「た」行の作家

2020年12月25日 (金)

漱石先生

3112「漱石先生」 寺田寅彦   中公文庫   ★★★

漱石の弟子の中でも別格とされる寺田寅彦による、漱石に関する文章集。

 

香日ゆら「先生と僕」を読んで、寺田寅彦に興味をもったのです。漱石との出会いが早かったせいか(子規とも交流があったくらいだし)、いわゆる漱石の弟子たちの中でも、寅彦は別格扱い。その交流は、師弟というより、年の離れた兄弟のような心やすさを感じます。そんな寅彦が書き残した「先生」を、改めて寅彦自身の文章で読んでみたいと手に取りました。

寅彦は、本当に漱石が好きだったのね・・・というところに尽きるのですが(笑) ただ、小宮豊隆ら、のちの弟子たちの漱石崇拝にも近い感情に比べると、寅彦のそれはもっとフラットで。夏目漱石として世に出る前、一介の高校教師だった時分に出会ったからでしょうか。余計な衣をまとわない夏目先生を慕う教え子の思い、なのです。必要以上に崇め奉らない。でも、尊敬の念はあり、人として好ましく思っている。それは、寺彦に対する漱石もそうで。ある意味、非常にバランスのよい両思いみたいな感じがします。

「色々な不幸のために心が重くなったときに、先生に会って話をしていると心の重荷がいつの間にか軽くなっていた。不平や煩悶のために心の暗くなったときに先生と相対していると、そういう心の黒雲が綺麗に吹き払われ、新しい気分で自分の仕事に全力を注ぐことが出来た。先生というものの存在そのものが心の糧となり医薬となるのであった。」(「夏目漱石先生の追憶)より)

バリバリの物理学者でもあった寅彦ならではの視点や、「猫」の裏話もあり、なかなかおもしろい一冊でした。

2020年12月 2日 (水)

雪旅籠

3107「雪旅籠」 戸田義長   創元推理文庫    ★★★★

北町奉行所の同心・戸田惣左衛門のもとに、大工の豊吉の娘・おさとがやってきた。父の様子がどうにもおかしいのだという。毎夜出かけていき、寝言で女の名を呼ぶのだと。豊吉が呼んだと「おしげ」という名に、惣左衛門は聞き覚えがあった。

 

「八丁堀の鷹」と呼ばれる定町廻り同心・戸田惣左衛門と、息子清之介を主人公に江戸から明治への移り変わりを描いた「恋牡丹」の姉妹編。

「埋み火」「逃げ水」「神隠し」「島抜け」「出養生」「雪旅籠」「天狗松」「夕間暮」の八話。

前作「恋牡丹」は、なんとなく読みにくかった記憶があるのですが、今回はするすると読めました。話がけっこう短めで、ちょっと物足りないところもありましたが、けっこうおもしろかったです。「恋牡丹」に書き切れなかった部分を、丁寧に埋めていったような構成で、併せて読むと、さらに充実感が得られます。惣左衛門と清之介、それぞれの人間らしさが味わえます。

時代物ではありますが、捕物帖というよりはガチガチの本格ミステリといった趣なのもおもしろい。「雪旅籠」なんか、密室ものです。

私としては、清之介の話をもう少し読んでみたい気がします。

2020年11月 1日 (日)

春琴抄

3100「春琴抄」  谷崎潤一郎      新潮文庫      ★★★★

盲目の春琴に仕える奉公人の佐助は、どれだけつらくあたられても、春琴に従ってきた。やがて、春琴がその美貌を傷つけられたとき、佐助が選んだ道は…。


「100分 de 名著」の谷崎潤一郎回を見て、「『春琴抄』ってこんな文体だっけ?」と。

読んだのははるか昔で(たぶん10代)、当時はいろんな意味で「ひえ~」という印象でした(苦笑)  ただ、あまり読みにくかった記憶はなく。それが、「句読点がない」と聞いて、ん?と。

たしかに、読点はないし、句点もごくわずか。でも、読みにくさはやはり感じないのですね。

「鵙屋春琴伝」という書物を元に、生前の春琴・佐助に仕えた鴫沢てるから聞いた話を加味し、「私」が二人の有り様に思いを馳せる…という構成。しかし、この書物自体がフィクション。と思って読むと、谷崎が構築した物語世界の緻密さに舌を巻きます。すごすぎる…。

春琴と佐助の愛は、なんというか、怖かったです。特に、佐助が視力を失ってからが。二人の他者から見れば異様な関係性は、晩年はむしろ佐助の意志によって維持されていたのでしょうか。

谷崎潤一郎、未読作品がいっぱいあるのですが…読まなきゃいけない…かな?

2020年7月27日 (月)

約束の果て 黒と紫の国

3070「約束の果て  黒と紫の国」  高丘哲次      新潮社      ★★★★

亡父の遺言と、父がかつて異国の考古学者から託されたものを、田辺尚文は不承不承引き受けた。それは、「南朱列国演義」「歴世神王拾記」という、正史に存在しない二つの国の物語。これは偽書か?  虚構か?  遺言の意味と父の意図をよく理解できないまま、尚文は舞台となった地へ向かう。


ファンタジーノベル大賞2019受賞作。

先日、Twitterで、作者インタビューを拝読して、興味をもちました。帯には、「物語れ、新世代。-恩田陸 推薦」。これは、読まねばならないでしょう。

正史に記録のない二つの国の歴史。それが交互に読み解かれていきます。二人の王の出会い。二つの国の戦い。そして…。

最近、いろいろ知りたいことがあって、以前より新書等を読むことが増えているのですが、久しぶりに「これが物語の醍醐味!」と興奮しました。知識を得ること、学ぶことは大事です。しかし、本の世界はそんな狭いものではないし、物語のもつ豊穣な世界を楽しめるのは幸せだなあ、と。

あちこちの描写が苦手だったり(グロいのダメ…)、初めはうまく物語に入り込めなかったりしましたが、最後まで読んで、満足しました。これが、たった一人の作者から生まれた物語世界だということに、あらためて感嘆。すごいなあ。

2020年7月 5日 (日)

新版 犬が星見た ロシア旅行

3059「新版  犬が星見た    ロシア旅行」  武田百合子      中公文庫      ★★★★

昭和44年6月、武田泰淳・百合子夫妻と友人・竹内好は、ロシアに旅立った。中央アジアからロシアへ。さらに、北欧へ。百合子の目を通した旅の記録。


武田百合子の「富士日記」は必読…と聞いてはいたものの、三冊もあるので腰が引けて。なら、こっちはどうだ!と。

いやはや。噂に違わずというか…なんとも稀有な書き手でした、武田百合子。気負わない。飾らない。ものすごくフラットな視線。でも、人物の描写を読んでいると、百合子さんがその人を好きか嫌いかわかってしまう。百合子さんは、そういう思いを隠さない。でも、嫌な感じはしない。ただ自分がどう思うかだけで、ジャッジしようとしていないから。

観光地であれ、その地で生活している人たちであれ、同じツアーの人たちであれ、百合子さんはフラットな視線でとらえ、淡々と「記録」していく。自分自身さえも。その文章のなんと心地よいことか。

おもしろいなあと思いつつ、2週間以上かかってやっと読み終えました。一気には読めない。小一時間読むと、もう頭がいっぱいになってしまって。饒舌な文章でもないのに、何故でしょう(ちょっと体調崩してるのもあったかもしれませんが)。

さて、次は「富士日記」。いつ読めるかなあ(苦笑)



2020年5月25日 (月)

持統天皇

3043「持統天皇」  瀧浪貞子      中公新書      ★★★

天智天皇の娘にして、天武天皇の妻。のちに女帝となった持統天皇は、古代国家においてどのような役割を果たしたのか。


女帝は中継ぎ…とよく言われますが、持統天皇にはあてはまらないのです。もちろん、彼女一人で政ができるわけでなく、高市 皇子や藤原不比等や、優秀なブレーンがいたのは確かですが。ただ、政の中心にいて、主導権を握っていたのは確かなようで。

持統天皇の生い立ちをたどりつつ、「大化の改新」「壬申の乱」とは何だったのか、新しい国のかたちがどのようにして出来上がったのかが、わかりやすく説明されています。

先日読んだ澤田瞳子「日輪の賦」や、持統天皇が主人公の漫画・里中満智子「天上の虹」のいろんな場面が脳裏をよぎりました。持統天皇という人物は、歴代天皇の中でも、屈指の大人物です。

しかし、万葉集の原型も彼女によるものだった…? 知らなかった…。勉強します。

2020年4月19日 (日)

世界の辺境とハードボイルド室町時代

3025「世界の辺境とハードボイルド室町時代」  高野秀行・清水克行      集英社文庫      ★★★★

世界の辺境を渡り歩くノンフィクションライターと、日本中世史の研究者。全く畑違いの二人の対談から見えてきた、現代アフリカのソマリ人と室町時代の日本人との共通点とは。


おもしろかったー!

呉座勇一先生の本で紹介されていた一冊。守備範囲の異なる二人が、それぞれの知識や経験をもとに、トークを繰り広げるのですが…。次から次へと、「へぇ~、そうなんだ」「知らなかった」ということが出てきて、飽きません。全然堅苦しくないので、読みやすいし。

日本人の特殊性について日本人はよく語るわけですが、これを読むと「どこが」「何が」特殊なのか、「なぜ」そうなったのか、今までと全く違う世界が見えてきます。やはり、日本だけで日本を論じるのは危ういのだなあ、と。

高野さんの「謎の独立国家ソマリランド」は気になってました。これを機に読んでみようかな。それから、清水先生の著作も気になる! 今まで室町時代はスルーしてきたのですが、今の日本人の元になってるのが室町ときいて、俄然興味がわいてきました。

2020年3月14日 (土)

線は、僕を描く

3013「線は、僕を描く」  砥上裕將      講談社      ★★★★★

両親を事故で失ってから、孤独の縁に落ち込み、生きる意味を見いだせなくなった青山霜介。流されるように進んだ大学で、同級生の古前に頼まれたバイトで、水墨画の巨匠・篠田湖山に出逢う。湖山は水墨画を全く知らない霜介を弟子にすると言い出して…。


本屋大賞の候補にもなったし、漫画化もされていて、話題の作品。(私もずっと「読みたい本リスト」に入れてました)  読んで、納得。

導入部分のあらすじを書いていて気づきましたが、設定だけだと、けっこう無理がある感じなんです。湖山先生を初め、門下の西濱湖峰、斉藤湖栖、湖山の孫娘の千瑛、みんなすごい才能の持ち主で、さらにキャラが立ってるし。霜介はあれよあれよという間に、水墨画の才能を発揮するし。いや~、それはちょっと、ねえ…と言われそうな流れなんですが。

そう思わせないだけの説得力があるのです。それは、「描く」場面のリアリティ。作者の砥上さんは水墨画家。だからこそなのでしょうけれど…普段当たり前にやっていることを、何の知識もない不特定多数の人に、わかるように言語化するって、大変なことです。

私は絵画は好きですが、正直言って、水墨画に興味をもったことは一度もありません。それなのに、「描く」場面にはぐぅっと引き込まれました。

この物語は霜介の成長物語なのかもしれません。でも、理不尽な死を経験したのは、霜介だけではありません。平成からこっち、震災を始めとする大規模な災害や、想像を絶するような出来事で、私たちは理不尽な死が身近にあることをある実感を伴って理解するようになりました。霜介のように脱け殻になってしまうのは、誰にでも起こり得ることなのです。

そんな「私たち」へのメッセージを、この物語から受け取った気がします。湖山先生がなぜ霜介を弟子にしたのか。その真意、霜介に向けられた言葉は、私自身に向けられたもののように感じて、ほろほろと泣いてしまいました。

作者が水墨画を描く動画があります(短いけれど)。描かれるのは、春蘭と菊。物語の世界は、たしかにそこにありました。


2020年2月26日 (水)

大天使はミモザの香り

3008「大天使はミモザの香り」  高野史緒      講談社      ★★★

クラシックに興味のない拓人は、ひょんなことからアマチュアオーケストラに誘われる。そこでコンビを組んだのは、42歳独身彼氏なしの光子。努力の人・光子は、拓人の才能に打ちのめされる。オケの初公演は、ラ・ルーシェ大公アルベールが所有するヴァイオリンの名器「ミモザ」が使われるのだが、そのミモザが消えてしまう。


高野さんは、「カラマーゾフの妹」「翼竜館の宝石商人」の2作しか読んでないので、よくわからないのですが…こういうのも書くんだ…という印象でした。

オーケストラには興味があるので手に取りましたが、設定があまりにも現実離れしていて、序盤はちょっとついていけない感じでした。

まあ、現実離れもある意味突き抜けていて、中盤から徐々におもしろくなってきて、最後まで一気に読んでしまいましたけど(苦笑)

ミステリとしては初心者向けかな。


2019年6月21日 (金)

明治乙女物語

2915「明治乙女物語」 滝沢志郎   文春文庫   ★★★

 

東京高等師範女子部。通称「女高師」。まだ女子学生には帝国大学の門が閉ざされていた時代、ここが女子の公教育の最高峰であった。文部大臣森有礼肝いりの舞踏会に出席した女高師の学生たちは、爆発事件に遭遇する。その犯人と思われる車夫を見た野原咲と駒井夏は、さらなる事件に巻き込まれていく。

 

「いだてん」前半のクライマックスは関東大震災なのですが、その直前には女学生たちがスポーツに目覚めるさまが描かれていました。あれは大正時代ですが、女学生というのにアンテナが高くなっていて、これを発見。そういえば、松本清張賞を受賞していて、いつか読もうとチェックしていた一冊でした。

こちらは、明治の鹿鳴館華やかなりし頃の物語。明治21年といえば、「いだてん」金栗四三さんはまだ生まれていません。その頃、欧化政策の影響を受けて、女高師の制服が洋装だったというのにまずビックリ(その後、和服になった由)。女子教育の最先端で学ぶ女学生たち・・・咲、夏、その後輩のキン、みね・・・たちの物語。とはいえ、女学生の青春だけでなく、咲とゆかりのある人力車夫・久蔵が関わる事件から、当時の国の在り様や、それに翻弄される庶民の姿が描かれるミステリ、です。

途中まで気づかず読んでいたのですが、久蔵の「恩人」のモデルはあの人だったのか、と。そのエピソードと、クライマックスの天長節舞踏会の場面で、「国のため」という権力者の意識が、いかに弱者を虐げているのかが浮き彫りになります。それでも、それに抗って、生きる道をつくろうとする咲たちの姿は実にたくましく、美しかったです。

 

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

「あ」行の作家 「か」行の作家 「さ」行の作家 「た」行の作家 「な」行の作家 「は」行の作家 「ま」行の作家 「や」行の作家 「ら」行の作家 「わ」行の作家 あさのあつこ いしいしんじ こうの史代 さだまさし その他 たつみや章 ほしおさなえ よしもとばなな アンソロジー 万城目学 三上亜希子 三上延 三島由紀夫 三木笙子 三浦しをん 三浦哲郎 三谷幸喜 上橋菜穂子 中山七里 中島京子 中田永一 中野京子 乃南アサ 乙一 井上ひさし 京極夏彦 伊坂幸太郎 伊藤計劃 伊集院静 佐藤多佳子 佐藤賢一 俵万智 倉知淳 光原百合 冲方丁 初野晴 加納朋子 加門七海 北大路公子 北山猛邦 北村薫 北杜夫 北森鴻 原田マハ 司馬遼太郎 吉村昭 吉田修一 向田邦子 坂木司 夏川草介 夏目漱石 大倉崇裕 大崎梢 太宰治 奥泉光 宇江佐真理 宮下奈都 宮尾登美子 宮部みゆき 寺地はるな 小川洋子 小川糸 小路幸也 小野不由美 山崎豊子 山本周五郎 山白朝子 岡本綺堂 島本理生 川上弘美 平岩弓枝 彩瀬まる 恩田陸 愛川晶 戸板康二 日明恩 日記・コラム・つぶやき 有川浩 朝井まかて 朝井リョウ 木下昌輝 木内昇 朱川湊人 杉浦日向子 村山由佳 東川篤哉 東野圭吾 松本清張 柏葉幸子 柚木麻子 柳広司 柴田よしき 栗田有起 桜庭一樹 梨木香歩 梯久美子 森博嗣 森絵都 森見登美彦 森谷明子 横山秀夫 橋本治 氷室冴子 永井路子 永田和宏 江國香織 池波正太郎 津原泰水 津村記久子 浅田次郎 海堂尊 海外の作家 深緑野分 湊かなえ 漫画 澤村伊智 澤田瞳子 瀬尾まいこ 田中啓文 田丸公美子 畠中恵 石田衣良 磯田道史 福井晴敏 笹尾陽子 米原万里 米澤穂信 芥川龍之介 若竹七海 茅田砂胡 茨木のり子 荻原規子 菅野彰 菅野雪虫 藤沢周平 藤谷治 西條奈加 西澤保彦 角田光代 誉田哲也 辺見庸 辻村深月 近藤史恵 酒井順子 重松清 金城一紀 門井慶喜 阿部智里 青崎有吾 須賀しのぶ 額賀澪 高城高 高橋克彦 髙田郁 鷺沢萠

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー