栗田有起

2008年6月30日 (月)

オテル モル

1316「オテル モル」栗田有起    集英社文庫    ★★★★

 リハビリ施設にいる双子の妹の代わりに、姪とその父親と暮らす希里。「最高の眠りと最良の夢」を提供する会員制地下ホテルで働き始めるが…。

 以前に、「栗田有起は一作ごとによくなる」と聞いたことがあったので、期待して読みました。うん、期待に違わぬおもしろさでした。
 希里は双子の妹・沙衣とまったく対照的。病弱で、やがてスピンアウトして、薬物中毒になり、希里の恋人を寝とって妊娠してしまった沙衣。施設に入った彼女の代わりに、姪を育て、元恋人と暮らす希里。
 かと言って、希里は耐え忍ぶタイプでもなく、なんだか淡々と日々を過ごしているように見えるのです。
 そんな希里の中に渦巻いているいろんなものが、勤め始めた不思議なホテルに抱きとめられていく…。読んでいて、とても心地よい物語でした。すごく眠りたくなるほどに。
 誰もが割りきれない思いや感情を抱えていて、それは理屈ではどうにもならなくて、そんなものに飲み込まれそうになった時に、オテル・モルは必要になるのかもしれません。
 オテル・モルに訪れる人たちが、安らかに眠れますように。もちろん、希里も。それから、沙衣も。

2006年7月 8日 (土)

お縫い子テルミー

993「お縫い子テルミー」栗田有起   集英社文庫   ★★★

 祖母と母と暮らした島を出た照美は、歌舞伎町で女装の歌手・シナイちゃんに恋をした。彼に出会ったのを機に、流しのお縫い子・テルミーとして生きていくことを決めたのだった。

 タイトルがいい、と思う。この題名を聞いたときから「読みたい読みたい」とずっと思っていた。・・・そう思ったのは、私だけでしょうか?
 テルミーはずっと「島」で居候生活をしてきた女の子。学校にも行かず、祖母から縫子としての技を仕込まれ、他人の家に居候して生活してきた。それが、東京へ出てきて、恋をし(これは決して叶わない恋なのだけど)、自分の天職を見出していく。
 非現実的なムードが漂う中で、テルミーの思いだけは妙にリアルで説得力があって、それが不思議なほどに胸をうちます。テルミーの布への愛着とか、読んでいるとこちらまでうっとりしてくるのです。
 個人的な話ですが。母が編み物をやっていたり(彼女はちぎり絵とか竹細工とか、手仕事ならなんでも好き。不器用ものの私と血がつながっているとは思えない)、亡くなった大叔母は和裁をけっこう本格的にやった人だったりと、幼い頃から「縫う」「編む」という仕事は、ひどく身近なものだったので、こういう題材に異様に反応してしまうのかもしれません。
 人のために服を仕立てるのも素敵だけれど、テルミーが自分の服をつくるところがよかったです。これで、本当にテルミーは「お縫い子」になったのでしょうね。

2005年8月 3日 (水)

ハミザベス

835「ハミザベス」栗田有起   集英社文庫   ★★★

 離婚して以来音信不通だった父が死んだ。まちるは、遺産としてマンションを受け取った。さらに、一匹のハムスターも。
 母から離れ、一人暮らしを始めたまちる。地上33階の生活は、静かに過ぎていく。

 これまた待望の文庫化です。
 表題作ほか、よく似た姉妹の話「豆姉妹」を収録。
 初めてこの本の存在を知った時、「ハミザベス」って何?と思ったのです。人の名前?それとも、何かの呼び名?奇妙なんだけど、印象的。で、読んでみると・・・謎は解けました。
 それにしても、父の死とか、それなりに事件はおこるのだけど、淡々と物語は進むのですね。文章がものすごーくシンプルなせいかもしれません。まちるの心情に触れる部分もあるのだけど、なんというか、あっさりした感じ。そして、スコーンと突き抜けているような明るさがあって。変に深刻ぶったり、しない。
 そういうところが、読んでいて心地よかったです。
 そして、作者の登場人物への視線は、さりげなく優しい。いいなあ、こういう感じ。
 今回、文庫の帯に「私たち、栗田有起作品に夢中です」というコピーがあって、名を連ねているのが、いしいしんじ、江國香織、小川洋子、角田光代、柴田元幸。すごい豪華メンバー。そして、解説はいしいしんじ。これまた秀逸です。
 
 以前から友人お気に入りでチェックしてた作家さんですが、これは「お縫い子テルミー」も「オテル モル」も読まねば!と思いましたよ。

あしか > 私も、栗田有起作品に けっこう夢中です。しかも、作品の後期になるにしたがって尻上がりに良いというのが、今後の期待が持てていいですよね。私、「オテル・モル」が一番良かったですよ。 (2005/08/03 23:02)
ココ > 私も、深刻ぶったりしないところ、栗田さんの特徴だと思います。そしてそういうところが好きです。あしかさんのおっしゃるように、作品を重ねるごとにうまくなっていくので、これからとっても楽しみです。 (2005/08/04 00:02)
まゆ > あしかさんもココさんも、栗田ファンなのですね。
あしかさん、「オテル モル」は友人もかなりプッシュしてるので、読まねば!と決意を固めました。でも、その前に「テルミー」ですね。
ココさん、必要以上に重くないところがいいですね。だんだんよくなっていく作家さんというのも、楽しみ。ほかのも絶対読みます! (2005/08/04 20:46)

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 | 「か」行の作家 | 「さ」行の作家 | 「た」行の作家 | 「な」行の作家 | 「は」行の作家 | 「ま」行の作家 | 「や」行の作家 | 「ら」行の作家 | 「わ」行の作家 | あさのあつこ | いしいしんじ | こうの史代 | さだまさし | その他 | たつみや章 | よしもとばなな | アンソロジー | 万城目学 | 三上亜希子 | 三上延 | 三島由紀夫 | 三木笙子 | 三浦しをん | 三浦哲郎 | 三谷幸喜 | 上橋菜穂子 | 中山七里 | 中島京子 | 中田永一 | 中野京子 | 乃南アサ | 乙一 | 井上ひさし | 京極夏彦 | 伊坂幸太郎 | 伊藤計劃 | 伊集院静 | 佐藤多佳子 | 佐藤賢一 | 俵万智 | 倉知淳 | 光原百合 | 冲方丁 | 初野晴 | 加納朋子 | 加門七海 | 北大路公子 | 北山猛邦 | 北村薫 | 北森鴻 | 原田マハ | 司馬遼太郎 | 吉村昭 | 吉田修一 | 向田邦子 | 坂木司 | 夏川草介 | 夏目漱石 | 大倉崇裕 | 大崎梢 | 太宰治 | 奥泉光 | 宇江佐真理 | 宮下奈都 | 宮尾登美子 | 宮部みゆき | 小川洋子 | 小路幸也 | 小野不由美 | 山崎豊子 | 山本周五郎 | 山白朝子 | 岡本綺堂 | 島本理生 | 川上弘美 | 平岩弓枝 | 彩瀬まる | 恩田陸 | 愛川晶 | 戸板康二 | 日明恩 | 日記・コラム・つぶやき | 有川浩 | 朝井まかて | 朝井リョウ | 木内昇 | 朱川湊人 | 杉浦日向子 | 村山由佳 | 東川篤哉 | 東野圭吾 | 松本清張 | 柏葉幸子 | 柳広司 | 柴田よしき | 栗田有起 | 桜庭一樹 | 梨木香歩 | 梯久美子 | 森博嗣 | 森絵都 | 森見登美彦 | 森谷明子 | 横山秀夫 | 橋本治 | 氷室冴子 | 永井路子 | 永田和宏 | 江國香織 | 池波正太郎 | 津原泰水 | 浅田次郎 | 海堂尊 | 海外の作家 | 湊かなえ | 漫画 | 瀬尾まいこ | 田中啓文 | 田丸公美子 | 畠中恵 | 石田衣良 | 福井晴敏 | 笹尾陽子 | 米原万里 | 米澤穂信 | 芥川龍之介 | 若竹七海 | 茅田砂胡 | 茨木のり子 | 荻原規子 | 菅野彰 | 菅野雪虫 | 藤沢周平 | 藤谷治 | 西條奈加 | 西澤保彦 | 角田光代 | 誉田哲也 | 辺見庸 | 辻村深月 | 近藤史恵 | 酒井順子 | 重松清 | 金城一紀 | 須賀しのぶ | 高城高 | 高橋克彦 | 髙田郁 | 鷺沢萠

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー