涼子。彼女はいわば優等生なのだけれど、身内には怒りをもっているタイプ。自分を押し込めようとするもの、目隠ししようとするもの、そういうものに対する怒り。それが、今回の一連の事件で、表に噴き出してきたような。親でさえたまに「育てにくい」と感じてしまうような、そんな彼女の本領が発揮されてきたのは、検事役だからこそではないでしょうか。読みながら、何度か涼子の怒りが伝染しそうになりました(苦笑)

彼女たちが必死になって走り回り、己の役割を全うしようとする姿には、変ないやらしさがないのです。そして、時折見せる年相応の表情に、救われる思いがします。

その中で唯一、影を帯びているのが、弁護人・神原。もともと彼は他校生なので、涼子たちとつながりはなかったのですが、明らかに何かを隠している。野田健一だけが、そのことに気付いているけれど、神原はかたくなに「何か」を見せようとはしない。いったい、彼は学校内裁判に何を見出そうとしているのか・・・。

いよいよ次は法廷になるわけですが、被告人・大出俊次は、告発状の主・三宅樹里は、どうなるのでしょう。文庫が出るまでおあずけです。待ち遠しいなあ。

2014年10月19日 (日)

ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意(上)

2184「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 決意(上)」 宮部みゆき   新潮文庫   ★★★★

学校内裁判。柏木卓也の死の真相を知るために、生徒が選んだ手段は、それだった。大出俊次が卓也を殺したのか? 検察は藤野涼子。弁護人は、他校生の神原和彦。彼らは助手たちと共に、証拠集めに奔走する。

第1部に比べると、ぐんと読みやすくなりました。宮部さんが描くティーンエイジャーは、なんだかいいのです。物語の主軸が彼らに移ったことで、ちょっと楽になったというか。

とはいえ、前代未聞の「学校内裁判」。実際にこんなことを生徒がしようと思ったら、もっとすさまじい反対と妨害が起こると思うのですが・・・まあ、それはそれとして。

藤野涼子をはじめとする面々が奮闘する様子を、こちらも夢中になって読んでしまいました。弁護人・神原はとても優秀ながら、正体不明な感じがちょっと不穏ではありますが。野田健一が、徐々に本領発揮していくのも、涼子の助手・フォロー役の佐々木吾郎のキャラも、とってもよかったです。特にも、涼子と父親が対決(?)した時の吾郎の活躍は、すばらしかった! 緊迫した場面なのに、笑ってしまいました。

大人にすべてをゆだねるのではなく、自分たちの足で歩き始めた彼ら。そうすることで、痛い目にも遭うのでしょうけれど・・・どこに行くつくのか、物語はまだ半ばです。

2014年10月18日 (土)

ソロモンの偽証 第Ⅰ部 事件(下)

2183「ソロモンの偽証 第Ⅱ部 事件(下)」 宮部みゆき   新潮文庫   ★★★★

マスコミで取り上げられたことは、事件を暴走させた。やがて、同級生がまた一人、亡くなった・・・。さらに事件は続き、大人たちは翻弄されるばかり。そして、刑事を父にもつ藤野涼子は、ある決意をする。

怖い怖い。何が怖いって、「自分は正しい」と信じている人間です。告発状を書いた人物も、届いたそれを隠した人物も、「自分は悪くない」と思っている。そうするのが当然だ、と。少年課の佐々木礼子に、名古屋刑事がいう言葉が忘れられません。

「正義は自分の側にあると思ってるんだ」

そういう人間に振り回されていく人々の様子が、本当に怖かったです。一人の人間の小さな動きが、転がり続けるうちに、どんどん雪だるま式に膨れ上がっていく・・・。本当に、読んでいてしんどかったです。

もう一つ、同級生の野田健一のこと。両親のことで追いつめられて、とんでもないことをしてしまいそうになった彼の心理が、なんだかとても印象に残りました。彼が危ういところを踏みとどまった(偶然に救われたとしても)ことが、今後、何かの救いになるでしょうか。

ずっとしんどい思いで読んできたからこそ、最後の涼子の決断は、すがすがしい気分でした。自分たちで真実を突き止める、という。もっとも、簡単にできることではないし、涼子が苦しい思いをするのは、むしろこれからかもしれませんが。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柚木麻子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー