三谷幸喜

2012年10月22日 (月)

清須会議

1928「清須会議」 三谷幸喜   幻冬舎   ★★★

織田信長亡きあと、織田家の家督を継ぐのは誰か。そして、天下人になれるのは。織田家の重臣たちが丁々発止のやりとりを繰り広げる5日間。その顛末は・・・。

ずっと読みたくて、でも図書館でもなかなかゲットできず。ようやく読み始めたら、映画のキャストが発表になりましたね。まあ、もともと映像化することを前提として書いているし、明らかに「あて書き」でしょ、これ・・・と思えるところも多々ありましたが。

織田家譜代の家臣で武辺の柴田勝家。成り上がり者で策略家の豊臣秀吉。この二人が織田家後継をめぐって対立し、最終的に秀吉が勝利したことは史実です。その顛末を、いかにも三谷幸喜風に描いた小説。・・・とはいうものの、限りなくシナリオに近いものですね。三谷作品大好きなので、読んでいてもどういう映像になるのかが、目に浮かぶようでした。

しかし・・・こんな笑える話にしちゃいますかね。いや、そうだろうとは思っていましたが。コメディにこだわり続ける三谷さんですが、それって、人間のジタバタする姿ですね。生きるための、ジタバタ。人の姿は笑ってしまうけど、自分もきっと同じようなジタバタをしてる・・・という、照れくささも内包して。

勝家と秀吉を軸にして、丹羽長秀、滝川一益、池田恒興、前田利家、さらに織田家の信雄、信孝、信包、お市、秀吉の家臣・黒田官兵衛(再来年の大河の主役ですね)や妻の寧といった面々のモノローグで話が展開します。

傑作だったのは、文官の前田玄以。この人が会議の仕切り役で、記録者。前田玄以による家来衆への「朝の訓示」に笑ってしまいました。いるよなあ、こういう人。

やっぱりこれは映像で見たい作品です。舞台でもいけそうだけど。映画のキャスト、お市はもうあの人しかいないでしょう・・・と思っていたら、やはりそうでした。勝家は意外でした。でも、はまりそう・・・。秀吉はもっと意外でしたが、よく考えてみたらこれもはまりそう・・・。楽しみです。

2009年4月11日 (土)

三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー

1387「三谷幸喜のありふれた生活7 ザ・マジックイヤー」三谷幸喜   朝日新聞出版   ★★★★

四本目の映画の撮影を開始した三谷監督。これで監督業引退!と思いきや・・・。映画に舞台に、そして役者として大忙しの三谷幸喜、エッセイ集第7弾!

残念ながら「サ・マジックアワー」を観てないのです。観ていれば、数倍おもしろく読めただろうに・・・と思うのですが。

そう思うほどに、今回は映画ネタ満載。いかにこの時期の三谷さんが、映画に打ち込んでいたかがよくわかります。映画の話であれ、舞台の話であれ、その裏話が聞けるのはすごくおもしろいのですが、その反面、奥様の話とかが少なくなっていくのがちょっとさびしいです。三谷さんと小林聡美さんとのやりとりが好きなので。

しかし、映画ってそういうふうにして作られていくんですね。私は映画はあんまり詳しくないので、技術的な面の裏話は、ほんとに「へぇ~」って感じでした。やっぱり、「ザ・マジックアワー」、DVD買おうかな・・・。

2008年3月22日 (土)

三谷幸喜のありふれた生活6 役者気取り

1274「三谷幸喜のありふれた生活6 役者気取り」三谷幸喜   朝日新聞社   ★★★

 え?三谷幸喜が女優と初スキャンダル!?果たして、その真相は? CMに出たり、映画に出たり、すっかり「役者気取り」の三谷さんの日常は・・・。

 ほんと、三谷さんっておかしい・・・。どこまでまじめなんだか、冗談なんだかわからないところがなんとも。 

 そういえば、「犬神家の一族」に出てましたね。私はこないだテレビでやったのを見ましたが、すぐわかりました。「あ!三谷幸喜だ!」って。航空会社のCMの撮影裏話もおもしろかったです。

 そして、相変わらず奥様と仲いいですね~。うらやましいです。

 今回は、三谷さん作・演出の舞台「コンフィデント・絆」に出演した四人の俳優(相島一之・寺脇康文・中井貴一・生瀬勝久)から見た「三谷幸喜に関するインタビューが秀逸でした。そして、それに対する三谷さんのコメントが、三谷幸喜らしくて笑ってしまいました。

2006年9月 9日 (土)

有頂天時代 三谷幸喜のありふれた生活5

1022「有頂天時代 三谷幸喜のありふれた生活5」三谷幸喜  朝日新聞社   ★★★

 人気ドラマがフィナーレを迎え、三本目の映画を監督し、ただでさえ多忙なのに大河ドラマに出演!?
 相変わらず、全然ありふれてない三谷さんの「ありふれた生活」第5弾。

 とうとう「5」まで来ちゃいましたよ。っていうか、まだ続いてるんですよね。
 「3」「4」は「新選組!」モードという感じでしたが、今回は、「古畑」最終章や、「有頂天ホテル」、そして舞台や、とうとう手がけた新作歌舞伎の話で、三谷作品ファンにはうれしい一冊。ただ、「新選組!」について、これでもかと熱く語っていた前回と比べて、今回はわりとあっさりしてるかもしれません。
 「有頂天ホテル」は、映画館で観ただけではあきたらず、DVDまで買ってしまうほどはまったので、その裏話が読めるというのはおもしろかったです。
 それにしても、相変わらず三谷さんご夫妻はいい味出してますね。昨日、某ドラマで小林聡美さんを見ていて、「いい役者さんだなあ」と思うと同時に、三谷さんとのやりとりを想像してしまいました。
 しかし、この連載、どこまで続くんでしょう。おもしろいので、ずっと続いてほしいのですが。

2006年1月31日 (火)

三谷幸喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側

932「三谷幸喜のありふれた生活4 冷や汗の向こう側」三谷幸喜   朝日新聞社   ★★★★

 大河ドラマをとうとう書き上げ、撮影の最後にも立ちあい。息つく間もなく次の芝居の台本を書き始める。一方、結婚指輪をなくしたり、奥さんのウクレレとバンドネオンでセッションしたり。全く「ありふれていない」三谷さんのエッセイ、第4弾。

 もう買うのはやめようかと思っていたのですが、どうしても「新選組!」ネタを読みたくて、やっぱり買ってしまいました。
 読み終えて今思うこと。「新選組!」、ちゃんと見とけばよかった・・・。
 3巻では、大河ドラマを書く上での三谷さんの苦労話が多かった気がしますが、今回は役者さんたちの裏話が多くて、それが本当におもしろかったです。
 一つは、香取慎吾のこと。
 「あまり役と同化しないタイプの役者」の彼が、最終収録の前には眠れなかった、と。近藤勇が自分から離れなかったという。そこまで役者をのめりこませる大河ドラマの力、恐るべし。最終回、最後の台詞「トシ」を言う時に、香取慎吾の頭に浮かんだ言葉・・・三谷幸喜の想像を超えたその言葉に、思わずうるうるきてしまいました。
 もう一つは、「副長」山本耕史のこと。
 土方歳三を演じた彼は、役を離れても「副長」。場を仕切り、人をまとめ、局長を気遣い・・・そして、遊び人(笑)そんな彼は、最終収録が終わった瞬間、局長を抱きしめたそうです(慎吾ちゃんはそこで泣いたそうな)。その後、打ち上げでもハードスケジュールの局長をしきりに気遣っていたけれど、1年間のVTRを見たとたん、副長、号泣してしまったのだそうです。いろんな思いもあり、重圧もあり、それでも颯爽とふるまっていたのでしょうね。それでこそ土方!
 というわけで、どうしてあのドラマをきちんと見なかったのか、とっても後悔している私なのでした。やっぱり、三谷幸喜ってすごい脚本家だと思うのです。

> まゆさん、初めまして。私は、この本をまだ読んでないのですが、まゆさんの感想を見て、すごく読んでみたくなりました。新撰組も大好きだったし☆三谷さん、私生活でもステキな時間をすごしているんですね。早速、探してみます!! (2006/02/01 00:38)
three bells > 奥様も好きなんです。三谷さんとハッピーエブリデー♪なのでしょうね!読んでみたいです。 (2006/02/01 23:12)
まゆ > 茜さん、はじめまして。「新選組!」お好きだったなら、このエッセイはおすすめです。いろんな裏話があって、ちょっと感動してしまいました。 (2006/02/01 23:31)
まゆ > three bellsさん、小林聡美さんのエッセイもおもしろいですね。三谷さんとの微妙にズレてるようでいて、仲がいいんだろうなあと思われる関係がなんともいえません。 (2006/02/01 23:33)

2004年8月11日 (水)

三谷幸喜のありふれた生活3 大河な日日

573「三谷幸喜のありふれた生活3 大河な日日」三谷幸喜   朝日新聞社   ★★★

 脚本家・三谷幸喜はとうとう念願の大河ドラマ執筆にとりかかりました! 朝日新聞連載のエッセイ集第3弾。

 三谷さんにはとーっても申し訳ないんですが、「新選組!」最近見てないんです・・・。最初のころは見てたんですけどね。新選組を青春群像としてとらえているのは好感がもてたし(実際、若いんですよ、新選組って)、試衛館時代を描いてくれているのもうれしかったし。ただ、忙しくて何回か見逃してしまってから、世界についていけなくなってしまって。
 という私ですが、これを読んで激しく後悔。やっぱり見とけばよかった・・・。三谷さんがどれだけ大切に脚本を書いているのか、あらためて感じました。もっとも、三谷さんなので、真面目なんだけど、どっかおかしいんですが。
 今回は大河の話題や「オケピ!」の再演、ドラマ「HR」のことなど、三谷ワールドの裏側が垣間見えて、ファンとしてはなかなか読み応えがありました。その代わり、日常の笑い話は少なめだったかな。

なつお > 朝日新聞を購読していた時、楽しみに読んでいた事を思いだしました。
和田さんのイラストもいいですよね!今度、読んで見ます。 (2004/08/12 00:39)
ジェーン > 新選組マニアなので買いました。まだ読んでないのですが、ドラマは欠かさず見ています。
これからだんだん辛い時期に入っていくので、ファンには覚悟がいりそうです。 (2004/08/12 00:48)
まゆ > なつおさん、1巻はかなり笑えたし、2巻は伊藤俊人さんの死という大きな出来事があったので、読んでてちょっとつらかったです。3巻は三谷作品のファンにはうれしい内容ですよ。
ジェーンさん、私も新選組マニアです。史料が載っているムック本とか、いっぱいあります。新選組の歴史は華々しいのはほんとに一瞬で、あとはつらいものがありますよね。試衛館時代彼らが明るければ明るいほど、その後の運命を思って悲しくなってしまいました。 (2004/08/12 18:12)
EKKO > ドラマの話で恐縮なんですが・・前半は正直いっていまひとつだったんですが、芹沢暗殺以降、どんどん面白くなってきて、三谷さんの巧さをひしひしと感じています。ジェーンさんのおっしゃるとおり、今後の展開は辛い場面が多いですが、(来週、再来週の展開なんて、考えただけでも泣きそうな私です)今からでも是非ごらんになってくださ~い。 (2004/08/12 23:26)
まゆ > 最初のころは、珍しく試衛館時代を描いていて、三谷さんらしいなあと思いました。ただ、殺陣の下手さには涙が出ましたが。それからおみつさんがかなりでしゃばってて、ちょっと・・・でしたが。なんか、土方がかなり悪役になっていると聞いて、見るのをためらっています(苦笑) (2004/08/13 11:15)

2003年4月23日 (水)

三谷幸喜のありふれた生活2 怒涛の厄年

205「三谷幸喜のありふれた生活2 怒涛の厄年」三谷幸喜  朝日新聞社   ★★★★

 脚本家・三谷幸喜の朝日新聞連載のエッセイ集第2弾。
 本厄を迎えた三谷さんに怒涛のように押し寄せるさまざまな事件。本番直前で舞台の主役が交代! 母親の入院! そして仲間の死…。
 今回は三谷さんが関わった(脚本家として、あるいは役者として)いろんな舞台の裏話や、異色の(?)テレビドラマ「HR」の話など、コメディを愛している三谷さんならではの話がいっぱいつまっています。
 一方、いちばん心に残ったのは、くも膜下出血で急逝した俳優・伊藤俊人さんのことです。三谷幸喜という脚本家を認識するのと同時に名前を覚えた役者さんでした。脇役タイプでしたが、独特の味があって、好きな俳優さんでした。亡くなられた時はすごくショックを受けたし、当時の三谷さんの衝撃の大きさも想像できます。三谷さんがそのことを淡々と、でもストレートに書いているのが印象的でした。あらためて、伊藤俊人さんのご冥福をお祈りします。

ココ > 私も伊藤さんのことショックでした。エッセイでは三谷さんはとても控えめに書いていますが、きっと本当に辛かったんでしょうね・・・。 (2003/04/24 00:49)
まゆ > 葬儀で号泣したという記述がありましたが、おそらくいろんな思いがあふれてしまったのでしょうね。 (2003/04/24 18:16)
あさこ > 朝日新聞でリアルタイムで読みました、伊藤さんのこと。三谷さんのエッセイは毎週おもしろくて楽しみだったのですが、このときのエッセイは本当に思いが詰まったもので胸が痛かったです。単行本化されたんですね~! (2003/04/24 22:17)
まゆ > 伊藤さんが亡くなった日に、サンシャインボーイズのメンバーが集まったという話のところで、泣きそうになりました。仲間を失う痛みは本当につらいもの。でも、きっとこのエッセイを読むたびに、伊藤さんのことを思い出すんだろうなあ。三谷さんがつらくても書きとめようとしたの、わかる気がします。 (2003/04/25 20:00)

2003年2月26日 (水)

仕事、三谷幸喜の

165「仕事、三谷幸喜の」三谷幸喜   角川文庫    ★★★

 三谷幸喜の仕事の全記録およびコメント集。
 ほんとに「全記録」。なんたって、小4の時のクリスマス会の劇からスタートします。
 数々の作品の裏話を知ることができる、三谷ファン必読の一冊。(ただし、三谷幸喜に興味のない人には、きっとつまらないだろう)
 巻末のお母さまからの寄稿と、香山リカさんとの対談(もしくは診察)がおかしいです。
 かく言う私は、三谷さんのお芝居を生で観たことがありません。一度観たいと思ってはいるのですが…。

つん > 三谷幸喜自身にはあんまり興味はないのですが、彼の作り出す作品とか、コメントには興味津々です。舞台もホント、一度でいいから観てみたい! 監督映画は2作とも見ましたが、こっちは台本とエッセイを読んだときほどの感動はなかったなぁ。 (2003/02/27 15:36)
まゆ > 作品に興味がおありでしたら、ぜひご一読を。すべての作品について(著作も)コメントしてあります。映画は見ましたが、「ラヂオの時間」は好きでした。「みんなのいえ」はイマイチ…。今怖いのは、来年の大河ドラマの脚本が三谷さんだということです。大丈夫なんだろうか(いろんな意味で)。 (2003/02/27 21:22)

2002年10月 1日 (火)

三谷幸喜のありふれた生活

41「三谷幸喜のありふれた生活」三谷幸喜   朝日新聞社   ★★★

三谷幸喜はおもしろい。という事実が世間に認識されたのはいつからだろう。やはり一般化されたのは「古畑任三郎」だった気がする。でも、いわゆるコメディ作家として広く認知されたのがいつからなのかはわからない。
 そして、三谷幸喜本人も相当におもしろい人だというのが、世の中に知れ渡ったのはいつからなのだろう。私は、あの名エッセイ「オンリー・ミー」でそのことを知ったのだが。
 さて、「ありふれた生活」は朝日新聞連載のエッセイ。「オンリー・ミー」ほどの爆発力はないものの、しみじみと、おかしい。笑える。笑わない松たか子に気をもむ話。高橋尚子の隣で写真に写ろうとする話。視聴率に一喜一憂する話。三谷さんならではの、妙なおかしさ。
 それにしても、三谷さん。こんな生活、「ありふれ」てませんよ。

れんれん > 連載中のエッセイ私も好んで読んでいます。「HR」の裏話や大河ドラマの脚本の進捗状況など興味深いです。 (2002/11/16 19:58)
まゆ > 脚本書いてる時の状況とか、けっこう暴露してしまうので、ついつい読んでしまいます。そんなこと書いてないで、ホン書けよ!と心の中で突っ込みながら。 (2002/11/16 20:38)

2002年9月14日 (土)

オンリー・ミー 私だけを

25「オンリー・ミー 私だけを」三谷幸喜   幻冬舎文庫   ★★★★

 友達から「読んだよ~」というメールがきた。そしたらまた読みたくなってしまった。もう何回読んだかわからない。けど、読むたびに笑ってしまう。
 無愛想なファミレスのウェイトレスとの攻防戦。缶詰状態のホテル暮らし。ノーパンにパジャマで出かけた時の悲惨な結末。
 もはや、三谷幸喜の存在自体がコメディ。
 個人的に好きなのは、「座付作家」になるためのノウハウ。いまや有名どころになった「東京サンシャインボーイズ」の役者たちの内幕がばらされていて、笑える。
 ウケを狙っているのか、素なのか、その境界線上のおかしさが、病み付きになる一冊。

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー